大谷の3試合連発はならず

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのレンジャーズ戦に1番DHで先発出場。
3試合連発が期待されたが、残念ながら本塁打は出なかった。
それでも1安打1打点1得点でチームの勝利に貢献。
初回の第1打席で放ったライナー性の打球は投手の頭上を越え、シフトで二塁の右側にいた三塁手が飛びつくも止めるのが精一杯の内野安打となり7試合連続安打を記録。
続くトラウトの大きな右飛で二塁へタッチアップ、タイミングは微妙だったが相手野手が送球を弾いてセーフ。
さらにウォードの安打で一死一三塁となり、ウォードはピックオフプレーでアウトになったが、その後の相手投手の暴投で大谷が生還しエンゼルスが先制、大谷は積極的な走塁で4試合連続得点を記録した。
その後、六回にはバットを折られながらも三塁線に上がった内野飛球を相手遊撃手がグラブに当てながら落球し失策となって出塁した。
試合は8-3でエンゼルスが勝ち三連勝、大谷は5打数1安打1打点だった。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す