More from: メジャーリーグ

大谷は今日も1番DHで先発メンバー入り。

米メジャーリーグは日本時間で今日から後半戦が始まった。
ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手は地元でのレッドソックス戦に1番DHで先発メンバー入り。
一発が出れば日本人メジャーリーガー初となる4年連続30本塁打となる。
相手の先発投手のNick Pivettaとはこれまでの対戦で9打数4安打2本塁打3打点と相性が良いので、まずは第1打席に期待かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ドジャースの来季開幕戦は日本で!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスドジャースの来季の開幕戦が日本で開催されることが決まった。
ドジャースは今季の開幕戦を韓国で行ったので2年連続は難しいとの見方が多かったが、それらを覆してしまった。
日程は来年(2025年)の3/18-19の二日間、場所は東京ドームとなっている。
対戦相手はシカゴ・カブス、今季加入で予想以上の活躍を見せている今永がいるのも見どころかな。

どちらか1試合だけでも札幌ドームでやれば経営不振にあえぐことになる札幌ドームにとって貴重な収入源になっただろうに・・・アプローチくらいはしたのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

こんな記録も(呆)

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手は昨日テキサス州アーリントンのGlobe Life Fieldで行われたオールスターゲームに2番DHで先発出場した。
三回の第2打席で3点本塁打を放ってMVPも期待されたがナ・リーグが逆転負けしたこともあり2007年のイチロー氏に続くMVPには選ばれなかった。
それでもこの本塁打ではオールスター初の記録が生まれている。

・一人の選手による勝利投手&本塁打
大谷は初選出された2021年に”史上初”の投手&DHでの先発出場を果たし、初回を無失点に抑え勝利投手になっており、今年は本塁打を放ち記録を作った。

・チームの全打点&全四球
この試合でのナ・リーグの打点は大谷の3点のみ、四球も初回の大谷の1個のみで一人で両方を独占するのは94回を数えるオールスターゲームで初めて(本塁打がソロ本塁打でチームの得点が1点だったら得点も独占となっていた)。

・日本人メジャーリーガーによる”柵越え”本塁打
日本人メジャーリーガーの本塁打は2007年のイチロー氏が初めてだが、この本塁打はOracle Parkでの試合で、フェンスを直撃した打球が野手のいないほうに跳ね返ってしまいランニング本塁打となったもの(オールスターゲーム史上唯一)で、柵越えの本塁打は初。

大谷は今季もいくつかの”MLB初””球団初”の記録を作っているが、オールスターゲームでもやってくれたな(笑)。

今季はこの他にどんな記録を掘り起こす&作るのだろうか?
50本&40盗塁?
DH専任選手のMVP受賞?
MVPと言えば3回目の満票での受賞となるとこれも史上初となるな(昨年の2回目でも史上初)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が日本人初の一発!

米メジャーリーグのオールスターゲームがテキサスレンジャーズの本拠地であるGlobe Life Fieldで行われている。
ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手は2番DHで先発出場中。
初回の第1打席は四球、無死一二塁で迎えた三回の第2打席に先制の3点本塁打を放った。
日本人メジャーリーガーがオールスターで柵越えの本塁打を放ったのは初めて。
#イチロー氏がOracle Parkでオールスターゲーム史上唯一のランニング本塁打を放ったことはある。
この3点が決勝点になればMVPも考えられるな!

←クリックしてくれると嬉しいです。

テオスカー・ヘルナンデスが初優勝!

米メジャーリーグのオールスターゲーム前のイベントであるホームランダービーが行われ、ロスアンゼルスドジャースのテオスカー・ヘルナンデスが優勝した。
決勝ではロイヤルズのボビー・ウィットJr.との対戦、先に13本を放ってウィットJr.の結果待ちとなり、ウィットJr.が追い上げ1本差となったものの、ヘルナンデスが不安そうな顔で見ている中、最後の1本が中堅フェンスを超えられずにヘルナンデスの優勝が決まった。
いやぁ、見応えのある対決だったな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷は2番DHで先発メンバー入り

米メジャーリーグでは明日16日(日本時間17日)にテキサス州アーリントンのGlobe Life Fieldでオールスターゲームが行われる。
ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手はファン投票でDH部門トップ選出なので先発出場が決まっており、発表された先発メンバーでは2番DHとなっている。
大谷の先発出場は4年連続となり、日本人メジャーリーガー(野手)としてはイチロー氏の5年連続(2006-2010)に続く記録となった。
#イチロー氏はルーキーイヤーの2001年からも4年連続ファン投票選出で先発出場、5年目の2005年だけ選手間投票での選出ながら通算で10年連続出場を果たしている。
昨季は2試合連続で左中間の二階席に本塁打を放ったGlobe Life Fieldで明日はどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷、前半戦ラストゲームはマルチ安打なるも・・・”なおド”?

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手は敵地でのタイガース戦に1番DHで先発出場。
五回表二死での3打席目にその前の回から登板した前田健太と3年ぶりの対戦となり、遊撃手のグラブをはじく強烈な内野安打を放って3戦連続安打とした。
ただしその後二盗に失敗し得点にはつなげられなかった。
大谷は八回の第4打席でも外角高めを右翼前に運び2試合連続で今季36度目のマルチ安打を記録するもこの時も得点には結びつかず大谷の今季得点は75のまま。

なお、ドジャースは3-2とリードして迎えた九回の裏に八回から登板のラミレスが掴まり、三塁打と単打で同点に追いつかれると、二者連続のバントをラミレスがまずは落球で無死一二塁とし、さらに今度は三塁への悪送球という連続失策を犯し二塁走者が生還、まさかのサヨナラ負けで連敗を喫しカード負け越しとなった。

うーん、大谷が打っても2試合連続のサヨナラ負けなんて、エンゼルス時代と似てきたなぁ・・・
まさか、”なおド”なんて言葉が流行ることにはならないだろうな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷がMLB通算200号!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手は敵地でのタイガース戦に1番DHで先発出場。
初回の第1打席で右翼線に打球を飛ばすと広い球場ということもあり俊足を飛ばして三塁打とし、フリーマンの一塁ゴロ併殺崩れの間に生還した。
今季4本目の三塁打で長打数を55本とし、1954年にDuke Sniderが記録した球宴前の長打数の球団記録に並んだ。
三回の第2打席は空振りの三振に終わったものの、2-2で迎えた五回の第3打席はこのイニングの先頭打者でボールカウント1-0からの2球目、85mil/hのチェンジアップを捉えて右翼のポール際に放り込んだ。
これが今季第29号の本塁打でMLB移籍後通算200号のメモリアル本塁打。
MLB出場794試合目の200号はかのベーブ・ルース(714本)やウィリー・メイズ(660本)といった大選手を上回るスピード記録。
もちろん日本人メジャーリーガーでは初の記録で、さらには球宴前の長打数の球団記録も更新。
初回の三塁打と合わせて3試合ぶり今季35度目のマルチ安打も記録した。

試合は大谷の本塁打等で9-4とリードしたドジャースが九回に2点を返され9-6とされるとまさかの3点本塁打を打たれて5点差を追いつかれ、延長十回の一死満塁でも得点できず、その裏にサヨナラ2点本塁打を打たれて9-11で敗れた。
#ABEMAの解説者が「ここで本塁打が出れば同点」なんて言うから・・・(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

ドジャースが連敗をストップ

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手は敵地でのタイガース戦に1番DHで先発出場。
先の記事で書いたように九回に勝ち越しの二塁打を放ち2試合ぶりの安打と打点を記録した。
チームもそのまま4-3で勝って連敗を4で止めている。
大谷にはこの調子で明日こそはメジャー通算200号本塁打を打って欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が土壇場で勝ち越し二塁打!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスドジャースの大谷翔平投手は敵地でのタイガース戦に1番DHで先発出場中。
第4打席まで4打数無安打だったが、3-3の同点の九回に二死一三塁の場面で迎えた第5打席で中越えの二塁打を放った。
高目の球を捉えると打球は中堅手と右翼手の間のフェンス手前でグラウンドに落ちワンバウンドでフェンスを越えグラウンドルールダブル(エンタイトル二塁打)となった。
打った直後の大谷は本塁打を確信したかのようだったが、すぐに走り出し三塁からはテイラーが生還、ドジャースが1点を勝ち越した。
大谷は2試合ぶりの安打と打点を記録、二塁打は今季23本目で長打は今季54本目となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。