ファイターズ逃げ切れず!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜神宮で東京ヤクルトと対戦。
三連戦の最終日で勝った方が勝ち越しという試合で先制したのはファイターズ。
初回に先頭打者の五十幡が二塁打で出塁し、犠打で三進した後に渡邉の適時打でまず1点。
続く二回には二死二塁の好機を作り、五十幡が今度は適時打を放って1点を追加した。
ところが三回に本塁打で1点を返されて1点差とされると、五回には守備の乱れも絡んで2点を奪われ逆転されてしまう。
ファイターズは三回以降出した走者は五回と六回に一人ずつだけで、その他の回は三者凡退の繰り返しで無得点に終わり、反対に八回に登板した宮西がダメ押しの2点を奪われ最終的に2-5で敗戦。
これでファイターズは2連敗となり、弾みを付けたかった交流戦の序盤で躓いた形になってしまった。

今日からは地元の札幌ドームに中日を迎えての三連戦、相手は交流戦で勝率十割と好調だが、何としても勝って勢いに乗って欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す