More from: 優勝

ガスリーが初優勝!

自動車レースのF1GPのROUND8イタリアGPが先週末同国のモンツァサーキットで行われ、波乱の展開の末SCUDERIA ALPHATAURI HONDAのピエール・ガスリーがキャリア初優勝を飾った。

モンツァと言えばエンジンの規定がそれまでの1.5L(最大)が3Lに拡張された1967年にHONDAがRA300で3Lエンジンとして初優勝したサーキット。
今回もこのレースからPUに関する新規定が適用された中で、SCUDERIA ALPHATAURI(前身のTORO ROSSO時代も含め)と組んで初めての優勝となる。
同チームのダニール・クビアトも最終的に9位でフィニッシュし、ポイントを稼いだ。
反対に同じくHONDAのPUを搭載するASTON MARTIN RED BULL RACINGは現在ポイントランキング2位のフェルスタッペンがマシントラブルでリタイア、アルボンも接触でシャシーにトラブルが発生しペースを上げられず15位でなんとかフィニッシュとポイントを得ることが出来なかった。
両チームで明暗を分けた形となったが、まずはガスリー選手の初優勝おめでとう!

←クリックしてくれると嬉しいです。

佐藤琢磨がインディ2勝目!

伝統的な自動車レースの一つで”世界三大レース”の一つ(他はF1モナコGP、ル・マン24時間)、「インディアナポリス500マイルレース」でRahal Letterman Lanigan Racing所属の佐藤琢磨選手がトップでゴールし、2017年以来2度目の優勝を飾った。
本来なら毎年5月末に行われる「インディ500」の決勝は、今年は新型コロナウィルスの影響で延期され昨日(8/23)に行われた。
予選で日本人過去最高となる3番手でフロントローからスタートした佐藤琢磨選手は終盤でトップに立つと、スコット・ディクソンとの僅差(1秒未満)の競り合いでもトップを譲らず、最後の5周はピットレーン入り口付近でのクラッシュの為フルコースコーションのままとなったがそのままトップでフィニッシュ。
昨年は0.3秒差の3位と悔しい思いをしたが、今年はそれを最高の形で晴らした。
おめでとうございます!!!

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDA勢が今季初優勝!

自動車レースのF1GP第5戦「70周年記念GP」が先週末行われ、HONDAパワーユニット(PU)を搭載するASTON MARTIN RED BULL RACINGのマックス・フェルスタッペンが優勝した。
HONDA勢としては今季初優勝となる。
前日の予選のQ2をハードタイヤで走ることで決勝をハードタイヤでスタートすることを選択したことが功を奏した。
フェルスタッペンはこの優勝でドライバーズランキングでボッタスを抜きハミルトンに次ぐ2位にポジションをアップした。
2週連続でのイギリスでのレースが終わり、次戦は今週末のスペイン カタルーニャサーキットでのレースとなる。
是非連勝と行って貰いたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ヴィッセルが初優勝!

サッカーの天皇杯の決勝が行われ、ヴィッセル神戸が鹿島アントラーズを2-0で破り初優勝を飾った。
同クラブはビッグタイトル初制覇となる。

これで明日の楽天市場はヴィクトリーセールがあるな(汗)。
とにかく優勝おめでとうございます!

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDAがF1でまたまた優勝!

自動車レースのF1グランプリは日本時間の7/29未明にドイツのホッケンハイムリンク(HOCKENHEIMRING)で行われ、予選2位からスタートしたAston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンが優勝した。

雨の中でのスタートとなったレースでフェルスタッペンはスタートで出遅れたものの、その後のチームの作戦が当たり、トップでフィニッシュ。
2戦前のオーストリアGPに続く優勝で今季2勝目となった。
また、HONDA PUを搭載するもう一チームRed Bull Toro Rosso Hondaの ダニール・クビアトもセーフティカーの出た残り20周でタイヤをスリックに交換するという作戦が当たり、2位に浮上。
最後にはフェラーリの1台に抜かれたが、最終的に3位でフィニッシュし、Toro Rossoとして2008年以来の表彰台をゲットした。
Toro Rossoのもう1台、アレクサンダー・アルボンはトップから10秒ちょっと遅れの6位、Red Bullのもう1台、ピエール・ガスリーは終盤で6位争いをしていたアルボンと接触し残念ながらリタイヤとなっている。

HONDA PU搭載のマシンが複数表彰台をゲットするのは1992年以来のこと、おめでとうございます!

←クリックしてくれると嬉しいです。

WRCでトヨタが連勝

世界ラリー選手権のドイツラリーが先週末に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのタナク選手組が優賞した。
タナク選手はフィンランドラリーに続く連勝で今季3勝目でドライバーズポイントランキングは3位で変わらないがトップからの差は36ポイントに、2位との差は13ポイントに縮まった。
マニュファクチャラーズランキングはTOYOTAがフォードを抜いて2位に浮上。
今季は残り4戦でドライバーもマニュファクチャラーズも充分逆転優勝の可能性はあるので、頑張って欲しい。

TOYOTAと言えば社長が三菱とスバルのWRCへの復帰を願うようなコメントを出していたな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

そういえばトヨタが優勝してた

先週末はフランスでル・マン24時間レースが行われ、日本のトヨタが総合優勝をした。
トヨタの優勝は日本メーカーとしては1991年のマツダに次ぐ2番目のことで、ドライバーの内の一人である中嶋一貴選手は日本人として”関谷正徳”(1995年)”荒聖治”(2004年)に続く三人目の優勝ドライバーとなった。
また”日本人ドライバーが乗った日本車の優勝”は今回のトヨタがレース史上初。

今年は最多優勝回数19回を誇るポルシェも、それに次ぐ13回の優勝をしているアウディも不参加となり、トヨタが優勝候補の筆頭だったために”勝って当たり前”のような論調の記事もあるようだが、レースは最後まで何が起こるか判らない。
実際、2年前の2016年のレースでは、終了直前までトヨタの5号車がトップを独走していたが、残り6分半となった時に無線で中嶋一貴が”ノーパワー”と叫ぶのがTVの放送でも聞こえ、直後にスローダウン。
なんとか戻ってきたが、フィニッシュラインを超えたところでストップしてしまった。
残り時間はまだあったのでチェッカーフラッグは当然振られておらず、ストップしたトヨタ5号車の脇をポルシェの2号車が抜き去り、ラストラップを周回して優勝となった。
この例のように24時間を走り切ること自体が難しく、その上で最後にトップにいることがいかに困難なことか知らない人なら”勝って当然”と言うかもしれないが、私はそうは思っていない。
とにもかくにも優勝おめでとうございます!

で、優勝したから来年以降は参加しない!ってことは無いだろうなぁ、、、それとも今後はWRCに注力なのかな?<トヨタさん
そういえば、今年の世界耐久選手権(WEC)のシーズンは来年のル・マン24時間までのスーパーシーズンだから、シリーズチャンピオンになるためにも来年のル・マンにも出て欲しいな。
#その前にチャンピオンが決まってしまうかもしれないけど(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、優勝!!!

今夜行われた埼玉西武対北海道日本ハムファイターズの最終第25回戦は、0-1でファイターズが勝利。
これで今季のファイターズのパ・リーグ優勝が決まった。

優勝までのマジックナンバーを”1”としていたファイターズの先発は予告通り大谷。
対する西武の先発は大谷の高校(花巻東)の先輩の菊池雄星。
試合は両投手の投げ合いで三回まで両チーム無得点。
試合が動いたのは四回で、レアードが左翼席へ今季39号となる本塁打を放ちファイターズが1点を先制。
対する西武は大谷の前に四回まで一人の走者も出せず、5個の三振を取られていた。
それでも五回の裏には一死から森が初安打を放ち大谷の完全投球を崩したが、後続の二人が三振に打ち取られ得点圏に走者を進めることが出来ない。
さらに六回は三者連続三振で五回一死から5連続三振を取られてしまう。
大谷は七回と八回にも2奪三振を記録し、最終回にこの試合初めての四球で走者を出すが、結局被安打1与四球1奪三振15の今季最高の投球を見せ今季初完封で10勝目をあげた。
打線は7安打を放ち何度か得点圏に走者を進めるが、一回三回五回の好機には全て三番の陽と四番の中田が揃って凡退、その他の好機もあと一本が出ず、結局レアードの本塁打による1点だけ。
それでも今日の大谷には1点だけで十分だったようで、安心して観ていられた。

残り一試合と言うところで優勝が決まるというデッドヒートだったが、とにかくおめでとう!ファイターズ!!!

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日は大谷が決めてくれるか!

北海道日本ハムファイターズは今季の優勝まであと1勝に迫っている。
今夜は埼玉で埼玉西武との最終戦が予定されており、この試合に勝つと4年ぶりのパ・リーグ制覇となる。
ファイターズの先発投手は4年目の大谷と発表されており、大谷は今季の10勝目を掛けてマウンドに上がることになる。
打撃の方でも期待される大谷だが、指名打者を解除して打者としても出場することになるかは栗山監督の腹一つ。
まずは投球のほうで活躍して是非とも優勝をもぎ取って来て欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズの優勝マジックが”1”に!

昨夜行われたオリックス対北海道日本ハムファイターズの最終戦はファイターズが勝ち優勝までのマジックナンバーを”2”とした。
その後、3位の千葉ロッテが2位のソフトバンクに3-2でサヨナラ勝ちをしたため、ファイターズの優勝マジックが”1”になった。
ファイターズは今日からは西武プリンスドームで埼玉西武との2連戦に臨むので、どちらか・・・いや初戦に勝って一気に優勝を決めて貰いたい!

計算上は残りの3試合を全て引き分けても勝率(.620)がソフトバンクが全勝した場合の勝率(.613)を上回り、ファイターズが優勝ということになる。
また、1敗2分でも最終勝率は.615でソフトバンクを上回るので優勝と言うことになる。
勝てなくても2敗しなければ良いということだけど、やはり勝って優勝を決めて欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。