今日も一台回収してきたけれど

現場のレーザープリンタが不調になったということで、新しいプリンタを手配していた。
それが今日になって届いたので現場に赴いて設置作業をし、古いほうを回収してきた。
不調になったのは古いLBP-1610で、時折サービスコール「5F-51」が出るようになったもの。
レーザーユニットの不調ということなのだが、一度中古のレーザーユニットと交換しており、今回不調となった際にもミラーを清掃したところ一度は復旧した。
とはいえ既に古い機種なのでCanonがキャンペーンをしていて安く新品のLBP-8610が買える内に購入することにした。
見たところ定着ユニットはまだ使えそうで、レーザーユニットさえ交換すれば使えるかとも思ったが、用紙の搬送部分のベルトの1本が切れており、そのパーツは手元に予備が無いので業者修理となってしまうこともあり新品購入となった。
他の現場にはまだ現役で使われているLBP-1610もあるので、定着ユニットと使いかけのトナーぐらいは外してストックしておき、後の部分は廃棄かな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

あれ?LCDのライン抜けが無くなっている?

数ヶ月前に札幌のPCショップでジャンクのDELL INSPIRON 6000を購入した。
ジャンク扱いの理由は液晶にライン抜けがあるということで、店頭で確認させてもらった時にもはっきりとライン抜けが確認できた。
不思議なことに常時ライン抜けがあるわけではなく、稀に問題無く表示されることもあった。
それほど太いライン抜けではなかったのでそのまま使っていたが、ここしばらくは使わずにいて、先週末に久々に電源を入れてOSを入れなおしたらライン抜けが見当たらなくなっていた。
そのまま三日ほど経過したがライン抜けは発生していない。
特に修理をしたわけでもないのに直ってしまったようだ。

それにしても不思議だ・・・・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

clockコマンド

linuxでシステム時刻とCPU時刻(BIOSの時刻)は別物であり、起動時はCPU時刻を基準としてシステム時刻がセットされる。
#linuxに限らずWindowsOSでも同様。
CPU時刻はPCの内蔵時計の時刻だが、この時計が思いのほか精度が悪い(笑)。
なので一度起動するとしばらく止めることの無いサーバの場合、気付くとかなり狂っていることがある。
linuxには時刻を自動で合わせてくれるntpという仕組みが用意されていて、ディストリビューションによってはデフォルトでインストールされる。
これはタイムサーバと呼ばれる時刻の基準となるサーバとシステム時刻を同期してくれる仕組み。
ただ、ntpで修正されるのはシステム時刻だけで、CPU時刻は修正されない。
そのままではシステム時刻とCPU時刻が大きく乖離してしまい、再起動になかなか時刻の同期がされないことにもなりかねない。
多くのシステムではシャットダウン時にCPU時刻をシステム時刻に合わせるように動作するが、これはシャットダウン時に呼び出されるスクリプト内で実行されている。
それでも不意の電源断等でシャットダウン処理がされない場合はCPU時刻とシステム時刻は同期しない。

任意のタイミングでCPU時刻をシステム時刻に合わせるためには”clock”コマンドを使うことになる。
このコマンドはオプションを何も付けないで実行すると現在のCPU時刻を表示してくれる。
システム時刻をCPU時刻に設定するにはスーパーユーザーで
#clock -w
と”-w”オプションを付けてclockコマンドを実行するだけ。
これでCPU時刻とシステム時刻が”ほぼ”一致する(コマンド実行のオーバヘッドがあるので完全に一致はしない)。
長期間動作させるサーバでは一日に一度程度このコマンドを実行するのが良いと思う(crontabに登録すれば簡単)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

またまたntpでタイムサーバと同期できないサーバがあった

以前にもntpでタイムサーバと同期できないサーバが有り、なんとか同期を取れるように出来た。
今回久しぶりに触ることになったサーバも時刻同期が取られておらず、1時間近くも時計が狂っていた。
見るとntpデーモンは動作しているが、/usr/sbin/ntpdcで見るとタイムサーバ(ローカル)と同期が取れていない。
設定ファイル(/etc/ntp.conf)を見てもサーバの指定に特に間違いは無かったが、そのサーバ名が/etc/hostsに書かれておらず名前解決が出来ない状態だった(爆)。
「なーんだ、これが原因かぁ」
と思ってサーバ名とIPアドレスを書き加えてntpdを再起動したが相変わらず同期が取れない。
/usr/sbin/ntpdcで確認するとタイムサーバからの応答が来ないようで、”receive timestamp:”の部分がいつまで経ってもオール”0”のまま。
他のサーバからは問題無く指定したタイムサーバと同期が取れているので、タイムサーバ側の問題とも思えない。
不思議なことにntpdateコマンドでは同期できるので、123番ポートが塞がっているとか、パケットがフィルタリングされているとかでも無い。
/usr/sbin/ntpq -p タイムサーバ名
でもタイムサーバ側が親サーバと同期している状態が見える。
なので、プロトコルやネットワークの問題では無く、件のサーバのntpdの問題のように思われる。
ntp.confで指定するセキュリティがきついのかとも思ったが、/etc/ntp.conf内にはそもそも”restrict”で始まる行が無い(全ての接続を許可している状態)。
駄目元でntpのセキュリティ設定を他のサーバと同様に設定してみたがやはり同期できないorz
うーん、一体どうなっているんだろう?
とりあえず大きな狂いはntpdateで直したからもうしばらく悩んでみるかぁ(爆)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Pentiumの箱に入ったCeleron?

IntelからLGA1155対応Celeronの新モデルが発売になったが、なんとパッケージがPentiumのものだという。
発売されたCPUはシングルコアのCeleron G460で動作クロックは1.8GHzでHT対応、L2キャッシュは下位モデルに当たるG440の1.5倍となる1.5MBというのが主な仕様でTDPは35W。
不思議なのはパッケージがCeleronのものではなくPentiumのものであること。
インプレスの「AKIBA PC Hotline!」の記事内にある写真を見るとたしかにPentiumのパッケージが使われていて、外装に印刷されているスペックには2コア2スレッド等Pentiumの仕様が書かれている。
型番はCeleron G460と印刷されているので、どのような理由でこんなパッケージになっているのか理由は不明だ。
恐らくはパッケージングのミスなのだろうがIntelの製品としては極めて珍しい現象だ(いや、別にAMDの場合は多いと言うわけでは無いが)。
もしかすると次回出荷分は今までのCeleronと同様のパッケージに変更されるかもしれなく、今回のパッケージは初回限定のプレミア物になるかもしれない(笑)。
実売価格も3,200円前後なのでコレクションとして買っておくのも良いかも(笑)。
使うつもりは無いけど札幌に在庫があったら買っておくかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ちょっとした工夫

ちょこちょこコメントを下さる千歳さんがご自身のブログで書いていたのが「モバイルバッテリー DE-U01L-4710」。
スマートホン等の充電に使える携帯用の充電池だ。
これの充電用/給電用のコネクタに工夫があり、充電用のコネクタがmicro-Bで給電用のコネクタが通常のAコネクタ。
つまりAコネクタ-micro-Bのケーブルが1本あればPCからの充電と本製品からスマートホンへの給電の両方に使えるというわけだ。
こういったちょっとした工夫で使い勝手が結構変わって来るんだよなぁ。
そこんとこをを判っていない製品もけっこうあるよね。
#mini-Bコネクタの製品に給電する場合はA-mini-Bのケーブルも必要になるから、実質的にmicro-Bコネクタ搭載製品用と捉えたほうが良い?。

ELECOM モバイルバッテリー リチウムイオン電池 4700mAh スマートフォン用 ブラック DE-U01L-4710BK
B0056XOFU2
ちょっと気になるレビューが載っていて、そのレビュアーによれば充電用のmicro-Bコネクタが破損しやすいとのことなんだけど、壊れないのがベストだけどこれは扱い方にもよるだろうからなんともねぇ、、、、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「NSX」後継の「コンセプトカー」をデトロイトショーに出展

自動車メーカーのホンダは来年1月にアメリカのデトロイトで開催される北米国際自動車ショーに「NSX」の後継となるコンセプトカー、その名も「NSXコンセプト」を出展すると発表した。
「NSX」はホンダが1990年に発売した本格派のスポーツカーで2005年に生産が終了している。
ボディがオールアルミということもあり発売時の価格はMT車が800万3千円と当時の国産車の中では飛び抜けて高価だった(AT車は+60万円とこちらはもっと高価だった)。
2005年に生産及び販売が終了しても人気は衰えず、ことある度に後継車の噂が出ていて、実際に開発中であることも公表されたこともあるが、リーマンショック等の影響で開発が凍結されていた。
その後も自動車雑誌等ではNSX後継車に関する記事が掲載されることもあったが、この度ホンダが初めて公式に後継車を発表することに関して発表した。
ホンダのサイトには具体的なスペック等は一切掲載されておらず、一部では3.5Lのエンジンと複数のモーターを併用するハイブリッド車ではないかとの憶測が流れている。
実際のスペック等はデトロイトショーである程度は明らかにされると思われるが、販売開始はさらに2~3年後になると思われるので、それまでの間に仕様変更が入ることは十分に考えられる。
どのようなものになるにしてもホンダ自身が「スーパースポーツ」と謳っている以上、かなり期待されるモデルになることは間違いないと思われる。
ホンダが発表の場として東京モーターショーではなくデトロイトショーを選んだのにはメインマーケットを北米と考えている等いろんな理由があるのだろうが、日本で発表されなかったのは少々残念。
それでもやっと発表される「NSX」後継車なので来年が楽しみだ(発売されても買えないだろうけど)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

一旦下げ止まったかな?

先週末に秋葉原の一部のショップでDDR3メモリの8GB2枚セットが9,000円切りの8,980円で販売されたとのことだが、これは数量限定の特価品で、通常価格はほぼ先々週末と変化がない模様。
販売が始まってから毎週のように値下がりしてきた8GBモジュールだけど、ここにきて値下がりにブレーキがかかった感じだ。
と言っても今週末にはどうなるか判らず、もしかするとまた値下がりが始まるのかもしれない。

4GBモジュールも一時値段が停滞した後で再度値下がりが始まったので、8GBモジュールでも同じことが起きないと言うことは出来ないと思う。
今後数週間は価格動向から眼を離せないか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

このまま根雪かな?

札幌は11月の30日からずっと雪が積もっていて、このまま融けないでいると根雪の初日が11/30ということになる。
これは平年に比べ4日早いということになる筈。
今年は初雪が随分と遅く平年よりも18日も遅かったけど根雪になるのは早いなぁ。
積雪量は今日の時点ではほぼ平年並みで、正午の時点で16cmとなっている(平年値は15cm)。

年末にかけての雪の量はどうなるんだろうなぁ?
数年前には年末に帯広に行く際に大雪で道央道も道東道も通行止めになって、国道274号線をずっと通って行ったことがあり、途中で数台路肩から落ちている車を目撃している。
今年はせっかく道東道が全通したのでそれを通って行きたいなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

またまたsendmailの設定を見直した

2008年11月18日の記事「sendmail」ではsendmailにDNSサーバを参照させない方法を書いた。
たまたま別のサーバのメンテをしていて、root宛のメールが大量に滞留していたので見てみると宛先のサーバ名が引けないで送信できずに残っているものだった。
しかもこのサーバではsendmailを始めとするMTAが動作しておらず、メールを出そうとしても送信queueに溜るだけだったorz

そこで送信先のサーバ名を/etc/hostsファイルに追加して(ローカル環境なのでhostsファイルに書けば十分)、MTAとなるsendmailにDNSサーバを参照させないように
hosts files
の一行だけを書いた
/etc/service.switch
ファイルを準備し、sendmail.cf内の
#O ServiceSwitchFile=/etc/service.switch
の行頭の”#”を削除(コメントアウトを外)して有効化し、sendmailを再起動した。
これで件のサーバが出力するメールは無事に目的のサーバに届くようになった筈だったが、最初は正しく設定したはずが何故かきちんと配送されずに「???」だった。
そこでsendmail.cfを見直すとservice.switchファイルの場所を間違って記述していた。
再度sendmail.cfを修正してsendmailを再起動したところ無事に届くようになった。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。