More from: CANON

CANONの新型ミラーレス機の写真がリーク

デジカメの情報サイトにCANONの新型機の写真がアップされた。
アップされたのは「EOS M-50」とされる機種で、モデル名からは同社の「EOS M-5」の下位に当たる機種とも思える。
スペックもアップされていて、それによると映像エンジンがDIGIC8になり、動画も4Kとなるようだ。
連写速度も向上していて、単なる下位モデルでも無さそう。
写真では「EF-M 15-45mm」を装着しているので、マウントは噂されている新マウントではなく、従来通りのEF-Mマウント。
ここまでの情報が出てきているのだから、発表はもうすぐ(今週中?)かも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

CANONがセンサーシフト式の手振れ補正の特許を出願してる・・・

先週のことになるが、CANONのセンサーシフト式手振れ補正の特許が出願されているというニュースがあった。
出願書類に載っている図を見ると、3軸の加速度センサーと同じく3軸の角速度センサーが搭載されている。
ということは、オリンパス同様5軸の手振れ補正が可能ということになりそう。
図面はコンデジの様にも見えるが、他にも噂されているミラーレスkiss辺りに搭載してくるのかな?
将来的には一眼レフ機への搭載も視野に入れているんだろうか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF20-35mm F3.5-4.5 USM」が入ったか

市内の中古カメラショップにCanonの古いズームレンズ「EF20-35mm F3.5-4.5 USM」が入荷している。
発売が1993年3月と言うことなので、もうすぐ25年ということになる。
各種レビュー等を読むと、周辺部分の減光や収差が気になるとあるが、APS-Cならそれほどでもないと。
逆光耐性も低いとあるが、私はゴーストは嫌いじゃ無いのである意味”味”として楽しめるかも?
APS-Cボディだと換算で32mm-56mmというレンジになるので、EF-Sレンズの付かない機種の標準ズームとして重宝するかもしれないな。
道理で25年も前の製品なのにそれなりのプライスタグが付けられているわけだ・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】キヤノンCanon EF 20-35mm F3.5-4.5 USM (レンズ)【291-ud】
価格:21578円(税込、送料無料) (2018/2/10時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

トナーだった

印刷すると決まった箇所に汚れが付くレーザープリンタ「LBP-8610」が手元に届いた。
最初に目を付けた定着ユニットを外してみると、シートの表面がかなり汚れている。
この汚れは印刷済みの紙(裏紙)を恒常的に使用しているために付着したトナーのカスと思われるので、綿棒等で注意しながら取り除いた。
定着ユニットを組み付けてテスト印刷をしてみると、症状は多少良くなったものの相変わらず汚れが着く。
再度定着ユニットを取り外して再清掃してみたが結果は変わらず。
となると怪しいのはトナー内部のドラムということになるが、見た目は特に異常が見られない。
それでも同じタイプのトナーがあったので、ものは試しと交換してみたらあっさりと直った。
どうもトナー内部のドラムの一部に目に見えない傷等があって、そこに余分なトナーが付着して汚れとなっていたようだ。
なんにせよ、修理を外部に委託しないで済んだのは良かったな(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

定着ユニットかなぁ?

現場のレーザープリンタの1台で印字面に斑点状の汚れが付着するようになったと連絡があった。
機種はCanonの「LBP-8610」で、トナーのドラムを見て貰ったところ、特に斑点状の汚れは無いとのことなので、これはおそらく定着ユニットのシートの傷みでは無いかと思われる。
後でこちらに持ち込んで貰うことになりしの時にチェックしてみて定着ユニットの傷みだったら修理するか、それとも買い替えるかの判断を仰ぐことになりそう。
この定着ユニットはメーカー価格が23,480円(税抜き)もするうえ、ユーザー交換部品では無く修理業者に交換作業を依頼しなければならないので工賃を入れると最低でも4万円弱かかってしまう。
探すと中古で売られているのがあったけど、この手のパーツは中古は怖いんだよなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

楽天で8GBのSDHCを探したら(笑)

古いデジカメで使うメディアを探していて、楽天市場で”SDHC 8GB”をキーワードにして検索してみた。
大抵は数百円から高くても2千円以下なんだけど、その中に8万円を超えるような商品も・・・
価格だけを見ていたのでビックリして商品をよく見ると、デジタル一眼レフ(「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」)だった。
どうやら”オマケ”として8GBのSDHCが付くらしいんだけど、そもそも8GBでは足りないんじゃないのかな?ショップの不良在庫処分のような気もする(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonもフルサイズミラーレスを近々発表か?

デジカメの情報サイトでCanonが来月発表する機種に関する噂が流れている。
それによるとCanonが来月発表するミラーレスに関して、流通業界幹部に向けての発表会の招待状を配布しているとのことで、そこにはマウント内部を切り抜いた新型カメラの姿が印刷されているとのこと。
ネット上ではこれがミラーレス版のkissでは無いかとか、フルサイズミラーレスでは無いかと囁かれている。
そのマウントはEF-Mでは無く、新マウントであろうとも言われている。
NIKONがフルサイズのミラーレス機を発表するのは秒読みと言われているので、それに対抗してCanonも即座(もしくは同時)に出すのでは無いかということらしい。
それに対する意見として、最初はエントリー機(kiss)で新マウント機を出しておいて、後で上級機(フルサイズ含む)を出すのでは?という意見もある。
どちらにしても来月の内に発表されるらしいので、それまではいろいろと妄想して楽しむのが良いかな?(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

”Lレンズ”が公売対象になっている

ヤフオクを見ていたら、Canonの「EF 24-105mm F4L IS USM」が出品されていた。
これだけなら珍しいことも無いんだけど、出品者が自治体で公売オークション形式として出品されている。
見積もり価格が中古品としてもかなり安い額(15K円強)なので、入札者が殺到しそうな感じ。
ただ、写真を見る限りでは状態はあまり良くないみたいだなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】 Canon EF 24-105mm F4L IS USM
価格:67800円(税込、送料無料) (2018/1/22時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」がまた入ったか

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C用高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」が入荷した。
このレンジには最新の「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」があるが、私にとってはどちらかというとSTMのほうが気になる(安いし)。
ちょっと欲しいけど、いきなりは買えないなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。