More from: ラリー

タナックが今季3勝目(WRC)

ラリーのWRC Rd.7 ラリー・ポルトガルは先週末行われ、TOYOTA GAZOO RacingのタナックがDay1から首位を走り、今季3勝目を挙げた。
TOTATAはこのポルトガルラリーは昨年まで不得手で、タナックはこのラリー初優勝。
Day1はTOYOTAの3台がトップ3を独占したが、最終的にはタナックが優勝、Day2でDayリタイアをしたラトバラが総合11でスタートしたDay3に順位を上げて7位、Day3の最終ステージでコーナーイン側の切株に前輪をヒットさせたミークは惜しくもリタイアとなった。
この結果ドライバーズランキングはタナックがトップのセバスチャン・オジエ(シトロエン) に2ポイント差まで迫り、マニュファクチャラーランキングでもTOYOTAはトップのヒュンダイまで20ポイントと差を縮めた。
次は来週末のラリー・イタリア。
地中海に浮かぶサルディニア島を舞台にしたグラベルラリー、一昨年のこのラリーの優勝者は今回優勝のタナック。
今年はどんな走りで結果を出してくれるのだろうか?

←クリックしてくれると嬉しいです。

WRCでトヨタが連勝

世界ラリー選手権のドイツラリーが先週末に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのタナク選手組が優賞した。
タナク選手はフィンランドラリーに続く連勝で今季3勝目でドライバーズポイントランキングは3位で変わらないがトップからの差は36ポイントに、2位との差は13ポイントに縮まった。
マニュファクチャラーズランキングはTOYOTAがフォードを抜いて2位に浮上。
今季は残り4戦でドライバーもマニュファクチャラーズも充分逆転優勝の可能性はあるので、頑張って欲しい。

TOYOTAと言えば社長が三菱とスバルのWRCへの復帰を願うようなコメントを出していたな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタがWRC復帰2戦目で早くも優勝!

今年から世界ラリー選手権(WRC)に復帰したトヨタが2戦目で早くも優勝した。
2戦目は雪と氷のスウェーデンラリーで、VWから移籍したヤリ=マティ・ラトバラが総合優勝。
ラトバラはこれでスウェーデンラリーは2008年・2012年・2014年に続き4度目の優勝となった。
トヨタの総合優勝はWRCから撤退した1999年のチャイナラリー以来となる。
WRCからの撤退後挑戦したF1では一度も優勝できなかったが、古巣と言ってもよいWRCでは復帰後2戦目で総合優勝とはさすがだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

VWがWRCからの撤退を発表

二日ほど前のことになるが、ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン(VW)」が現在参戦中の世界ラリー選手権(WRC)での活動を今年一杯で終了し撤退すると発表した。
今後は開発資源を電気自動車(EV)関連に集中させるためということだ。
#この辺は傘下のアウディがFIA世界耐久選手権(WEC)から撤退し「フォーミュラE」へ注力すると発表したのと同じか。

VWは2013年の本格参戦以来、圧倒的な強さでWRC4連覇を果たして結果をだしているので、ここらが潮時と判断したか。
そうは言っても同社はディーゼルエンジン搭載車の排気ガスデータの不正問題で世界的に販売が低下したこともあるので、金食い虫のモータースポーツを続けていくリスクを考えての撤退ではないかと。
今後はワークスとして参戦はしないが、プライベーター向けの車両の開発及び提供は続ける模様。
で、今期もチャンピオンの座に輝いたオジェはどこに行くのだろう?トヨタに来てくれないかな?(今からは無理か・・・)

WRCには世界販売台数でトップを争う日本のトヨタが来季から復帰することを発表していて、両社の争いが見られると思っていたがそれは実現しないことになってしまったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。