さすがジブリと言うべきか

「かぐや姫の物語」が公開2週目も動員人数/興行収入の落ち込みが少なく、累計興行収入が約8億円となった。
「魔法少女まどか☆マギカ 新編」の2週目時点の数字(9億5千万円)には追いついてはいないが、マニア向けの入場者特典が無くてもこの数字なので、今後も数字を伸ばしてきそう。
先週末(11/30-12/1)だけの興行収入は2億6,713万700円で、初週の週末分(2億8,425万2,550円)と合わせた数字(5億5,138万3,250円)から計算すると平日も同程度の数字(2億4,727万1,300円)となり、週末に集中する他の作品とは動員パターンが異なっているように見える。
この辺りは”さすがジブリ作品”ということかな?

「魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」は公開6週目でランクを7位と落としているが、累計動員人数129万2,836人、累計興行収入17億8,105万1,800円と相変わらず好調。
あー、もう一回観に行きたいなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. ちょろ

    on 2013 年 12 月 5 日 at 2:08 AM -

    正直フィルム・100万人以後まどマギがここまで着実に伸ばすとは思っていなかった。
    そう言えばずっと気になっててやっと確認したんですが、冒頭の詢子(まどか母)の寝間着やっぱりデザイン変わっていたんだなーと。

  2. tan

    on 2013 年 12 月 5 日 at 8:07 AM -

    >ちょろさん
     そうですねぇ、「伸びて欲しい」とは思っていますが、ここまで伸ばすとはいい意味で「予想外」でした。
     >寝巻き
     さすが、チェックを入れてますね(笑)。

コメントを残す