1年ぶりのウニ

昨日(8/1)は積丹半島の付け根の町である古平町に行ってきた。
目的はこの時期に採れる地元産のウニ。
私は子供のころからウニが苦手でずっと食べなかったけど、茨城県に住んでいた当時にたまたま連れて行ってもらった常陸太田のお寿司屋さんで頂いたウニの軍艦が美味しくてビックリした。
つまり、子供の頃に食べて嫌いになったのは”とてつもなく不味い”ウニだったというわけ。
その後は美味しいウニ(明礬処理しておらず新鮮なもの)ならば美味しく食べられるようになった。
それでも注文して美味しくなかったら全く食べられず勿体ないので、滅多に注文することが無いし、スーパーや鮮魚店で買うことも殆ど無い(汗)。
そんな中で私が安心して食べることのできるのが古平町にある「新家寿司」さんのウニで、しかも地元産限定。
今年は間もなく漁期が終わるがまだ食べに行っていなかったので行ってきたというわけだ。
例年、この時期はウニ目当てのお客さん(大半が観光客)で物凄く込み合うので早めに札幌の自宅を出発したのが良かったのか、11時過ぎにお店に着いた頃には駐車場にも車が少なく、お店の中に入っても先客は一組6名だけと空いていた。
私たちはいつもの如くカウンターに座ってお好みで注文し始めたところ、次々とお客さんが入ってきて程なく満席に。
私たちはタイミングが良かったらしい(汗)。
握りを頼む前に真っ先に頼んだのが「ウニの小鉢」でしかも味の濃い”赤”。
ほぼ1年ぶりに食べるウニは相変わらず美味しかったなぁ。
その他に握りを少し頼んで、最後に頼んだのが「ウニの軍艦」。
こちらは”白”と”赤”を食べ比べた。
”白”はどちらかというとあっさり目で、”赤”は濃い味で、どちらも美味しくいただくことが出来た。
今度ウニを食べるのは来年のこの時期になるだろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す