More from: パシフィックリーグ

オリックスが首位から陥落していた

プロ野球のパ・リーグで順位の変動があった。
6/20に7年ぶりに単独首位に立ったオリックスが9/5のソフトバンク戦で大敗しほぼ二か月半ぶりに首位から陥落。
替わって首位に立ったのは同日のファイターズ戦に勝った千葉ロッテでゲーム差は0。
3位の楽天も2.5ゲーム差、4位のソフトバンクも4ゲーム差で追っているのでまだまだ優勝は判らないし、今の調子で負けが込むとクライマックスシリーズへの進出も出来なくなるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

3.5!

今年のプロ野球パシフィックリーグが混戦になってきた。
首位の東北楽天と不本意ながら最下位の北海道日本ハムファイターズのゲーム差が僅か3.5ゲームまで縮まった。
これは一昨日からの三連戦の初戦と二戦目でファイターズが連勝し、昨日は2位のソフトバンクと3位のロッテがともに敗れたため。
今季の出だしがものすごく悪かったファイターズも今月に入って無傷の三連勝と調子が上がってきて借金も4つまで減り、勝率も4割を超えて中田の打率よりも低い2割前後だった頃に比べると嘘のようだ(汗)。

今日の楽天戦は昨年まで楽天に在籍していた池田が先発登板の予定。
今季初登板ではその楽天相手に負けているので、今日は抑えて古巣に対して恩返しをして欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。

混戦になった

今年のプロ野球のパシフィックリーグは混戦になっている。
特に、昨夜は2位の東北楽天が首位の福岡ソフトバンクに勝ち、3位の埼玉西武と4位の北海道日本ハムファイターズも勝ったために、ソフトバンクと楽天が首位で並び、3位の西武が0.5ゲーム差、4位のファイターズも1ゲーム差で続いている。
5位の千葉ロッテまでも3.5ゲーム差で、少し離れて7ゲーム差でオリックスとなっている。
今日の結果次第では首位に3チームが並び、0.5ゲーム差でファイターズが4位ということも有り得る。
シーズンが始まって二ヶ月経過時点でのこの混戦もちょっと珍しいかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日はソフトバンクが先行

プロ野球パシフィックリーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第5戦は六回まで試合が進み、福岡ソフトバンクが6-0と大量リード。
ソフトバンクは昨日勝って対戦成績を3勝2敗(1勝分のアドバンテージ含む)として日本シリーズ進出に王手をかけている。
今日の試合にこのまま勝てば2年ぶりの日本シリーズ進出が決定。
反対に東北楽天はこの試合を落とすと敗退が決まってしまうが、残りの回で6点差を跳ね返すのは少々厳しいかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ようやく一勝

プロ野球パシフィックリーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第二戦は日本ハムが5-1で逆転勝ちし、ようやく一勝をあげた。
一点ビハインドの6回表に相手の失策で2-1と逆転した直後に4番の中田が2点本塁打を放ち3点差とすると、投手陣も踏ん張り点を与えず逃げ切り勝ち。
これで対戦成績は一勝二敗(レギュラーシーズン一位のソフトバンクには一勝のアドバンテージが与えられている)となり、今日の第三戦に勝てばようやく五分となる。
初戦を落として厳しい状況には変わりはないが、その逆境を跳ね返して日本シリーズに駒を進めて欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。