nx6325でSempron3600+は問題無く認識された

先日預かったhp compaq nx6325というノートPCのCPUをMobile sempron3200+(1.6GHz動作)から同3600+(2.0GHz動作)に載せ換えてみた。
結果は予想通り全く問題無く認識されて動作した。

nx6325にSempron3600+を載せた時のシステムのプロパティ

nx6325にSempron3600+を載せた時のシステムのプロパティ


上のスクリーンショットのようにWindowsXP上でも正しく認識されているのが確認できた。
あんまり簡単すぎるので拍子抜けしたほどだ。
この様子だとデュアルコアのTurion64x2のTL-50~60辺りも問題無く動作しそうだな(TL-58は既に動作報告有り)。

問題は預かっているもう一台(DELLのInspiron700m)のほう。
先日自宅に持ち帰ってメモリのテストをした際には異常は無かった(memtest86の3.5を使用)。
現在chkdskでクラスタスキャンを実行しているけど、不良クラスタが複数のファイルに存在していて置き換えられている。
その中にはユーザーが普段使うソフトから呼び出されるエクセルの実行ファイルも含まれていた。
プログラムが途中で異常終了するのはこのせいかも?
だとすると(そうでなくても)HDDの交換が必要になるなぁ・・・・・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す