More from: CANON

もう「6D2」の中古が出てるか・・・

札幌市内の中古カメラショップにCanonのフルサイズ機「EOS 6D Mark II」のボディが入荷している。
今年発売になったばかりの新機種と言うことで価格は高め。
それでも新品よりは1割ちょっと安いというちょっと微妙なところかな?
発売直後から評価が分かれている機種で、手放した人も期待と違っていたと感じたのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

まだ面倒なところが壊れたものだ・・・

Canonのカラーレーザー「LBP-5910」のトナーが切れたとの警告が出たというのでトナーを交換したが一向に警告が消えず、全く印刷出来なくなったとSOSが来た。
最初は部下が対応していたので任せていたんだけど、こちらの手が空いたので様子を見に行くと結構面倒なことになっていた。
部下の報告ではトナー収納部にあるギアが外れてしまい、本来連動する筈のギアと連動しなくなっているとのこと。
私も目視で確認したが、他の色のトナー収納部と比較すると明らかにギアの取り付け角が狂っている。
単に外れているだけなら直せないかと思って弄ってみたが、2枚のギアを連結しているシャフトが折れている様で部品交換が必要。
このギアがきちんと回転しないのでトナーを装着した際に開くはずのトナー側の蓋が開かず、プリンタ内部(正確にはドラム内部)にトナーが供給されずトナーを交換しても”トナー無し”の状態のままになっていると思われる。
修理業者さんに修理の見積もりをお願いしているけど、下手をすると中古を買ったほうが安上がりかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS M」に”Kiss”が登場?

海外のBluetooth認証機関にCanonの「EOS KISS M」と「EOS M 50」という機種が登録された。
名称からして同社のミラーレス機「EOS M」シリーズの新機種と思われるが、片方には”KISS”と付いているのでエントリー機用の名称と思われ、もう片方の「M50」は「EOS M5」の下位機種用の名称と思われるが、同一機種なので「M50」のほうは海外向けの名称かと。
「EOS M」シリーズのエントリー機には「EOS M100」があるし、「M50」という名称から「EOS KISS M」は「EOS M5」のような一眼レフタイプのボディではないかな?
価格にもよるけど、ボディのみ価格が5-6万円台、標準ズームキットで8万円以下なら結構売れるかも?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 キヤノン EOS M5 EF-M18-150 IS STMレンズキット
価格:122784円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今度は「ゴーヨン」とか

市内の中古カメラショップにCanonの超望遠レンズ「EF500mm F4L IS USM」が入荷している。
18年前に発売されたレンズとはいえ定価が98万円(税抜き)で現在でも人気のあるレンズだけあって、中古での価格も40万円近くと高価。
それでも中古で出てくるといつの間にか売れているんだよなぁ、、、
Canon 単焦点超望遠レンズ EF500mm F4L IS II USM フルサイズ対応
B004MKNBTG

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 7D2」が入っていたか・・・

市内の中古カメラショップにCanonの「EOS 7D MarkII」のボディが入荷していた。
”いた”と過去形なのは、既に売れてしまっているから。
現行機種の中古の割には安価な価格設定だったためか即座に売れてしまったようだ。
発売から3年が経過しそろそろ古くなっているが、モデルチェンジまでは間があると思われるので今の内に安ければ買っておくのもありかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「60D」が続けて入荷?

市内の中古カメラショップにCanonのデジタル一眼レフ「EOS 60D」が複数入荷している。
写真を見るとどれも左手側の端子カバーの一部が切り取られているのが見える。
以前、同じような「EOS 50D」が沢山ヤフオク等で出回ったが、それらは”プリクラ”に使われていたカメラだということらしい(制御と撮影データの転送をUSB端子経由で行うため、そのままではカバーが邪魔なのだろう)。
ということは、今回入荷したのも同様に”プリクラ”で使われていたボディなのだろうか?
それにしてはショット数が4-5万回と少なめのような気がするけど、札幌だとこんなものなのかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】 Canon EOS 60D EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS 付属
価格:79800円(税込、送料無料) (2017/11/2時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS kiss X90」は来年早々の発表?

海外の認証機関にCanonのデジタル一眼レフが登録されている。
サイズや生産国(台湾)、Wi-FiはあるがBluetoothは非搭載というから同社のデジタル一眼の中で最廉価モデルの「EOS kiss X80」の後継機だろうと言われている。
となると機種名は「EOS kiss X90」ということになるだろう。
気になるスペックに関しては情報が見当たらないんだけど、「X9i」「X9」を超えることは無いのは間違い無いだろうから、あまり食指が動くような機種では無さそう。
それでもCanonがいろんな機種に搭載しているデュアルピクセルAFを搭載して来たら、安い動画用カメラとして意外な人気が出るかも?
噂によると発表は2018年の早い時期になるらしい・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「PowerShot G1 X Mark III」は来週発表?

Canonのコンデジ「PowerShot G1 X Mark III」の詳細スペックと画像がリークした。
掲載されたサイトの記事を読むと、センサーが24MPのAPS-Cサイズになったにもかかわらず、現行のMark IIよりも小型軽量化されているらしい。
デザインもEVFが付いたためか一眼タイプになり、かなり現行とは異なる印象。
レンズは固定式ながら15-45mm F2.8-5.6 ISとEOS-Mの標準ズームと同じズーム域(換算24mm-72mm)で、開放F値が明るくなっている(EF-M 15-45mmは3.5-6.3)。
私の場合、サブ機がオリンパスの「E-PL6」+「14-42mm」なんだけど、あまりレンズ交換をしないので(一緒に40-150mmも入れてはあるけど)これの置き換えに良さそう。
とはいえ、予想価格が1200ドル程度となっているので、とても手が出ないね(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonのフルサイズミラーレス機は3機種?

海外のサイトにCanonのフルサイズミラーレス機に関する噂が掲載されている。
それによると3機種を開発中で、それぞれ
・EFマウント採用のレンズ交換式
・新マウント採用で小型のレンズ交換式
・レンズ固定式
だそうな。
現在のレンズ資産を一番活かせるのはEFマウントを採用することだが、ボディの薄型化には一番向かない。
新マウント採用ならば(EF-Mマウント改良だとしても)ボディ設計の自由度は上がるが、レンズも同時に新開発の必要があり、ラインアップを揃えるまで年月が必要。
どちらも一長一短あるが、私としてはどちらかというとEFマウント採用のほうが実現性があると思う。
新マウント用のレンズが揃うまではマウントアダプタで凌ぐというのもありかもしれないが、レフ機とミラーレス機をどちらも使うという人にとってはマウントが異なるというのはデメリットにしかならないと思う。
現在のEF-Mマウントレンズのラインアップの貧相さ(ズームレンズ4本、単焦点2本)を見ると、Canonが新たなレンズ群を早期に開発するとは思えないしなぁ・・・
さて、来年辺りに発表されるというこの噂のフルサイズミラーレスはどんな製品になって我々の前に現れるのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonはミラーレス用のフルサイズセンサーを開発中?

Canonがフルサイズのミラーレス機を開発中との噂があったが、今度はそのセンサーに関する噂が海外のサイトに掲載された。
それによると、噂のフルサイズミラーレス機に搭載されるセンサーは「5D4」のものでも「6D2」のものでない専用のセンサーになるということだ。
ミラーレス機となるとAFはCanonお得意のデュアルピクセルCMOS AFとなるのがほぼ確実だろうが、既に同方式を採用している両機種のセンサーではなく専用のセンサーを採用するということは、AF性能の向上が期待できるのではないかな?
この新センサーを採用するフルサイズミラーレス機は2018年中に発表されるということで、それより前にライバルのNIKONがフルサイズミラーレス機を出すとも書かれている。
来年が楽しみだね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。