後付け出来る”アラウンドビューモニター”(に似た製品)が発売

日産のセレナ等に搭載されている駐車支援システム”アラウンドビューモニター”と似た機能を持った製品が明日3/16に発売になる予定。
日産の”アラウンドビューモニター”は車体の前後左右に取り付けられた超広角レンズ搭載のカメラの画像をリアルタイムで合成し、車体を真上から俯瞰した画像を生成して車体の周囲の状況をモニターに映し出すことで死角の多いミニバン等での駐車操作を補助することが目的。
今回発売になったのはインバイトの「サラウンドビューシステム SVS-120」という製品で、”アラウンドビューモニター”同様に車体の前後左右にカメラを取り付け、それらの画像を合成してカーナビ等の画面に映し出すというもの。
特徴はカメラの取り付け後の調整を専用のソフトウェアで行うために専用の技術者による調整が不要で、取り付け位置(高さ)もカメラ毎に異なっていても大丈夫と言う点。
そのためパーツ販売店での取り付け&調整が可能になっている。
同社サイトにあるデモ動画を見ると斜め後方から接近してくる車も映っているので、斜め後方の視界が悪い車(C-HRとか?)や大型車にも有用かもしれない。
一方で日産の”アラウンドビューモニター”にある移動物検知機能(Moving Object Detection:MOD)のような機能は非搭載の模様なので、あくまでも運転者の”目で見て”の確認が必要。
それでも全く見えないよりは安全性が高いと思うので、今後は普及が進むことが考えられる。
さらに、ドライブレコーダー機能も搭載されればさらに良くなるのでは無いのかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラウンドビューシステム SVS-121
価格:172800円(税込、送料無料) (2017/3/15時点)

同社の「SVS-121」は楽天で買えます。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す