More from: 契約更改

ファイターズの斎藤佑樹が更改

プロ野球の北海道日本ハムは同球団所属の斎藤佑樹投手が契約更改を行ったと発表した。
早稲田実業高校の3年生の夏の甲子園では駒大苫小牧(当時)の田中将大投手(東北楽天->ニューヨークヤンキース)と決勝戦で投げ合い、前代未聞の決勝戦での引き分け再試合を投げぬき優勝し、駒大苫小牧の史上2校目となる3連覇を阻止したことで一躍有名になり「ハンカチ王子」のニックネームで人気も出た。
その後は早稲田大学に進学して六大学野球でも活躍し、卒業を前にしたドラフトで4球団に1位指名を受け、抽選で交渉権を得たファイターズに入団。
入団当初は期待もされ、初登板初先発でプロ初勝利をあげ、2年目には開幕投手として1失点で初完投勝利をあげる等の活躍もあったが、その後はあまり活躍することも無く、2013年と2015年及び2018年以降は勝ち星が無いうえ、今年は一軍での登板が無かった。
10年間での成績は88試合に登板し15勝26敗で、15勝の内11勝はプロ入り1年目(6勝)と2年目(5勝)に記録していて、その後の8年(1軍実質7年)では僅か4勝しかあげていない反面12敗している。
そのためか数年前から引退だの放出だの言われ続けて来たが、栗山監督は見捨てずにいて来年もチームに残すことになった。
私としてはそろそろ見切りをつけて第2の人生を歩ませた方が良いような気がするんだけどねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズの田中賢介が大幅ダウンで更改

プロ野球もシーズンが終わり、ストーブリーグの話題が多くなっている。
各選手の契約更改もその一つで、年俸のアップした選手、反対にダウンした選手の話題が流れている。
北海道日本ハムファイターズの田中賢介選手も昨日契約更改交渉を行い、今年の2億円(推定)から大幅ダウンとなる7,500万円(推定)+出来高でサインしたとのこと。
野球協約では年俸の下げ幅に制限(1億円以上の場合は40%)が設けられているが、選手が認めた場合はそれ以上のダウンも可能で、今回のケース(62.5%)はそれに当たる。
それでも納得して契約したということは、当人も今年の成績が評価通りという意識があるのだろう。
来年は奮起して頑張って貰いたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ大谷、来季は2億7千万(推定)で契約

プロ野球で今季日本一になった北海道日本ハムファイターズの大谷選手が昨日契約更改に臨み、推定年俸2億7千万円で契約した。
今期の年俸2億円(推定)から7千万円のアップとなる。
巷では大谷の来季の年俸がどのくらいになるかでいろんな金額が取り沙汰されていて、中には適正な金額は6億円(!)との意見もあったが、これで決着をみたわけだ。
高卒5年目での金額としては現在レンジャースにいるダルビッシュ有と同等で史上2位タイ(1位はソフトバンク摂津の2.9億円)。
しかも来期以降のポスティングでのMLB移籍に関しても球団が大谷選手の意向を尊重すると言ったらしく、本人としては満足のいく契約更改だったらしい。

ダルビッシュと比較した場合、下記のようになる。
ダルビッシュ 1500万-3000万-7200万-2億-2億7千万
大谷     1500万-3000万-  1億-2億-2億7千万
3年目の年俸だけ大谷1億・ダルビッシュ7200万と違っていて、あとは全て同じなので5年目までの総額では大谷が2800万円リードということになる。
どちらも総額で6億円前後となる凄い金額だなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。