More from: フリーエージェント

陽岱鋼が読売入団へ

北海道日本ハムファイターズからFA宣言をしていた陽岱鋼選手は交渉中だったオリックスに断りの連絡を入れたと報道されている。
他に獲得に乗り出していたのは読売と楽天だったが、実際の獲得交渉をしていたのは読売のみで、実質的に読売への入団を決めたものと思われる。
当初は母国台湾へのアクセスに便利で高校時代を過ごしたソフトバンクを希望するかと思っていたが、ソフトバンクは今期のFA戦線に名乗りを挙げずにいた。
東京を拠点とする読売は台湾へのアクセスも良いし、契約に関しても推定で4年10億の用意があると言われているので決めたらしい。
今季までファイターズで外野守備の要だけでなく、打撃でも中心的な役割を果たしてきた選手だけに新しい環境でも活躍してくれるものと思われる。
交流戦と日本シリーズではファイターズ相手に活躍してほしくは無いけどね(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズの陽がFA宣言

一昨日(11/7)の話になるが、北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼選手がフリーエージェントの権利を行使すると宣言し、記者会見を行った。
ファイターズは残留前提のFA宣言を認めておらず、宣言した選手との交渉は行わないので、陽選手の退団は決定的になった。
本人によると日本シリーズ終了後一週間悩んだが、球団との話し合いの中で来期の戦力構想に入っていないと感じ、家族のためにFA宣言を行ったとのこと。
陽選手のFA宣言に関しては日本シリーズ前、いやシーズン終了前から宣言するのは確実との報道があった一方、日本シリーズ終了直後には残留確実との報道もあり、道民としては残留の可能性があると知って嬉しかったが、結局のところFA宣言をされてしまい寂しかった。
年齢的にもあと数年は第一線での活躍が期待されるが、(言い方は厳しいと思うが)若手を積極的に起用するためには障害となっていた一面もある。
移籍先としては糸井選手がFA宣言したオリックスや東北楽天が獲得に乗り気と言うことだし、他にも獲得に乗り出す球団があるかもしれない。
元々ソフトバンクの地元の福岡の高校に留学してきてソフトバンクへの入団を希望していた経緯もあるので、ソフトバンクが獲得に乗り出すことも考えられる(今のところ動きは無いが)。
良い選手だけにファイターズとの対戦が少ないセ・リーグの球団に行って貰いたい気もするなぁ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

陽岱鋼はFA宣言するのかな?

プロ野球の公式戦が全て終わり、2月の各球団のキャンプインまでの間は各チーム間での選手の移籍の話題や、フリーエージェント(FA)権を得た選手の動向が気になるところ。
前の記事でも書いたけど、オリックスの糸井選手が今季初のFA宣言を行った。
北海道日本ハムファイターズの選手の中でも、レギュラーで中堅を守っている陽岱鋼選手がFA権を取得して動向が注目されている。
報道では”FA宣言確実”とも言われていたが、日本シリーズでファイターズが勝った後は”本人が考えたい”と少々トーンダウンしている。
ファイターズはFA宣言した選手に対し残留交渉を行わないことにしているので、宣言イコール移籍ということになる。
こちらの動向も気になるところだね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

オリックスの糸井がFA宣言

プロ野球は日本シリーズが終わり、今期の公式戦全てが終了し”ストーブリーグ”の期間に入った。
そこで注目されるのはフリーエージェント(FA)の資格を取得した選手たちの動向。
今期も有力選手がFA権を取得しているが、その中でもオリックスの糸井選手が最初にFA宣言を行った。
糸井選手は2004年に北海道日本ハムファイターズに入団し、2010年のリーグ優勝にも貢献した。
その後2012年オフにオリックスにトレードで移籍しオリックスで主力打者として活躍。
ファイターズも本塁打をよく打たれたなぁ、、、

その糸井が迷いに迷った挙句、「他球団の評価も聞いてみたい」ということでFAを宣言。
阪神が以前から興味を示していて交渉に乗り出す見込み。
既に交渉中だったオリックスも残留を求めて交渉を継続するという。
ファイターズに戻ってきて欲しいとも思うけど、35歳という年齢を考えると若手へ世代交代が進むファイターズでは出番が得られないかと。
さて、どこの球団が獲得することになるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。