More from: 定山渓

やはり乗り遅れたんだ(苦笑)

昨夜、定山渓のホテルの宴会に出て呑み過ぎ、今朝のチェックアウト後に財布を忘れた人がいた。
バスで定山渓まで戻りホテルに行って財布を受け取ったまでは良かったが、帰りのバスには案の定乗り遅れた。
仕事の予定も入っていたので次のバスを待つわけにもいかず、結局タクシーで市内中心部まで戻ってきた。
料金は六千円ほどだったそうで、定額料金にはしなかったらしい。
ちょっとした不注意で要らぬ出費をしたので、次回からは気を付けるように・・・なるのかなぁ???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

忘れ物

団体で定山渓温泉のホテルに泊まって帰って来た人が「財布忘れて来た」と一言。
一緒に行っていた人たちからいろいろ聞かれて判明したのが、部屋の金庫に保管してそのまま置いてきてしまったということで、その金庫の鍵はカバンに入れて持って帰って来ている。
すぐにホテルに電話をしていたが、送って貰えず結局取りに行くことに・・・
車が使えないので市内からのバスで行くことになり皆で時刻や料金を調べて当人に教えたが、問題はその人は午後の飛行機に乗らなくてはならないということ。
時刻表で見る限りはなんとか間に合いそうだけど、財布の受け取りに手間取る等してバスに乗り遅れると次は2時間後迄直通バスが来ない。
結局、財布を取り戻した後はタクシーで市内戻ることにしたらしいが、料金が数千円かかることもあるんだよねぇ、、、(会社にもよるけど、あるタクシー会社は定額料金で5,000円)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

定山渓温泉「悠久の宿 白糸」

昨日は久しぶりに定山渓温泉に行って来た。
温泉なのでお風呂に入ってきたのだけど、お邪魔したのはタイトルにあるように「悠久の宿 白糸」さんで、2008年の2月以来の訪問。

正午を少し回った頃に駐車場に着くと他に一台も車がおらず、「もしかしてまだ日帰り入浴の時間前だった?」と思いフロントで尋ねると「正午からですよ」ということだったので安心して入らせていただいた。
ここは露天風呂が昼間は有料の貸切しかなく、そこが日帰り客には物足りなくて誰もいなかったのかも?
お湯は温度調整の為の加水のみで、循環ろ過消毒は一切していないお湯がかけ流しになっている。
(「定山渓温泉湯めぐり~露天風呂自慢の温泉宿ベスト10」では源泉かけ流しと紹介されているが、厳密に言うとそれには当たらない)
加水しているのは源泉の温度が71.0度(気温3度時)と高いためで、湯量を増やすためでは無い。

お邪魔したのが早い時間帯だったためか他に誰も入浴客はおらず私と子供の貸しきり状態。
おかげで子供が多少騒いでも迷惑がかかることも無く安心して入浴することが出来たので助かった。
入ったのは大浴場で浴槽は二つあり、湯温が微妙に異なるので好みのほうを選べば良いかと。
下の写真で四角形が比較的低温、三角の浴槽が少々高い温度となっている。
shiraito-01
shiraito-02
ロビーには囲炉裏風のテーブルと畳を敷いたベンチが用意されていて和風の雰囲気を醸し出している。
shiraito-03
建物外観
shiraito-gaikan
お湯は良かったしフロントで応対してくださった方々も非常に感じの良い方ばかりで、身体も心も温まった感じがする。
いつかは泊まりでお世話になってみたいと思うな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

あれぇ?「かけ流し」って書いてあったのになぁ?

今日は札幌市南区にある温泉街「定山渓温泉」にある、「湯の花」という日帰り温泉施設に行ってきた。
出かける前に同施設のWEBサイトを見ると「定山渓殿は源泉より湧き出した温泉を引湯し、かけ流しております。」との表記があったので、そのつもりでここに行くことにした。
ところがいざ着いて浴場に入ると入り口に
 当館は温泉に加水・加温はしておりません。
    (熱交換器使用)
 浴槽温度を一定に保つため、源泉を補給しながら循環しております。
 衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。
との表記があった。
あれ?「かけ流し」じゃないの?これはどう読んでも循環&塩素殺菌としか思えないんだけど??

成分表を見ると源泉温は80度を越えているので、加温の必要は無いと思うが、湧出量が毎分180Lとそれほど多くは無いので、沢山の浴槽は維持できない筈。
なのに何故「かけ流し」との表記をしているのだろう?
もしかして「かけ流し」の意味を拡大解釈しているのだろうか?
でもどう拡大解釈すれば循環&塩素殺菌しているのを「かけ流し」と解釈できるのだろうか?謎である。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。