ケースを交換した

D510MOを入れていたケースがMicro-ATX用で多少大き過ぎたので、昨日の帰りにショップに寄ってMini-ITX用の小さいケース(サイズ SCY-402-ITX-BK)を買ってきた。
帰宅後組み替えたが、安価なケースなので、仕上げが粗くて指を数箇所切ってしまった(笑)。

今まで使っていたケースと重ねたところ。

今まで使っていたケースと重ねたところ。体積比だと半分も無いかもしれないくらい小さい。下のDVDドライブと比べてもサイズが小さいのが判ると思う。


このケースは右側面にサウンドポート(ヘッドフォン出力とマイク入力)、USBポート2つ、SDカード&メモリスティックリーダを備えている。
正面右側にある各種ポート

正面右側にある各種ポート。向かって左側が上になる。


ところが、2つあるマザー上のUSB用ピンヘッダの内1つは半分がNCなので、実質3ポートしか使えない。
そのため写真で見えているポートの内使えるのは左側の1つとカードリーダー(SDカードの部分のみ動作確認済み)だけで、右側の一つは使えない状態。
フロントパネルから出ているUSBのケーブルのコネクタを改造すれば使えるようには出来るだろうが、今はそこまでする気が起きない。
マザー付属の説明書の一部。

マザー付属の説明書の一部。青枠で囲ってあるのがUSB用のピンヘッダ。左のピンアサインを見ても片方は1ポートのみサポートだということが判る。


ケースのUSBケーブルのうち1本のコネクタは1ポート分のみが配線されているが、ちょうどマザー上のコネクタのNCのピンの部分に配線されているため、接続しても認識されない。
この配線を入れ替えれば使えるようになると思うんだけど・・・・・・
それでもこのケースは小さいながらも5インチベイが1つと3.5インチベイ(シャドウのみ)が1つあり、1インチハイトの光学ドライブを取り付けることが出来るので選んだ。
電源は300WのSFX電源が内蔵されているが、ファンの音が結構気になるレベル。出来れば静音電源と交換したいところ。
小さいので仕方が無いが、内部が狭いのでエアフローに気を付けないと熱による障害が発生する恐れがある。
一応8センチないしは6センチのケースファンを取り付けることは出来るが、今回は取り付けなかった。
今回はTDP13WのATOM(D510)なのであまり心配無いが、TDPの大きいCPUを使う場合は光学ドライブは搭載しないほうが良いかも(CPUの真上を光学ドライブが占めるため)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Windows7上でのベンチ結果

1/7付けのD510MOと他のPCのベンチ結果にD510MOでHDベンチを実行した結果を載せたが、WindowsXP上での結果なのでWindows7上でも実行してみた。
下がその結果。

  ALL   浮    整    矩    円   Text Scroll DD  Read Write Memory Drive
38091 77409 89899  3646  4611  6323   218  13 108935 13689 67733  C:10MB

この結果を見ると演算系のスコアは4%弱の低下にとどまっているが、描画系はスコアの落ち方が大きく、50%~90%もスコアが落ちている。
DISK系は1度しか実行していないのでXPでの実行時と環境が違い比較が出来ない。
演算系のスコア低下はOSによるCPU負荷が大きくなっているためかと思われるが、描画系は明らかにドライバの関係と思われる。
2010/01/22現在IntelのサイトにはD510MO用のWindows7 64bit版対応ディスプレイドライバが無いので、付属してきたCDにあるのを入れたが、正式に対応しているものでは無さそうだ。
早いところ正式対応版が欲しいところだ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

D510MO付属のドライバCD

IntelのD510MOで組んだPCにドライバをインストールした時は付属してきたCDから入れたけど、一緒に入っていた(Adobeじゃなく)Acrobat Readerのヴァージョンが’5’だった。
一体いつから使ってるんだよ。
対応OSの中にWindows98でも入っているのか?(笑)
#公式にサポートしているOSはXp以降
いくらなんでもメジャーバージョンが4つも古いものを入れるのって一体何故?
それにしても64bit版Windows7用の内蔵GPUのドライバがダウンロードセンターに無いのは何故だろうか?
付属CD-ROMからインストールしたときには警告が出たのを無視してインストールして無事に動いているけど、単にMicrosoftの検証が済んでいないだけか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

晴れてきた

昨日は気温が上がったが天気は悪かった。
最高気温は5度を超えたけど、昼間から夕方にかけては雨が降り、夜には気温が下がり雪が降っていた。
昨夜だけで18cmの雪が降ったらしい。
今朝方まで降っていた雪だが、今はやんでいて青空が見えている。
でも気温は下がり札幌の最高気温の予想は氷点下4度と昨日より9度も低い。
昨日の昼間は雪が融けたが、夜の間に凍って滑りやすくなっているのではないだろうか?
窓から見える道路も雪が積もっていて意渋滞気味だなぁ、、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

7度ぉ?!

今日の札幌の最高気温予想がなんと7度!
昨日は晴れて最高気温がプラスになって幹線道路の雪が融けて路面が見えていたが、今日は北にある低気圧に向かって暖気が流れ込むので雪が降りやすい天気になりそう(実際今は曇っている)。
この暖気で先週末に降った大量の雪が融け、屋根からの落雪や山では雪崩がおきそう。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

D510のエクスペリエンスインデックス

D510MOで組んだPCに昨夜Windows7をインストールした。
で、早速エクスペリエンスインデックス値を測定してみた。

D510MOのエクスペリエンスインデックス

D510MOのエクスペリエンスインデックス値の表示。流石に良いとは言えないが、使えないことはない程度。


上がその時のスクリーンショット。HDDとメモリはそこそこの値だが、プロセッサとグラフィックスの値が低いことが判る。
それでもWindowsAeroが動くレベルなので、3Dゲームとかをしなければ使用に支障は無いと思う。
GOMプレイヤーでのAVIファイルやmp4のファイルの再生も試したが、コマ落ちも無く快適に見ることが出来た。
実はOSをインストールした直後にも測定したが、その時はグラフィックスの値が両方とも”1.0”だった。
マザーに付属してきたCDからドライバをインストールしたところ上のような値となった。

後はホームグループの作成が上手く行けばといったところかな?

このPCの構成はマシン環境(サブマシンその10)参照。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Windows7を買う時に

今日(すでに昨日か)Windows7のHome Premiumを買った時に店員さんが「Xpモードはいらないんですか?」と聞いてきたが、既にProをインストールしてあるPCはあるし、そもそも「Intel Virtualization Technology」に非対応のATOM D510を載せたマザーで使うから、Xpモードは動かせない訳で不要なんだよね。
メモリは2Gしか積んでないけど、快適に動いてくれるのかなぁ?<Windows7

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

売り切れてた・・・・・

1/15の記事に書いた9800円のVISTAを買いに行ったところ、なんと売り切れていた・・・
やはり出物は見つけた時に買っておかないと駄目かなぁ、、、、迷ったのが敗因か。
仕方が無いのでWindows7のHome Premiumを買ってきた。
これを先々週買ったIntelのD510MOで組んだPCにインストールするつもり。
最初は32bit版を買うつもりだったが、何故か64bit版を買ってしまった。
まぁ今後は64bitOSが主流になるからよしとしようか(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

大雪一転

札幌は今朝方まで雪が降っていたが、今は青空が見えるすっきりとした晴天。
降った雪に日の光が反射して非常に明るい。
気温は11時現在でも氷点下5.9度と低いが、そのほうが路面が滑りにくくて助かる。
札幌は晴れたけど、隣の江別ではまだ降り続いているようで、市内の各所で除雪が遅れているとのこと。
いろんな所で車が雪に埋まって走れなくなって大変なことになっているそう。
窓から遠くを見ると北のほうには雪雲が掛かっているようだ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。