PENTAX「K-1」の詳細スペックがリーク

デジカメinfoにPENTAXのフルサイズ機「K-1」の詳細スペックが掲載された。
それによるとAFセンサーはSAFOX12で測距点の数は33点(22点はクロスタイプ)、-3EV対応とのことらしい。
CANONの「1-DX2」とかNIKONの「D5」、さらにはCANONの「5D3」とかと比較すると33点と言うのは見劣りするが、そもそも比べる対象が違うと言う感じがする。
CANONやNIKONのフルサイズ機と比較するなら相手は「6D」や「D810」辺りになるのだろうか。
だとすると「6D」の11点よりは多く、「D810」の61点よりは少ない(ただしクロスセンサー数は「D810」の15点に比べて22点と多い)。
ここまでくるとF8対応のセンサー数も知りたくなってくるね(汗)。

またPENTAXお得意の手ブレ補正機構(SR)は5軸方式に改良されてシャッター速度にして5段分の効果があるとのこと。
フルサイズのセンサーを搭載していながらマイクロ4/3のOLYMPUS「OM-D E-M5 Mark II」並みというのは凄くないか?

ここ最近「K-1」に関する情報がリークされることが多くなってきたのは、いよいよ発表が間近なのか?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. ちゃがま

    on 2016 年 2 月 16 日 at 12:40 PM -

    液晶のアレは、フレキシブルチルト式というのですねー。

  2. tan

    on 2016 年 2 月 16 日 at 2:49 PM -

    >ちゃがまさん
     そうみたいですねー、今までにない形態ですから名前を付ける時に担当者が頭を絞ったのでしょうか?

コメントを残す