「ふらいんぐうぃっち」第一話

弘前を舞台にした”ご当地アニメ”が始まった。
原作に関しても全く知らなかったけど、先月(3月)北東北に行った際に宿泊した弘前の弘前駅等にはポスターや看板があったので気になっていた。
というか、それらで初めて知ったというのが本当(汗)。

第一話の冒頭で描かれていた弘前駅のホームや駅舎の再現度はなかなかのものだった。
もちろん細かいところの違いはあるし、駅舎の上部のカットでは”弘前駅”はしっかり映った(ただしJR東日本のロゴは無し)けど、”弘南鉄道”の部分は”弘”と”鉄”しか映されなかった。
その後描かれていたバスも”弘西バス”となっていたので、使用許可が下りなかったのかな?と思ったけど、冒頭の外観にはちゃんと描かれていた。
ちなみに和歌山バスには”弘西(ひろにし)”という停留所があるけど、これとは無関係だろう(笑)。
私は駅前しか知らないのでその他の風景の再現度は判らないけど、ロケハンをしっかりしていると感じたのでその他の風景も実際に存在するであろうことが想像できる。
ということで冒頭の弘前駅の外観と改札口を実際の写真と比較してみると下のようになる。

アニメの弘前駅の外観。”JR東日本”のロゴが描かれて無い。

アニメの弘前駅の外観。”JR東日本”のロゴが描かれて無い。


実際の弘前駅の外観。アニメの画像とは角度が違うけど、再現度が高いのは判る。

実際の弘前駅の外観。アニメの画像とは角度が違うけど、再現度が高いのは判る。


アニメで描かれた改札口。実際にはある時計が描かれていない。

アニメで描かれた改札口。実際にはある時計が描かれていない。


実際の改札口。

実際の改札口。


細かく見ると異なる点はあるけど、かなりの再現度だと思う。

第一話は物語の導入部分なので話は始まったばかりだけど、今後が期待できる作品だと思う。
ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス)
石塚 千尋
4063949923
ふらいんぐうぃっち Vol.1 [Blu-ray]
安野将人
B01D64Z3Z8

[Blu-ray] ふらいんぐうぃっち Vol.1
価格:5435円(税込、送料別)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す