Canonから天体写真撮影用の「EOS Ra」が出た?

Canonのミラーレス一眼「EOS R」シリーズに天体写真撮影向けの「EOS Ra」が近日中に発表になるとして写真がリークした。
ところが早くも海外の通販サイトでは受注が始まっているようだ。
https://www.adorama.com/caran.html
となると正式発表も間近だな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2019 年 11 月 6 日 at 9:22 AM -

    20Da/60Daぶりなので、かなり久しぶりですね。
    ミラーレスだと、他社を含めて初なのでは。
    EVFはゲインを上げられるので、天体撮影とは相性が良さそうですね。

    とはいえ、ガチの天体組は、もうカメラの形をした物では撮ってない気がしますがw

  2. tan

    on 2019 年 11 月 6 日 at 9:40 AM -

    >千歳さん
     ミラーレスでは初かもしれませんね。
     NikonはD810Aですしね。
     ゲインを上げられるのは羨ましいです、OVFだと星は殆ど見えないので・・・ライブビューを使っても厳しいです(汗)。
     とある天文関連のサイトに投稿される作品を見ていると、フィルターを外す改造を受けた一眼レフがまだまだ多いですね(特に赤い星雲関連は)。

コメントを残す