今週は7,000円切りか!

ツクモ札幌店の今週末の特価品の中に土曜日(4/14)5個限定ながらDDR3-1333の8GB2枚セットが6,980円と7,000円を切って販売されるというのがあった。
その日は時間が取れないので買いに行くことは出来ないが、もともとDDR3-1333(PC3-10600)のメモリは特に欲しいとは思っていないので、あまり残念とは思っていない。
#DDR3-1333のモジュールを使うPCは8GBモジュールに非対応(汗)
私が欲しいのはDDR3-1600(PC3-12800)のモジュールなので、こういった特価品に出会ってもなかなか食指が伸びない。
DDR3-1600のモジュールも特価販売してくれぇ!(笑)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今日も暖かい

今日の札幌は朝方少し雨が降ったけど、午後からは晴れて良い天気。
気温も平年並みに10度ちょっとまで上がったので暖かい。
それでも昨日は13.1度まで上がってコートを着ていると暑いくらいだったのに比べると少々気温は低い。
積雪も4/11の9時時点で0cmとなっているが、4/8には最大で23cmあった雪が僅か3日で融けたことになる。
4/12に1日通して積雪が0cmなのは平年の雪の終日(4/19)より7日も早く、昨年より4日遅い。
それでも日陰や雪捨て場のような所にはまだ雪が残っているので、全ての雪がなくなったわけでは無い。
とはいえ本格的に春らしい季節が近づいているのは間違いないだろう。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

地デジ対応液晶TVが2万円以下かぁ

札幌のPCショップ「Do~夢」では週末特価として24型の地デジ対応液晶TVを18,980円で販売するとのこと(しかも通販の場合の送料は無料)。
モノはKEIANのKTV24Sで、搭載する液晶パネルの解像度は1920×1080のフルHDとなっていて、バックライトはLEDだ。
IPS液晶とは書かれていないが、視野角は左右170度上下160度とのことなので不足は無いかも?
応答速度は3.8ms、コントラストは1:1000なので通常の番組の視聴には十分かと。
こんなスペックで2万円を切るのは魅力的だけど、HDMIのバージョンが1.2というのが古さを感じさせるなぁ。
この辺りが特価品となった理由なのかな?と勝手に思っている(笑)。

カカクコムで見ても最安は19,788円(4/13現在)なので、それよりも安いということになる。
ちょうどTVが欲しかったと言う人には良いかな?

アナログVGAやHDMI端子があるので、PCのモニターにも良いかもしれない。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「MacBook Air」ならぬ「ioBook Air」とな?

イオシスから「MacBook Air」そっくりなノートPC「ioBook Air」が発売される予定とのこと。
見た目は「MacBook Air」そっくりとのことで、写真を見ると確かに良く似ている。
と言っても似てるのは外観だけで、中身はATOM N2800(デュアルコア、1.86GHz動作)をCPUに採用し、チップセットもNM10Expressを搭載したWindows用のノートPCだ。
画面の解像度は1366×768で「MacBook Air」の1440×900には及ばないが、単なるノートPCとして見るとそこそこ良さそうな感じがする。
その他の仕様はメモリが4GB(DDR3 SODIMM1枚)、ストレージとして64GBのSSDを搭載し、光学ドライブは非搭載となる。
OSは付属しておらず、Windows7の32ビット版のみ動作確認がとれているそう(64ビット版は非対応とのこと)で、イオシスのサイトを見るとWindows7のインストールサービスも行ってくれるようだ。
予価はOS無しの状態で39,800円となっており、同時にWindows7のHome Premiumを購入すると+11,800円、さらにインストールサービスは+5,000円とのことなので、合計すると56,600円となる(Windows7Proなら+3,000円、Ultimateは+7,199円)。
その他のソフトウェア(オプション)としてはMicrosoft Office XP(!)とかMicrosoft Office 2003等もあり、それぞれ3,000円と7,000円となっているが、一体どこから持ってきた在庫なのやら(笑)。

デザインは良いのだけどスペックと価格がちょっと合わないような気が・・・・・・その分はデザイン料と思える人には良いのかもしれない。
でもまぁSSD搭載のモバイルノートと考えれば結構アリな製品なのかもね。

あとはappleがデザインに対して文句を言ってこなければ良いけどね(過去にiMacに良く似た製品を出したメーカーに対して抗議をしたことがあるくらいだからなぁ、、、、、)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

FUSION搭載の超小型ファンレスPCが登場

CPU(APU)に組み込み用のFUSIONを搭載した超小型のPCが登場した。
CompuLabの「fit-PC3」がそれで、AMD G-T40N(1GHz動作)を搭載した「Basic」と、AMD G-T56N(1.65GHz動作)を搭載した「Pro」の2種類。
どちらのCPUもデュアルコアでTDPはG-T40Nが9WでG-T56Nのほうは18Wとどちらも低い。
両モデルの違いはCPUの違いによる消費電力(8W-17Wまたは9W-24W)と内蔵GPU(Radeon HD 6290またはRadeon HD 6320)で、GPUの違いでディスプレイ出力に若干の違いがある。
ディスプレイ出力はBasicがHDMI1.3aなのに対し、ProのほうはHDMI1.4aとなっている他、DisplayPortもBasicは1920×1200までなのに対しProは2560×1600までの対応となっている。
見た目もBasicは滑らかな表面の筐体に収まっているが、Proは表面に溝のある筐体となっていて、サイズもProのほうが少々大きい(それでも19cmx16cmx4cmと超小型)。

その他のインターフェース等はほぼ同一で、USB3.0が2ポート(リア)、USB2.0が6ポート(リア2、フロント4)、オーディオは7.1ch、有線LANがGbit対応ポートが1、無線LANが802.11b/g/n対応のカードがPCI Express Mini Cardスロットに装着されている。
電源はACアダプタ供給で、対応電圧は10-16Vとなっている。

搭載できるストレージはSATAの2.5インチHDD(orSSD)が1本だが、eSATAポートが2つあるので、外付けケースに入れたHDDをeSATAポートに接続して使うことも出来る。

過去に同社から発売されたATOM搭載の同シリーズPCに比べるとGPU内蔵のFUSIONを搭載している分グラフィック性能ではアドバンテージがあると思われ、SSDを搭載すれば無音PCとなるのでかなり魅力的だと思う。
気になる価格は5万円台半ば(Basic)から6万円前後(Pro)となっていて、ちょっと高いのがネックかなぁ?

販売代理店(イーテック)による製品紹介ページ

写真を見るとフロントにはUSB2.0ポートが4つあるのみなので、大き目のUSBハブに見えないことも無いし、昔のモデムに似ている感じもするな(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今週のAGE

「あ、死亡フラグ立った?」
「おまえら今戦闘中じゃなかったっけ?」
「ウルフ隊長っー!」
「実の兄を見殺しかよ?つーか、わざと殺させたんだろうな」
他多数!

なんか今日はアニメの話題ばっかだな(笑)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

真田志郎さん(を演じた青野武さん)が死去

4/9に75歳で永眠されたそうで、ここにお悔やみ申し上げます。

私が青野さんのことを意識したのは「宇宙戦艦ヤマト」の「真田志郎」役を演じられた頃からで、あの独特の声質は忘れられない。
もう二度とあのお声を聞くことが出来ないと思うととても寂しい。
安らかにお眠りください。

ちなみに学校の大先輩になるらしい。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

見終わった

先日から見始めたアニメ「Fate/stay night」を昨夜見終わった。
率直な感想としては「面白かった!」。
伏線の張り方も上手でとてもよく出来たストーリー展開と、魅力的なキャラクターが相まって出来た良い作品だと思う。
前にも書いたが元となったゲームを全く知らないので、ゲームと絡めて見た場合の感想は書けないけど、アニメ単体で見ても楽しめた。

#デレた時のセイバーかはたまた凛か、それとも桜か?イリアは見た目が幼すぎてちょっとなぁ(汗)最終話に能登さんが出てたのはちょっと嬉しかったりして。

さて、次は昨年放送された「Fate/Zero」かな?
ということで、既に見始めてしまった(笑)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

HP製のサーバに採用されたXeonX5698とは?

先月AMDのFX-4170が通常時の動作クロックが4GHzを超えた(4.2GHz)ということを当ブログ「ノーマルで4GHz超えのCPUが出た」でも取り上げた。
その記事の元ネタとなったのはインプレスの「AKIBA PC Hotline!」の中の「ついに定格4GHz超えのCPUが登場、しかも1万3千円 4コアBulldozerの最上位、4.2GHz」という記事。
この記事の最後のほうに
”「Xeon X5698」という4.4GHz動作のCPUを搭載するサーバ(HP製の例)もある”
という記述があり、さらに続けて
”IntelのWebサイトでは、このCPUの詳細情報が掲載されておらず、詳細は不明。”
との記述もある。
先日HPのサーバ担当の営業さんと話をする機会があったので、このサーバとCPUのことを尋ねてみると、件のサーバ(HP ProLiant DL380 G7 Xeon® X5698 (4.4GHz) 搭載モデル)はWEB販売専用のモデルで、CPU以外のハードウェアはDL380 G7と同じだが保証が標準では1年しか付かないことが大きな違いだということだった。
またCPUはHP専用にIntelが供給しているもので、他からは販売されていないとのこと(このためIntelのサイトには情報が無いと思われ、これはIBMのみに供給していたFSB400MHzのPentium4 3GHzの場合と同じだと思われる)。
クロックだけは高いCPUを搭載したこのサーバはとにかく高速の計算処理が必要なユーザーが購入しているとのことだ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ダル、メジャーで初勝利も

今年からメジャーリーグのテキサスレンジャースに移籍した前日本ハムのダルビッシュが今日のマリナーズ戦に先発登板をした。
初回に4点と2回に1点の合計5点を取られたものの3回以降は無失点に抑え、味方打線が3回に同点、4回には逆転してくれたので6回途中で降板したが初勝利を飾って(?)いる。
日本ハムにいた時も出足が良くないのが特徴だったが、メジャーに行ってもその癖が出てしまったようだ。
結局5回と2/3を投げて8安打5四死球で5失点というのがメジャー初登板の記録となった。
次回の登板はもうちょっと良い内容を期待したい。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。