勘弁してくれ・・・

現場から複数のPCで特定のアプリケーションを起動するとエラーとなって起動できないという連絡が来た。
このアプリケーションはあるドライブ上にあるファイル群を使用するので、各PCではファイルサーバー上の特定のディレクトリをネットワークドライブとして接続して使っている。
なのでこの接続が切れているとエラーとなって起動出来ず、今回出たエラーメッセージもその際に出るものと同じだったので単に接続が切れていると思われた。
Windowsのエクスプローラーで見て貰うと確かに必要なネットワークドライブの接続が切れていて、「ネットワークの場所」の中に見当たらない。
これは時折ある現象なので各PCには接続用のバッチファイルを置いてあり、そのバッチファイルを動作させて接続をして貰ったところ、無事にネットワークドライブに接続できエクスプローラー上にもドライブとして表示されるようになった。
めでたしめでたしということでアプリケーションを起動して貰うと、同じエラーが出てやはり起動しないとのこと。
おかしいな?ということでさらに調べて行き、あーでもないこーでもないといろいろ調べた結果、起動に必要な一部ファイルが削除されていることが判明。
ファイルサーバー内を探しても出てこないので、よその現場にある同じファイルをコピーすることで対処したが、容量が大きい(500MBを超える)のでWAN越しにコピーするのに30分近くかかってしまった。
コピー終了後に現場で再度アプリケーションの起動を試して貰うと今度は無事に起動して、今度こそめでたしめでたしとなった。

ファイルが消えた原因ははっきりしないが、容量が大きい(500MBを超える)ので、現場のユーザーの誰かが(自分たちでは明示的に使わないファイルなので)不要で大きなファイルと思いこんで消してしまった可能性が高い。

実はこの現場では過去にも同じようなことが2回あり、その時はディレクトリ丸ごと消してくれてしまっていたが、今回は特定のファイル一つだけだったので気付くのが遅れた。
前回も前々回もそのファイル群には一切触らないように警告しているんだけど、効き目がないらしい。
今までは現場レベルので話で済ませていたけど、こうなったらトップから罰則付きの警告をして貰わなくては駄目かも(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す