”ささら電車”の揃い踏み

札幌市交通局の電車事業所では現在(2022/05)「ロータリーブルーム式電動除雪車」所謂”ささら電車”を敷地外から見ることが出来る。
しかも所属5両の内4両は屋外に置かれていて、間近に見ることが出来る。
下はその5両が並んでいる様子を敷地外から撮影した様子。

ささら電車

敷地外から見たササラ電車5両


向かって左奥の工場内に留置されているのが”雪11”で、それから右に向かって”雪2”、”雪22”、”雪3”、”雪21”の順に並んでいる。
通常この時期は工場の奥に入れてあるんだけど、現在工場は建て替え工事中で一部が使えない状態なので仕方なく外に出してあるそう。
中央図書館前からの引き込み線もこの留置部分に向かう線は撤去してあって電車事業所の入り口からは最も奥の行き止まりの線になっている。
降雪時期になると出入りしやすい場所に移されるんだろうけど、それまでの間はこの場所に置かれるんだろうなぁ。
また、”雪11”より奥の屋根のある場所には3304号車と251号車が留めてあったけど、運転手さんに訊いたところ故障車だそうで、他の車両の出入りに邪魔にならないようにこの場所に置いてあるということだった。
さらに洗車装置も使用不可になっていて洗車は全て手作業とのことで大変そうだ。
早く工事が終われば良いと思うが、予定では今後5年くらいかかるそうな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す