勝ち切れないなぁ、、、

札幌ドームで楽天と対戦していたファイターズは、延長十回裏のサヨナラのチャンスで代打の矢野が三振に倒れた。
直後の十一回表にこの回から登板した玉井が勝ち越しの本塁打を浴びてリードを許してしまう。
この回の失点はこれだけだったが、その裏に一人の走者も出せず、結局1-2で敗戦。
安打はそれなりに出ているんだけど決め手の一本が出ずに得点が入らない悪い時のファイターズ打線になってしまった。
特に四番が五打席で無安打とブレーキ、この四番は良い時と悪い時の差が大きいなぁ、、、
十回裏の一死二塁の時にここで大谷を代打に出せば良かったのでは無いか?と思ってしまうよ(汗)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す