More from: 値上がり

PCパーツが値上がりだそうで

ここのところの円安の影響でその殆どが輸入品であるPCパーツが値上がりしている。
目立つのはメモリやHDDだそうだが、これらは回転が速いため仕入れ価格の変動が店頭価格に反映しやすいためだろう。
その他のパーツも現在の店頭在庫が無くなれば新しい仕入れ価格を元にした価格になる筈で、よほど売れ行きの鈍い製品でなければ近々値上がりするものと思われる。

ツクモの週末セールの特価品でよくある3TBのHDDも先週末(1/18)は10,480円となっており、前週(1/11)の価格(9,980円)より500円上がって1万円を超えてしまっている。
円安が収まる材料も無い上に4月からは消費税率が8%に上がるので、しばらくはPCパーツの価格は上昇傾向になることが考えられる。
必要な(もしくは欲しい)パーツがあるのなら早めに購入するのが吉かも。

そういう私は今のところ欲しいパーツが見当たらないな、、、
ぜいぜいノートPCを買い換えたらメモリ(DDR3のSODIMM)が必要になるくらいかなぁ?
SSDは240GBクラスのが2個あるし、3.5インチHDDも3TBの新品や1.5TBの中古が余っているからしばらくは買うことは無いかと。

←クリックしてくれると嬉しいです。

やはり値上がりしているなぁ

週末恒例のツクモのチラシを見ると、ここんとこの円安で値上がり傾向にあるPCパーツが値上がりしてる。
日替わり特価品でも2TBのHDDが6,480円、3TB品だと9千円オーバーの9,480円とそれぞれ昨年末頃よりも500円程度高い価格が付けられている。
SSDもCrucialのM4の128GB品が8,980円もする。
日替わり特価品でさえこの価格なのだから、通常の商品はもっと高いわけで、3TBのHDDは1万円以下の商品が無くなっている。
SSDも廉価品ですら128GB品が7千円を大きく超えているし、PLEXTORの128GB品などは11,980円もする。
うーん、値上がり前に256GBクラスのSSDを買っておけば良かったかなぁ・・・・・・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

CPUも値上がりかぁ

ここのところの円安進行でCPUの店頭価格も上昇中らしい。
年末に比べると数%ほどの値上がりが見られるようだ。
うーん、安い内に買っておけば良かったかも?

一応昨年末にA10-5800KとA85マザーのセットを買ったから、少しの間はこれで凌げる筈・・・・・・・
問題はしばらく組み替えてないサブ機のほうだなぁ、、、、、、、、
24時間可動をさせてるATOM機(D510MOベース)も、あと少しパワーが欲しいところなんだけど、省電力で良さそうなマザーが見当たらないんだよね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

パーツが値上がりしてる

昨年12月の衆議院総選挙で自民党が圧勝したのを受けて異常なほどの円高から一転して円が安くなってきている。
そのせいもあって(殆どが輸入品の)PCパーツが値上がりしている。
特に影響が大きいのが最近ではきちんとした代理店を通すことが多くなっているHDDやSSDだ。
先日メモリを買いにツクモに行ってきたが、なじみの店員さんの話では金曜(1/4)と土曜(1/5)でHDDの値段が違っているとのこと。
確かに店頭の価格表を見るとところどころに価格変更のシールが貼られていて新しい価格が表記されている。
パッと見ると値下げされたかのように見えるのだが、実際には値上がりしているとのことだった。
HDDやSSD、メモリ等は価格変動が激しく、その日その日で売値が変わるのが当たり前のようにあるのだけど、今回はそれらの変動が全て値上げ方向に向いている。

どこまで円安が進むのかは為替の専門家では無い私には判らないが、必要なパーツがあるのなら早い内に買っておいたほうが良いかも知れない。

ちなみに今日(1/7)は一旦下がった円がちょっと上がったとのことだけど、これも一時的なものなんじゃぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ひどい値上がりだなぁ

タイの洪水の影響で値上がりが続いているHDDだが、WDの3TBの価格が一部の店舗で1万9千円程度まで上がっているらしい。
札幌でも10月の頭頃には8,980円で買えたけど、その価格の2倍以上に上がった格好だ。
3TB品は日立製も1万9千円~2万円前後、2.5TB品が約1万5千円前後と値上がりしている。
流通在庫も底を尽いてきたということなのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

DDR3メモリが値上がりに転じるか?

一部の報道によると先だってのDDR3メモリチップのスポット価格の高騰を受けて、PC用メモリモジュールの価格も値上がりに転じるのではないかとのこと。
確かに秋葉原のショップでの販売価格は上昇傾向にあるようだが、これが台湾のメーカーの正月休みの影響で、休みが明けたら元の値下がり傾向に戻るのか、それともそのまま値上がりするのかは現時点では不明。
それでも昨年までの価格動向よりは値上がり率が大きいらしいので、このまま値上がりが続く可能性も無くは無いと思う。
昨日DDR3-1333の4GBモジュールの2本セットを5,980円で買ってきたのだが、値上がりするならもう少し買っておこうかな?
2008年の年末から一昨年の頭にかけてDDR2-800のモジュールを安く(GB単価1,000円程度で)買った直後から値上がりが始まってしまったから、今年もそうならない内に確保したほうが良いかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。