More from: 日本ハム

栗山監督が来季も続投!

北海道日本ハムファイターズは今年で契約が切れる栗山監督と1年の契約延長をすることで同意したと発表した。
今年で7年目のシーズンだったが昨季終了後に大谷を始めとして複数の主力選手が他球団へ移籍し、正直って今季はBクラスだろうと思っていたが、七月までは埼玉西武と首位争いをする等健闘し、最終的には3位のAクラスを確保。
これは選手たち自身の頑張りはもちろん、監督の選手起用も良かったと考えられる。
特に若手の起用が多くなり、選手の世代交代が順調に進んでいるとも言える。
今回の契約延長で来季も指揮を取って貰えることになったわけで、来季は今季以上の結果を残してくれることを期待したいな!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、今季の試合日程を全て終了

プロ野球パシフィックリーグのクライマックスシリーズ第1ステージの最終戦が昨夜行われ、北海道日本ハムファイターズは福岡ソフトバンクに2ー5で敗れファイナルステージへの進出はならなかった。
これで今季のファイターズの試合は全て終了。
今季は大谷等が抜けて戦力的に昨季よりかなり落ちたと感じていたが、それでもAクラスを確保してくれたのは期待以上だった。
来季は中田がFAでの移籍が濃厚なので、今季よりも打線の戦力低下が考えられる、、、、、かな?
そこを今季伸びて来た横尾や近藤が補ってくれることを期待したいな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

三回を終わって1-1か

プロ野球パシフィックリーグのクライマックスシリーズ第1ステージは今日が最終戦。
この試合に勝った方が西武とのファイナルステージに進むことが出来る。
試合は四回の表のファイターズの攻撃中で、三回までは1-1の同点。
どちらもソロ本塁打による得点で、ファイターズが勝って次に進んでほしいけど、まだまだこの後の展開は読めない状態だなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが逆王手!

プロ野球パシフィックリーグのクライマックスシリーズ第2戦が福岡で行われ、昨日敗れて王手をかけられていた北海道日本ハムファイターズが4-2で福岡ソフトバンクを破り1勝1敗のタイとして第二2ステージ進出へ逆王手をかけた。
2-2で迎えた八回の表に二死から西川が二塁打で出ると、続く大田がフルカウントまで粘り左中間を抜ける二塁打を放ってファイターズが勝ち越し。
さらに続く近藤の二塁打で1点を追加しこの回2点を勝ち越した。
この2点を宮西と石川直が守り切りファイターズがこのシリーズ初勝利。
第2ステージ進出へ望みを繋いだファイターズ、明日の第3戦に勝って埼玉西武との第2ステージに進んで欲しい!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、CS初戦は逆転負け

北海道日本ハムファイターズはクライマックスシリーズ第一ステージの初戦を3-8で落とした。
初回に近藤の本塁打で先制するも、先発の上沢がその裏に6安打を浴び、その内の1本が満塁本塁打でこの回合計5点、三回裏にも安打の走者を置いて2点本塁打を浴び合計7失点で万事休す。
打線も五回以降は僅か2安打に封じられ反撃も出来ず。
せめてもの救いは四回以降に登板した救援陣が1失点(それも暴投による)にとどめたことかな?
僅か3試合の短期決戦なので、この試合のことは忘れて次の試合に臨んで欲しい!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、3連勝でレギュラーシーズンを終了!

北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームで今季のレギュラーシーズン最終戦を戦い、千葉ロッテに5-4で勝った。
これで3連勝でレギュラーシーズンを終えたことになり、シーズンの順位は3位でクライマックスシリーズ(CS)への進出が決まっている。
今季の初めには大谷が抜けたこともあってAクラスは無理かと思っていたが、一時は埼玉西武と首位を争う等好調で優勝も期待された。
ところがオールスター明け頃から負けが混みだし、八月以降は貯金を減らし続けて順位もソフトバンクに抜かれて3位に落ちてしまった。
幸い、4位以下とは差があったのでなんとか3位をキープできたが、後半は期待外れとなってしまった感は否めない。
出来れば札幌でクライマックスシリーズを戦って欲しかったところだけれど、進出してくれただけでも良しとしないとならないかな?

次はソフトバンクを打ち破って第二ステージに進んでくれることを祈ろう!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今日もすんなりとは勝たせてもらえないなぁ・・・

北海道日本ハムファイターズは今日がレギュラーシーズン最終戦。
すっきり勝って土曜日からのクライマックスシリーズ第一ステージに向いたいところ。
ところが今日は相手の千葉ロッテに初回から先行され、出だしからして良くない展開。
すぐに逆転し、さらに三回に追加点を入れて引き離しにかかるが、先発の上原が六回にこの日2本目の本塁打を浴びて1点差に迫られてしまう。
さらに八回には二死無走者から登板した宮西がいきなり二塁打を打たれた上に次打者を四球で歩かせてしまい、長打が出れば逆転されてしまう状況を作ってしまった。
試合は現在も進行中だけど、すんなりとは勝たせて貰えないねえ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、逃げ切って連勝

今季のリーグ戦3位が確定している北海道日本ハムファイターズは残すところ2試合。
今日と明日の千葉ロッテ戦で今季のリーグ戦は終了し、10/13の土曜日からは福岡でクライマックスシリーズ第一ステージに臨むことになっている。
そんな今夜の試合は5-4で勝って2連勝となった。
勝つには勝ったが先発投手のロドリゲスが五回までで3失点とはちょっと危なっかしい。
打線が四回まで5点を取っていてくれたから勝てたものの、これが間違っても負けられない試合だったら五回が終わるまでマウンドに立っていられたかどうか怪しいものだ。
この分だとクライマックスシリーズ第一ステージでの登板は無さそうだな、、、って登板間隔から考えても無いか(笑)。
明日はすっきり勝って福岡に勢いを持って行って欲しいね!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、連敗ストップ!

北海道日本ハムファイターズは仙台で東北楽天と対戦。
昨夜まで西武に3連敗していたが、この試合はなんとか勝って連敗を3で止めた。

ファイターズ先発の上原は初回に2点を先制されるが、打線が四回に3点を取って逆転。
直後のその裏に上原自らの失策で同点に追いつかれるが、五回に相手の失策もあって勝ち越し点を奪うことが出来た。
その後は両チームとも走者は出すものの無得点で結局4-3でファイターズが逃げ切って勝利。

残り試合が少ないこともあってファイターズは若手を中心とした布陣で臨み、先発選手で最も年上だったのは大田で28歳。
他は全て25歳以下で、中には清宮のような高卒1年目の選手もいた。
投手陣では八回裏にプロ入り初登板の北浦 竜次が2番手で登場し、この回を無安打1奪三振で見事なデビューを飾っている。

若手に少しでも経験を積ませようという監督をはじめとした首脳陣の考えは解るし、クライマックスシリーズまでに主力を休ませるのも当然と言える。
言ってみれば”消化試合”なんだけど、そこでも可能な限り戦力を向上させることが目的なので、この試合はうまくいったほうではないかと思われる。

残す試合は10日からの千葉ロッテ2連戦で、その後は福岡でのクライマックスシリーズ第1ステージ。
それまでの間に戦力を整えて是が非でも所沢での試合に行って欲しいね!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ三連敗orz

北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームで埼玉西武との今季最終戦。
先発の加藤が序盤から失点を重ね、3-7で完敗しこの四連戦を1勝3敗で終えた。
この結果今季の対西武戦は10勝15敗と大きく負け越すことになってしまったorz。
既にリーグ3位でクライマックスシリーズ進出は確定しているものの、第1ステージの対戦相手のソフトバンクに対して8/12以降七連敗を喫していて相性は最悪。
短期決戦とは言え相手のホームで戦うのでかなり不利であることは間違いない。
それでもなんとか第2ステージに勝ち進んで西武に雪辱して欲しいな!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。