appleが「iPhone 11」を発表した

米アップルが新型の「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」を発表した。

発表されたのは両機種合わせて3機種9モデル。
「iPhone 11」がストレージ容量(64GB,128GB,256GB)違いで3モデル、「iPhone 11 Pro」が「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」の2機種でこちらも容量違い(64GB,256GB,512GB)で合計6モデルとなり、さらにカラーバリエーションが「iPhone 11」で6色、「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」が各4色となっている。
直販価格(税別)は最も安い「iPhone 11」の64GBモデルが74,800円で、そこから128GBモデルの79,800円、256GBモデルの90,800円と上がっていく。
「iPhone 11 Pro」は64GBモデルが106,800円、256GBモデルが122,800円、512GBモデルが144,800円となり、最も高い「iPhone 11 Pro MAX」ではそれぞれ119,800円/135,800円/157,800円となっている。
「iPhone 11」は256GBモデルでも10万円を切っているが、「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」は相変わらず高いという印象。

今回の新モデルの特徴はアウトカメラに超広角レンズを搭載したことで、35㎜換算13mm相当というのはスマートフォンでは貴重な存在。
画素数を12MPに抑えたのは技術的な面もあるだろうが、今後のスマートフォンのカメラのトレンドになっていくかも?

全モデル予約受付は9/13の21時となっていて、発売はその一週間後の9/20となっている。
またまた各地のアップルストアの前には行列ができるんだろうなぁ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2019 年 9 月 11 日 at 1:28 PM -

    iPhone 11 Pro MAX → 11PM
    まさか、令和になって11PMがでるとは!

  2. tan

    on 2019 年 9 月 11 日 at 3:11 PM -

    >千歳さん
     MCは誰でしょうね?(笑)

コメントを残す