SoftbankのC02LCとイー・モバイルのD12LC

前の記事で「C02LCがD12LCにそっくり」と書いたが、中を開けて見ると本当に同じものだった(笑)。

C02LCの中

Softbank C02LCの裏蓋を開けたところ


上の写真はC02LCの裏蓋を外してUSIMカードを抜いたところで、左にあるのが裏蓋。
本体のFCC IDの所にしっかりと「D12LC」と書かれている。
この端末はMicroSD(HC)カードに対応しており、写真の上の部分がカードスロットになっている(カバーを開けている状態)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Softbankのデータ通信プラン

最近外出時にWEBにアクセスしたくなることが多く、携帯各社から提供されているデータ通信プランの契約を考えている。
一番の候補はイーモバイルのデータ通信プランなのだが、Softbankのデータ定額ボーナスパックもちょっと魅力的(キャッシュバックがあるため)。
エリアもSoftbankのほうが広いだろうから、地方に行った時にも有利かとも思った。
反対にイーモバイルはエリア内でも弱いところがあるとのコメントを頂いているので、ちょっと躊躇していた。
ところが、Softbankのデータ定額ボーナスパックで定額で使えるのは、実はイーモバイルの回線を借りているエリアで、エリア外では完全従量制になってしまい。その場合は通信料金が高額になってしまう。
実際にSoftbankの通信用端末「C02LC」を見せて貰ったが、イーモバイルの「D12LC」そのものではないかと思えるくらいそっくり。
違うのは挿せるUSIMカードがSoftbankのものに固定されていることくらいじゃないかな?あと従量制用のUSIMカードが付いてくることくらいか?
エリアの広さがイーモバイルと同じならイーモバイルのポケットWiFiのほうが使いやすいと思うので、そっちにしようかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Windows7 Starter Edition

職場でWindows7 Start Editionを搭載したネットブックを購入した人がいた。
(Softbankの通信用端末の契約時に同時に購入した)
自分でもWindows7を使っているが、HomePremiumとProfessionalなので、Starterとはなんぞや?ということでググってみると、他のEditionに比べるとかなり機能を制限されたものとのことで、これ1台でなんでもこなそうとするとかなり無理がありそう。
しかも搭載できるPCのスペックの上限も決められていて、高性能なPCには搭載されないとのことなので、必然的に重い処理をやらせるのは無理だということだが、逆にWEBブラウザとメーラーだけしか使わないならこれでも十分かと。
外出時にWEBにアクセスしたり、ブログの更新に使うという程度ならStarter Editionを搭載したネットブックでも十分かな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

すなっく一津未が今月末で閉店

帯広の「すなっく一津未」から今月末で閉店する旨の連絡を頂いた。
ママさんが旧ニフティーサーブの北海道フォーラムのメンバーであったことから知り合い、何度かオフ会をさせて頂いたこともある(昨年も一度オフ会を開かせて頂いた)お店。
いつも楽しくお酒を呑むことができ、ママさんお手製の各種つまみも美味しいお店で、お客さんも良い人ばかりで、客同士でいつも盛り上がっていた。

私が初めて伺ったのはお店が現在の場所よりもっと東にあった頃で、当時はママさんのお父様もご健在だった。
その頃からお店の常連さんの集まりである「一津未会」主催のパークゴルフ大会等にも参加させていただいたり、私達夫婦の結婚のお祝いの会を開いて下さったこともあり、いろいろな思い出がある。
そんなお店が閉店するとの知らせが来たのは非常に淋しい気持ちがする。
本当であれば今月末の閉店時に伺いたいところだが、その日は今のところ札幌で予定が入っているので、今週末に帯広に行き顔を出して来ようと思っている。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NM10-ITX WiFiの拡張スロット

ZOTACの「NM10-ITX WiFi」で他のD510マザーと違うのは、拡張スロットとしてPCIではなく、PCI Express(1レーン)を採用していること。
SATAインターフェースカード等はPCIのものもあるが、RAIDカードとなると帯域の広いPCI Expressのほうが選択肢が多くなるので、この点は嬉しいかも。
他にもMini-PCI Expressスロットが2つあって、その内の1つは空いているので、拡張カードを2つ(WiFIモジュールを外せば3つ)増設できるのも魅力かも?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

HDMIインターフェース付きのD510マザーが発売された

インプレスのPC Hotline!によると、先日発売予告が出ていたZOTACのD510マザー「NM10-ITX WiFi」が発売された。
価格は最安で14,480円からとHDMI端子とWiFiモジュール付きとしては安い部類かと思われる。
D510マザーとしては初めてHDMI端子を搭載している点が特徴で、フルHD(1080P)には非対応とはいえ、省電力のD510&NM10という組み合わせでHDMI出力が出来るのは一部ユーザーにとっては魅力かも。
私自身としては現在使用中のD510MOから乗り換える程の魅力は感じないなぁ、、、、、せいぜいWiFiモジュールに少々惹かれる程度か?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

やはり新製品に関する関心は高いらしい

先日GIGABYTEの「GA-D510UD」に関する記事を書いたところ、そのページへのアクセスが一番多くなっている。
不思議なのは最初に書いた記事ではなく、その後に書いた電源コネクタについての記事へのアクセスが多いこと。
どうも検索エンジンでそちらの記事のほうが上位になってるかららしいけど、どうして上位に来ているのだろう?

先々月IntelのD510MOに関しての記事をいくつか書いたが、その時もアクセスが非常に多くなった。
やはり新製品に対する関心は高いのだなぁと実感。
ちなみにD510MOで組んだPCはファンレスの状態で24時間稼動を続けているが、今のところ(外付けHDDを除けば)目立った障害も無く動いている。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Blu-ray初動売り上げで「サマーウォーズ」がエヴァを抜いた

Yahooニュースによるとオリコンの売り上げランキングで昨年夏公開のアニメ「サマーウォーズ」のBlu-rayが初動売り上げで約54,000枚を記録し、アニメのBlu-rayとしては「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の約49,000枚を超えて初動売り上げ歴代一位になったとか。
これはBlu-rayプレイヤーやレコーダーの普及が進んでいることも理由の一つと考えられる。
パソコン用のBlu-rayドライブの価格もだいぶ下がってきて、再生のみ対応のドライブなら数千円程度で購入可能なので、こちらも普及が進んできていると思われる。
書き込み可能なドライブも2万円以下で購入可能なので、そろそろ買い時が近づいてきているのかな?

また一説には「涼宮ハルヒの消失」がBlu-rayで発売された時に備えてBlu-rayドライブ(もしくはプレイヤー/レコーダー)を用意していた人たちの一部が、試しに観るものとして「サマーウォーズ」のBlu-rayを購入しているのではないかという話もある(笑)。
ということは、「涼宮ハルヒの消失」が発売されたらトップを取る可能性が高いということかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

大荒れ!?

昨日から本州の広い範囲に雨や雪を降らせた低気圧が近づいてきている。
今日はこれから明日にかけて大荒れの天気になるという予報が出ている。
今はまだ降っていないが昼間は10cm程度の降雪が予想されており、夜にかけても降る見込みなので、明日の朝までにはもっと降るらしい。
今日の帰宅時には大雪になってるのかなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

涼宮ハルヒの消失の上映館が増える

全国で僅か24館でしかなかった「涼宮ハルヒの消失」の上映館が、今週末から5館増えて29館での公開となり、さらに順次20館増えることになった。
これで初期の2倍程の合計49館での公開となり、今まで上映館の無かった沖縄でも観る事が出来るようになる見込み。
もともと上映館の多い関東地方では茨城で1館増えるだけだが、1館でしか上映していなかった東北地方では一気に7倍に増えることになっている。
これは初期の動員は良かったがその後は落ち着いてしまい、新たな地方で公開することによっての動員数が見込めるからなのかな?
まぁ、なんにせよ今まで遠くまで行かなければ観られないと諦めていた人たちも観に行けるようになるので良いのではないかな?
(遠くまで観に行った人の中には、もう一度近くの映画館に観に行く人もいるのでは?)
上映館については京アニサイトの上映劇場情報に載っている。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。