Canonの新製品は「EOS M6 Mark II」「EOS 90D」で確定

海外の情報サイトに依ればCanonの新型デジタルカメラ「EOS M6 Mark II」及び「EOS 90D」のカタログが公式サイトに掲載されていたとのこと(現在は削除済み)。
それらに依ると両方ともセンサーは32.5MPのAPS-Cセンサーで、映像エンジンは新型のDIGIC8を搭載。
いやぁ、スペックを見ていると両方とも先代モデルからかなりの進化が伺える。
ただ、「EOS 90D」のほうは連写速度が11枚/秒と高速機になったが、「EOS 7D MarkII」後継というには不足している部分があるというネットの反応が多い。
とはいえ価格次第だろうけど、どっちも売れそうだなぁ、、、
「EOS M6 Mark II」はEVFが外付けで外すとスクエアデザインなのが良いなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2019 年 8 月 22 日 at 9:45 AM -

    今回の2機種は、新世代のセンサーになっているんじゃないかって睨んでます。

  2. tan

    on 2019 年 8 月 22 日 at 2:12 PM -

    >千歳さん
     そう言えばCanonはデュアルピクセル(DP)の技術を使ってダイナミックレンジを広げる特許を申請しているみたいですね。
     今回の2機種は当然ながらDPのセンサー搭載ですから、もしかすると・・・

コメントを残す