T42のHDDを換装

ThinkPad T42のHDDは以前中古で購入したFMVに入っていた富士通の60Gを入れていたけど、容量的に物足りないので120GのHDDを購入して入れ替えた。
現在「EASEUS Disk-Copy2.0」で中身をコピー中。
この「EASEUS Disk-Copy2.0」はGUIで操作するのだけれど、なんとSXGA+の解像度にも対応していたので少々驚いた。
オペレーション的にはXGAの解像度でも十分なソフトなので、それ以上の解像度、ましてやデスクトップでは殆ど使うことの無いSXGA+に対応しているとは思わなかった。

新しいHDDは安価なSamsungの120Gのモデルで、回転数は5400回転となるので今まで入れていた富士通の60Gモデル(MHT2060AT:4200回転)よりは速くなる事が期待できる。
コピー時のスピードは大体15MB/Sec(120Mbps)弱程度だが、これは元のHDDからの読み込みスピードと、USBインターフェースの速度の影響があるので、新しいHDD単体の速度ではない。
他のPCでコピーをした時も同じような速度だったので、おそらくUSB接続のHDDケース(というかインターフェース)の上限ではないかと思われる。

コピーが終わったらHDDベンチで測定して見ようかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

かなり混んでいるようだ

3/9にオープンしたうどん屋「丸亀製麺」の駐車場が満車状態だ。
見ていると駐車場に入りきれない車が道路に止まっているので、若干通行の邪魔になっている。
食べ終わった客が出てきて車を出してもすぐに埋まってしまう状況だ。
そんなに人気があるのか?<丸亀製麺

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

UQWimaxが繋がらない

今日は平成23年東北地方太平洋沖地震の発生でKDDIやdocomoで通話がし難くなっているが、UQWimaxも接続できなくなっている。
自宅で接続しようとしたところ接続ユーティリティが接続処理を繰り返すだけで接続が確立されない。
こちらも通信制限がかかっているのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

核融合だぁ?

フジテレビに出て解説している人が原発の件で話をしていて、「水の中で核融合を起こしているので云々」と言っていたが、核分裂の間違いだろ?
未だに核融合炉の開発に成功した国は無いんだけど、報道番組に出るならそれくらい知っとけっての。
またキャスターもそんな話をこんな人に振るなよなぁ(笑)

それにしても福島第一原発2号炉はたいしたこと無ければ良いけれど・・・・・・・

と思っていたら、付近の住民に避難指示が出されたらしい・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ネットワークが寸断されてる・・・・・・・

今日の地震の影響だと思うが、職場のネットワークが寸断され、他拠点との通信が出来ない状態が続いている。
切れているのは回線にADSL回線を使用している拠点で、プロバイダは全てau-oneネット。
ネットワークが繋がらない原因が回線なのかプロバイダなのか現時点では不明だが、このままだと仕事に大きな影響が出ることになる。
ちなみにKDDIは全国的に障害が出ている模様。

早いとこ復旧してくれないかなぁ、、、、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

いやぁ、揺れたなぁ

ちょっと前に三陸沖を震源とする最大震度7の地震があり、宮城県等の沿岸に大津波警報が出たとの事。
ここ札幌でも長い時間揺れが続き、久々に怖さを感じる揺れだった。
気象庁の速報によれば震源は三陸沖で震源の深さは10Km、マグニチュード7.9とのこと。

今しがたも余震と思われる震度2程度の揺れがあったが、これも震源近くではもっと揺れが大きかったと思われる。
現地の状況が判らないが、被害が少ないことを祈りたい。

2chのスレには宮城や岩手からの書き込みが少ないらしい・・・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

謎のデバイスが判明

先日復活したThinkPad T42に「不明なデバイス」があると3/5「このデバイスはなんだろう?」に書いたけど、ようやくドライバのインストールが出来た。
ファンユニットについて見ていたサイトにドライバ関係の情報も出ていて、そこに出ていた「Atmel TPM (Trusted Platform Module) デバイス 」のドライバをダウンロードしてきてインストールしたら「不明なデバイス」は無くなった。
ダウンロードしたのは「Atmel TPM (Trusted Platform Module) デバイス (Windows 2000/XP/XP Tablet Edition 2005/Vista 32 bit)」にある「79za05wj.exe」というファイル。
このファイルをHDDの適当なところに保存してダブルクリックすると「C:\Drivers\WIN\TPM」フォルダに展開されるので、後は通常のドライバのインストールと同様にハードウェアの追加やデバイスマネージャからドライバの再インストールを行えば良い(ことになっている)。
私の場合は展開されたフォルダにあった「INSTALLE.EXE」ファイルをダブルクリックしたらインストールされたが、その際なにもメッセージが出なかったので少々不安だった。
それでもデバイスマネージャから見ると「不明なデバイス」は無くなり、「Atmel TPM デバイス」が表示されていたので問題無くインストールされたようだ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

またiTunesの表示言語が英語になってしまった

予定より早く今朝からiOS4.3がダウンロード可能になっていたらしい。
それで帰宅後にiPod touch(第3世代)をアップデートしようとしたところ、先にiTunesの方が10.2.1に更新された。
PC自体の再起動が必要だったので再起動し、再度iTunesを起動したらまたもや表示言語が英語になっていた。
以前にも同じ現象が起きていて、その時はiTunesを修復することで直ったので、今回も同様にして直した。
Windows7での手順は「コントロールパネル」→「プログラム」→「プログラムの機能」で「iTunes」を右クリックし、「修復」をクリックして処理が終わるのを待つだけ。
これで無事に日本語表示に戻ったけど、なんでまた同じ不具合が出るのかなー?

あ、iPod touchのほうは無事にiOS4.3になり、新機能の「ホームシェアリング」が使えるようになった。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

FMV-S8200のCPU

普段あまり(というか殆ど)使っていないノートPCの中の一台に富士通のFMV-S8200(ビジネス用モデル)がある。
このノートのCPUはDothanコアのCeleron-M350(クロック1.3GHz)なので、同じDothanコアのPentium-M735辺りに載せ換えることが出来ないかな?と思っていた。
先日来ジャンクで複数入手したThinkPad T42にはそのPen-M735が載っていたので、その内の一つを載せてみようかと思いFMV-S8200の分解を始めた。
実は昨年も一度分解を試みたのだが、その時はサブ液晶を割ってしまい分解に失敗している(爆)。
なので、今回はもうちょっと慎重に分解してみたが、残念ながらCPUを拝むことは出来なかった。
ただCPUファン周りの配置からするとm-PGAパッケージではなくBGAパッケージっぽい感じがしたので(ソケットが無さそうに見えた)、もしそうだとするとCPUの換装は無理だということになる。
少々残念だが、今回の分解作業でキーボードの外し方が判ったのは収穫だった。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

大きすぎて売れてないみたい

先月発売になった超大型のCPUクーラー「スサノヲ(SCSO-1000)」はあまり売れていないらしい。
下の写真でもその大きさが想像できるかと・・・・・・
サイズ 超巨大CPUクーラー SUSANOO スサノヲ SCSO-1000
B004MUIHYK
まぁ、10cmファンを4個搭載しているというだけでもその大きさが想像できると思うけど、単純計算で縦横それぞれ20cm以上あることになり、さらにヒートシンクの高さもあるしそこから延びるヒートパイプも12本もあるので、取り付けられるマザーやケースもかなり限定されるクーラーだ。
実際には縦横が21cm、全体の高さが16cmにもなるので、幅の狭いケースでは収まりきらないし、入ったとしてもビデオカード等と干渉する可能性があり、さらに重量が1.5Kgを超えるのでケースへのマザーボードの固定を9点で行うことが取り付けの条件となっている(なので対応マザーボードはATXのみとなっている)。
これだけ大きいヒートシンクだと低TDPのCPUならファンレスでも冷却可能では無いかと思うけど、誰か実験してくれないかなぁ(爆)。
TDP45-65W級のCPUをファンレス稼動させられるくらいなら新たな需要が見込めるかもしれないな。
横置きケースならマザーボードの歪みも少ないだろうから取り付け条件も多少は緩和されるかもしれないし、ディスプレイ出力はチップセット内蔵を使用とかで拡張スロットを使わないサーバー用途になら良いかもしれない。

それにしてもデカイなぁ、、、、、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。