ジュークRが市販される!?

昨年欧州日産が製作した「ジュークR」が市販されることが決まったらしい。
「ジュークR」は日産の小型SUV(?)である「ジューク」にスーパースポーツ「GT-R」のエンジンと駆動系を移植した冗談のような車で、発表された当初は欧州日産がプロモーション用に特別に製作したモデルで、壮大な冗談かと思われていた。
ところが先日欧州日産が限定生産することを発表し、既にオーダーが入っている3台を夏に納車することも合わせて発表された。
さらにアメリカ日産の副社長が「アメリカでの価格は59万ドル(1ドル78円で計算すると約4600万円)程度」とうっかり発言(笑)して価格が明らかにされてしまった。
ベースとなるジュークの16GT FOURの価格が245.2万円なので、それに比べると18倍以上の価格となる。
欧州日産ではさらに追加での注文を受け付けると言うことなので、この金額を出せる人は注文してみるのも一興かと(笑)。

それにしてもあの短い車体(&ホイールベース)に545psもの出力(16GTは190ps)のエンジンを入れてしまったのだから、本家のGT-Rと比べるとかなりじゃじゃ馬なんじゃなかろうか?(流石に車体幅はベース車+145mmの1910mmと拡大されている)。

ちなみに国産車で4600万円を超えて市販されたのはホンダが2005年にSUPER GTのホモロゲーション取得用に生産販売した「NSX-R GT」(5000万円)の1台のみらしく、このジュークRが国内で販売されればそれに次ぐ高価車両ということになる(レクサスLF-Aのニュルパッケージですら4500万円弱)。
現在は国内でこのジュークRを販売する予定は無いらしいけど、日産本社での扱いがされるようになれば面白いことになるかも?(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す