More from: ゲーム機

SONYがプレステ5を公開

SONYがイベントでPlayStation 5を遂に公開した。
光学ドライブを持たないDigital Editionも同時に公開され、筐体そのものから異なることがはっきりした。
というか、見た感じDigital Editionのデザインが先に出来て、それに無理矢理光学ドライブを収容するために再度を膨らませてスペースを追加した感じがする。

発売は年末商戦時期と予告されている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

専用メモリーカードしか無いかと思ってた・・・

SONYのポータブルゲーム機「PlayStation Vita」はメモリーカードが”ほぼ”必須。
なのに本体には同梱されてこないので別途購入しなければならなかった。
ところがこのメモリーカードは1世代前の「PlayStation Portable」のメモリースティックDUOのような汎用品ではなく専用品。
他に利用するデヴァイスも無いのでサードパーティー製品も発売されずSONYの純正品を買うしかないと思っていた。
それでも楽天で探してみるとあるところにあるもので、microSD(HC)カードをこの専用メモリーに変換出来るアダプターが売られていた。
microSD(HC)ならアダプターと合わせても純正メモリーカードよりずっと安く買えるので良さそうに思えたが、本体のファームを弄らなければ使えないらしい。
うーん、これなら下手に弄らないほうが良さそうだなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今度はPCエンジンか

ファミコンやメガドラのミニ版が人気になっているが、今度はNEC-HEの「PCエンジン」のミニ版が出る。
面白いのはオリジナル版にあった”マルチタップ”も用意される点(メーカーは”HORI”)で、これを使うとオリジナル同様に同時に5個のコントローラーで遊べる。
ということは「ボンバーマン」での熱い対戦も可能(笑)。
コントローラーの端子は写真で見る限りUSBのAポートのようなので、実は単なるUSBハブなのかも?(5ポートのUSBハブって珍しいね)
発売は2020年3月19日の予定。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】2020年3月19日頃発売予定!PCエンジン mini
価格:15119円(税込、送料別) (2019/7/16時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

久しぶりの”すれちがい”

ニンテンドー3DSで久しぶりにすれ違い通信をチェックしたら新しくすれ違っている人がいた。
殆どは地元北海道の人なんだけど、中に二人ほど海外からの人がいた。
どこの国かというとフランスで、”プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール”地域圏となっていた。
二人連続で同じ時間帯だったので一緒に旅行にでも来ていた人かな、、、
そういやカレー屋で外国人観光客の二人連れと一緒になったからその人たちだったのかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

3DSが充電されていない?

携帯ゲーム機「NINTENDO 3DS」のLEDが赤く点滅していた。
これはバッテリーの残容量が少ないという警告。
不思議なのは自宅でUSBハブに接続しているにも関わらずこの警告が出ていること。
今まではこの状態で充電出来ていたのが何故か充電出来ていなかったようだ。
原因を探るためにUSBハブからUSB-ACアダプタに接続し直してみたが改善しない。
ということは充電に使っているケーブルが原因かと思い他のケーブルに交換してみたがダメ。
これは3DS本体の故障かと思ったが、つなぎ直したケーブルを良く見るとUSB延長ケーブルとの接続部が抜けかけていた(汗)。
きちんとつなぐと充電中となったのでやはり原因はケーブルだったようだ。
いやぁ、ケーブルを替えても駄目だった時は焦ったよ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Newニンテンドー3DS LL メタリックブルー
価格:19976円(税込、送料無料) (2019/2/23時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

12/3

今日は12/3で、24年前にソニーがゲーム機「PlayStation」を発売した日。
そして今日2018/12/3はそのプレステの小型版である「PlayStation Classic」の発売日。
筐体はオリジナルをそのまま小型化したようなデザインで、オリジナルではCD-ROMで供給されたソフトは内部に20種類ほど収められている。

過去に発売されたファミコンやスーファミと同様でプレミア価格が付けられている。
個人的にはFF7(インターナショナル)位しか遊びたいソフトが無いから買う気は起きないなー(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「プレイステーションクラシック」の販売って・・・

ソニー・インタラクティブエンタテインメントから12/3に発売予定の「プレイステーションクラシック」をamazonで探すと最初に見つかるのが下の商品。

この価格は定価(税込み10,778円)を上回っているんだけど、実は販売者がamazonでは無くマーケットプレイスの業者。
amazonでは定価で予約出来る(11/7現在)ので、そちらから予約するのがお勧め。
わざわざ高い値段を付けているところから買う必要は無いね。
amazonもマーケットプレイスの商品を買って貰えば手数料(15%だとか)を取れるから、そちらを先に表示するようにしているのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

”パチモン”なんだろうなぁ(汗)

amazonで見つけたのが下のゲーム機(?)

中身はandoroidでエミュレータで各種ゲームを動かすタイプなのかな?
入っているゲームの中に”キンファイ”があるようなので、それだけでちょっと欲しくなってしまった(汗)。
でも方向キーで必殺技を出すのは大変なだよなぁ、、、
NEO GEOのコントローラだったらなんとかなるんだけど(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「プレイステーション クラシック」発売まで一ヶ月を切っていた

ソニーのゲーム機の礎とも言える「プレイステーション」を小型化して復刻した「プレイステーション クラシック」の発売日は初代と同じ12/3。
気付いたら残り一ヶ月も無くなっていた(汗)。
私も初代(コントローラーがデュアルショックIIになっているモデル)と二代目となる「プレイステーション2」を持っているけど、ここ何年も遊んでないなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。