More from: レンズ

「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷している・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷していた。
同社の「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」と比較するとズームレンジが望遠側に広く、明るさも明るい。
手振れ補正は無いけれど、こちらのほうが使いやすそう。
中古なので価格も手ごろで良いなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Canon レンズ EFS10-22/USM EFS10-22/USM
価格:91727円(税込、送料別) (2018/12/6時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

別のショップにも入荷している・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」が入荷したようだ。
先日別のショップにも入荷しているが、そちらよりも安い価格が付けられている。
新品よりは安いけど、半額までも下がっていないので中古としては高値感があるなぁ、、、

この新品の方が保証もあるしお買い得かも?(汗)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

パナの20mmF1.7か

市内の中古カメラショップにパナソニックの20mmF1.7が入荷している。
マイクロフォーサーズ用の単焦点広角レンズで、電動ズームの使いにくさに閉口している私が気になっているレンズの1本。
新品でも安いレンズだけど、サブのサブのようなカメラなのでちょっと躊躇ってしまうんだよなぁ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「EOS R」はエントリー機

CanonEuropeの人のインタビューによれば、「EOS R」は同社の「EOS 6D MarkII」の少し上に当たるモデルだとのことだ。
なるほど、それなら連写速度の物足りなさ等も判るような気がする(納得するかどうかは別として)。
また同インタビューでは2019年にRFマウントの”大三元レンズ”を発売し、同年にはEFマウントレンズの新製品は出ないとのこと。
新しいラインである「EOS R」を普及させるためにはレンズラインアップの拡充を優先するのは理解できるけど、レフ機の(特にAPS-C機)ユーザーの為にも旧めの「EF-S」レンズのモデルチェンジをして欲しいな、、、特に18-200とか・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「AF-S200-500/5.6E VR ED」が入っている・・・けど

市内の中古カメラショップにNikonの超望遠ズームレンズ「AF-S200-500/5.6E VR ED」が入荷している。
所謂”飛ぶもの系”やモータースポーツの撮影には人気のレンズらしく、既に引き合いが来ているようだ。
このレンズと「D500」の組み合わせだとFX換算300-750㎜相当になり、私の知人もこの組み合わせで山等で小動物を撮っているようだ。
開放F値が5.6通しと決して明るくは無いがその分軽く出来、先の「D500」のような新しいボディだとISO感度を高めに設定すれば高速シャッターを切れるから良いのかな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

F1.2トリオか・・・

Canonが来年にもミラーレス用単焦点レンズ「RF24mm F1.2L USM」及び「RF85mm F1.2L」を出すという噂がある。
もし本当に出たら現在ある50mmと合わせてF1.2トリオということになるが、揃えるには1M円ほど必要になりそうな気が・・・
一般庶民には無関係な話だなぁ・・・
それでもメーカーとしては高性能大口径レンズを出すことで一部のユーザーへのアピールにしたいんだろうな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

TOKINAの12-24mmが出てる・・・

ヤフオクにTOKINAの広角ズームレンズ「AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4」が出ているのを見つけた。
EFマウント用の広角ズームが欲しいのでちょっと食指が伸びている(汗)。
ググってみるとコーティングが改善されたII型のほうが逆光耐性が良いらしいのでその点が迷うところだなぁ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S17-55mm F2.8 IS USM」が出てた・・・

ヤフオクでEFマウントのレンズを見ていたら、APS-C機用の標準ズームレンズ「EF-S17-55mm F2.8 IS USM」が出品されていた。
新品だと10万円以上するこのレンズが中古ということで半額強の価格で出品されていたが入札件数は”0”。
ちょっと欲しい気もするけど、値段が値段だけにちょっと厳しいなぁ・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EF-S17-55mm F2.8 IS USM 《納期約3週間》
価格:105280円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)

楽天で購入

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの便利ズーム

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用の高倍率ズームレンズ「EF-S18-200/3.5-5.6 IS」が入荷してから結構経った。
APS-Cでは使いやすいレンジの便利ズームなんだけど、如何せん発売から10年も経った古めのモデル。
AFモーターがUSMでもSTMでもないDCモーターなので動作音が比較的大きい。
それでも現行モデルなので中古でもそれなりの値段が付いてしまうんだよなぁ、、、
そろそろ新しいのが出てくれないかなぁ?
18-135mmを持ってるけど、時々テレ側がもうちょっと長ければ、と思うことがあるんだよねぇ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

CanonがDOレンズを開発中?

Canonの”DOレンズ”というと回析格子の特性を利用したレンズで、これまでに3モデルが発売になっている。
ただ、その中の1モデルの「EF400mm F4 DO IS USM」は既に後継モデルの「EF400mm F4 DO IS II USM」に置き換わっているので現在販売されているのは「EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM」と合わせて2モデルのみ。
「EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM」の発売は2004年と古くそろそろ新モデルが出てもおかしくは無い頃。
そんなDOレンズの新製品が開発されているという話があるらしい。
事実2015年のCANON EXPOで「EF600mm F4L IS DO BR USM」が展示されているが発売にはなっていない。
このモデルが新製品として発売されるということなのだろうか?
まぁ、出ても普通の人には手が出せないほど高価なんだろうけど・・・そもそも”ロクヨン”なんて一般人には使いどころがないレンズだろうけどね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。