More from: D40

バッテリーは生きていた・・・

先日ダメになったと思っていたNIKONの「D40」用のバッテリー「EN-EL9」は生きていた。
新しく買ったのを充電しようとして古いのも充電を試したところ充電が始まった。
先ほど充電が終わっていたのでカメラに入れて電源を入れるときちんと動作した。
まぁダメになったと思っていたのが使えるというのはありがたいんだけどねぇ、、、、、
新しいのは予備にすれば良いかぁ(汗)
ん?それとも新しいのを常用して古いのを予備にするのもアリか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

バッテリーは生きていた?

先日、NIKONの「D40」を使おうとしたらバッテリー切れで、充電しようとしても充電器のインジケーターが点灯せず、バッテリーがダメになったと思って新品を注文した。

今日、届いたので先ずは充電と思って充電器にセットしてみたらこちらもインジケーターが点灯しない(汗)。
外れ品が来たかと思ったが、充電器の電源ケーブルをさらに押し込んでみたりしているうちにインジケーターが点滅を始めてくれたので一安心。
そこで思ったのが「実は前のバッテリーも生きているのでは無いか?」ということ。
実際に前のバッテリーを充電器に入れて少し強く押さえたところインジケーターが点滅を始めた、、、
実際に使えるかどうかは不明だけど、通電しなくなっているわけではないらしいな・・・
もし生きていたら今回買ったバッテリーは予備ということになりそうだ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

バッテリーが死んでたorz

手持ちのNIKONの「D40」の電源が入らないorz。
開放F値の小さい(=明るい)レンズを使おうとしたんだけど、手持ちで一番明るいのはフィルム時代の50mmのF1.4で、NIKONの非AiとPENTAX-Mの2本。
NIKONの非Aiレンズが付くのは「D40」しかないので、久しぶりの出番となる筈だった。
ところが電源が入らないのでバッテリーが上がっていると思って充電器に入れたが、充電中のランプも点滅しない状態。
テスターでバッテリーの電圧をあたってみたら、ものの見事に”0V”(汗)。
予備のバッテリーも無いので、新しいのを買うしかないなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。