ホンダが新型「N-BOX」を発表し発売

一昨日のことになるが、ホンダが軽自動車のベストセラー「N-BOX」をフルモデルチェンジして発表し、翌日発売した。
発売から5年経った昨年も年間販売台数トップの座に着いていた人気車種で、今回のフルモデルチェンジでどのように変わるのか注目されていた。
少し前からティザー広告塔で外観や内装の一部が公開されいて、基本的にはキープコンセプトながら新しくなるところは大胆な変化が見られた。
通常、モデルチェンジ直前はメーカーが旧型のオーダーをストップするし、ユーザー側も新型を待つことがおおくなるので販売台数が減少するのだが、この車種に関しては旧型が七月の販売台数で全車種中トップとなるなど売れ続けている。
既に販売店では予約を受け付けていたはずなんだが、この勢いで売れているというのは凄い。
今回のモデルチェンジが吉と出るか凶と出るかは興味深いが、大きなトラブルでもない限り凶が出るとは思えないねぇ。
私も近々販売店に行って実車を見てこようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す