More from: クラッシャージョウ

何故今頃?

ハセガワがこの夏に発売する新製品の中に1/3000の艦船(?)がある。
実在の船では無く架空の巡洋艦なんだけど、1/3000というスケールから判る通り巨大。
このスケールでさえ全長328mmにも達するサイズなので、実物だと960mにも達する巨艦ということになる。
その巨大な艦はなにかというと、(懐かしい)「クラッシャージョウ」に登場する”コルドバ”。
劇場版で納谷悟朗さんが声をアテたコワルスキー大佐が率いていて、ラスト近くでは主砲を発射するためにこの巨体を180度回頭するカットもあった(CGの予定がプログラム開発が間に合わず全カット手描きになって原画担当の佐藤元さんが大変苦労されたというエピソードもあるくらい)。
どうせ出すなら同じスケールの”ミネルバ”と”ファイター1””同2”も出せば良いのに、と冗談で考えていたら同梱されるとか(汗)。
それにしても劇場版公開から37年も経っているのに新製品を出すなんて・・・
どうせなら”ガレオン”の復刻(もしくは新金型)とか”ジン・ベイ”なんかも出せば良いのに(笑)。

初回限定版がまだ買えるようだ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

何故今頃?

プラモデルメーカーのハセガワからこの冬に発売予定の新製品が下の製品。

「ミネルバ」とは懐かしいものが出るものだ、と思って説明を読むと劇場版では無くその後に発売されたOVA「クラッシャージョウ – 氷結監獄の罠」版とのこと。
何故に今頃こんな機体を製品化するのだろうか?と思ったが、実はこのOVAの発売から今年でちょうど30年経ったので、そのせいかも?
しかも限定品で1/20のアルフィンのフィギュア(レジン製)も付くから、ちょっと欲しくなってきたかも(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

何故、今頃?

amazonのトップページに下の商品が出て来てびっくりした。
劇場公開から33年も経っているのにBlu-ray化されるとはねぇ・・・
BOXと言うからには他の作品も入っているわけで、収録されているのはOVAで発売された2作(「クラッシャージョウ―氷結監獄の罠―」「クラッシャージョウ―最終兵器アッシュ―」)と特典映像として原作者&監督&キャスト二人(ジョー&アルフィン)による座談会(新規撮りおろし)。
え?この座談会のためにわざわざアルフィン役の佐々木るんをアメリカから呼んだのか!
佐々木るんを意識したのは「超時空要塞マクロス」のブリッジ三人娘の一人、眼鏡っ子のヴァネッサからかな?
主演の竹村拓の第一声「人一人の命ぃ?」にはびっくりしたなぁ(笑)、あと「高いもんにつくぜ」にも(笑)。
まぁタロス役の小林清志さんとリッキー役の小原乃梨子さん、コワルスキー役の故納谷悟朗さん、バード役の故小林修さん(なんと”ズォーダー大帝”)といったベテラン勢が脇を固めていたせいで破綻はしていなかったが。

そんな作品がBD-BOX化とはねぇ・・・ディスコの前で仲良く並んで立っているシャアとララァや、劇場版「ダーティー・ペア(オリジナルキャスト版)」が4Kで復活するのかぁ(笑)。
このシリーズは全部観てはいるんだけど綺麗な画面で観てみたいなぁ(ビデオは持っている)、ちょっと高いけど(汗)。
クラッシャージョウ Blu-ray BOX (初回限定生産版)
B01LC88EJ2

←クリックしてくれると嬉しいです。