More from: スキージャンプ女子

高梨は最多表彰台記録を更新!

スキージャンプ女子ワールドカップ個人第12戦が3/26にChaikovsky(HS=102m:Russia)で行われた。
日本の高梨沙羅は1本目に94.5mを飛び2位に付けると2本目も94.5mで順位を守り2位に入った。
これで高梨の表彰台登壇回数が109回となり男女通じての最多記録を更新した。
また総合優勝争いでもこの日3位に入ったNika KRIZNARを逆転して15ポイント差で首位にたった。
残る試合は3/28に行われる第13戦Chaikovsky(HS=140m:Russia)のみ。
この試合で優勝するか、少なくともNika KRIZNARよりも上位に入れば男女通じて最多となる5度目の総合優勝となる。
ただ、現在66ポイント差で3位のMarita KRAMERが好調なので、逆転されないためには7位以内に入る必要がある。
最終戦がラージヒルでの戦いになるので昨年3/9のLillehammer(HS=140m:Norway)以来ラージでの優勝がないのが気にかかる所。
それでも期待して応援したいと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。

伊藤が銀メダルを獲得!

ノルディックスキー世界選手権のジャンプ女子が行われ、日本の伊藤有希が2位に入り自身初のメダルを手にした。
一本目に97mを飛んでマーレン・ルンビュ、高梨沙羅、カリーナ・フォークトに続く4位に付け、二本目で96.5mを飛びルンビュと高梨を逆転して2位に入った。
優勝は二本目に伊藤と同じ96.5mを飛んだカリーナ・フォークト、3位は一本目に2位に付けていたが二本目で95mと距離を落とした高梨が入った。
メダリスト3人の得点は254.6-252.6-251.1と全て250点を超えるハイレベルの戦いになり、僅かな差で順位が付いてしまった。
一本目でこの日の最長不倒となる99.5mを飛んだルンビュは二本目で91mと”失速”し4位に終わった。

←クリックしてくれると嬉しいです。