More from: バッテリー

バッテリーは生きていた・・・

先日ダメになったと思っていたNIKONの「D40」用のバッテリー「EN-EL9」は生きていた。
新しく買ったのを充電しようとして古いのも充電を試したところ充電が始まった。
先ほど充電が終わっていたのでカメラに入れて電源を入れるときちんと動作した。
まぁダメになったと思っていたのが使えるというのはありがたいんだけどねぇ、、、、、
新しいのは予備にすれば良いかぁ(汗)
ん?それとも新しいのを常用して古いのを予備にするのもアリか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

バッテリーは生きていた?

先日、NIKONの「D40」を使おうとしたらバッテリー切れで、充電しようとしても充電器のインジケーターが点灯せず、バッテリーがダメになったと思って新品を注文した。

今日、届いたので先ずは充電と思って充電器にセットしてみたらこちらもインジケーターが点灯しない(汗)。
外れ品が来たかと思ったが、充電器の電源ケーブルをさらに押し込んでみたりしているうちにインジケーターが点滅を始めてくれたので一安心。
そこで思ったのが「実は前のバッテリーも生きているのでは無いか?」ということ。
実際に前のバッテリーを充電器に入れて少し強く押さえたところインジケーターが点滅を始めた、、、
実際に使えるかどうかは不明だけど、通電しなくなっているわけではないらしいな・・・
もし生きていたら今回買ったバッテリーは予備ということになりそうだ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

バッテリーが死んでたorz

手持ちのNIKONの「D40」の電源が入らないorz。
開放F値の小さい(=明るい)レンズを使おうとしたんだけど、手持ちで一番明るいのはフィルム時代の50mmのF1.4で、NIKONの非AiとPENTAX-Mの2本。
NIKONの非Aiレンズが付くのは「D40」しかないので、久しぶりの出番となる筈だった。
ところが電源が入らないのでバッテリーが上がっていると思って充電器に入れたが、充電中のランプも点滅しない状態。
テスターでバッテリーの電圧をあたってみたら、ものの見事に”0V”(汗)。
予備のバッテリーも無いので、新しいのを買うしかないなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

これは”買うな”という意味かな?

楽天市場のとあるショップではモバイルバッテリーの商品説明に中のバッテリーセルのメーカー名を書いてあった。
そのメーカーは以前スマートフォンで連続発火事故を起こしている隣国の某メーカー。
うーむ、これは”買ってはいけない”という警告と受け取るべきのようだなぁ(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今でもそんな互換品が蔓延っているの?

通販サイトでデジタルカメラ用の互換バッテリーのページを見た。
そこには自社製の優秀性を謳う文言が並んでいるんだけど、そこには互換製品の欠点として「純正品とサイズが異なる」「出し入れが困難」との記述があり、そのメーカーは全製品の4-5%を実際にカメラに装着して試験をしているで大丈夫と書かれている(ふむ、全品検査じゃ無いのね)。
私も互換バッテリーをCanon/PENTAX/OLYMPUSのカメラで使っているけど、そんなひどい製品には当たったことが無い。
今でもサイズが違うなんていう低品質の製品が出回っているのかね?
もしそうだとしたら、私は当りが良かったということだな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

シガーライターソケットから”車のバッテリーを”充電できるモバイルバッテリー

現代の車は電子化が進み、駐車中でも電力を消費しているので、長期間放置するとバッテリーがあがってしまうこともある。
そうなるとJAFを呼ぶか他の車のバッテリーと自車のバッテリーをブースターケーブルで直結する等しないとエンジンがかからなくなってしまう。
そんな時に簡単にバッテリーを充電できるモバイルバッテリーがamazonで販売されている。
Lumsing カーバッテリー 充電器 12V車用 自動車 バイク バッテリーチャージャー 13500mAh モバイルバッテリー(ブラック)
B01M5DC5JP
このバッテリーは5Vと12Vの出力を持ち、アダプターを介して車のシガーライターソケット(最近は”アクセサリーソケット”と呼ぶらしいが)にプラグを差し込むことで車のバッテリーを充電することが出来るというもの。
説明によれば30分ほどの充電でエンジンをかけることが可能になるらしい(ただし12V車限定)。
そしてエンジンが始動すると反対にモバイルバッテリー側に充電することも可能なので、走行しながら消費した電力を充電しておけば再度バッテリーが上がってもそのまま車載側のバッテリーに充電することが出来る。
というか、そんなにバッテリー上りが起きるようならバッテリー自体が寿命なのかもしれないが。

5Vの出力を持っているので、スマホやタブレットの充電にも使える。
万が一に備えて持っておくのも良いかも。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

スマフォのバッテリーがヘタったなぁ、、、

昨日は私事で一日中外出していた。
スマートフォンも普段なら充電ケーブルをつないでおくんだけど、昨日はそれも出来ずにいたら、15時くらいには残容量が24%くらいまで低下。
機種はSharpのSH-01Fで、購入した当初(2014年6月)は殆ど使わずにいれば充電せずに丸四日ほどもったんだけどなぁ(汗)。
昨日は通話は殆どせず、ネットもあまり使わなかったんだけど、夕方までも持たないなんてねえ。
この機種はユーザーによるバッテリー交換は出来ず、ショップに預けてメーカー等での交換が必要で価格も高い。
そろそろ買い替え時かなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad X201sのバッテリー

一昨年購入したノートPC「ThinkPad X201s」のバッテリーがかなりヘタって来て、ACアダプターを接続しないとすぐに残量が減って安心して使えなくなってきた。
そこでバッテリーの買い替えを検討中だが、”安心安全”の純正品は現在6セル及び9セルの製品しか無い様で、価格も18K-20K円と高価。
ということで互換品を探してみると、これがまた玉石混合の様相。
実際に私も以前購入したThinkPad T60用の互換バッテリーが1年少々で寿命が尽きてしまったこともある一方、別のショップで購入したThinkPad X60s用のバッテリーは今でも元気だということもある。
要は買ってしばらく使ってみないと品質は判らないということだが、少なくともT60用のバッテリーを買ったショップでは買うつもりは無く、買うんだったらX60s用を買ったショップかな?と考えている。
そこでそのショップの商品を見ると、4セルも6セルも扱っているんだけど、4セルは国産のセルを使用、一方6セルのほうは中国製のセルを使用となっている。
価格は中国製のセルを使った6セルのほうが圧倒的に安いので、ちょっと迷っているんだけど、やっぱり国産セルのほうが安心できるよなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYの「CCD-VX1」

自宅にある録画済みの8mmビデオテープをDVDにダビングしようとしたが、再生に使ったカメラの映像出力が出なくて音声信号しか出力できない。
なんとか再生出来る機器を探していたらオークションに「CCD-VX1」というHi-8のカムコーダーが出品されていた。
バッテリーがヘタっていて再生動作等のチェックが出来ず、かろうじて電源の投入が可能だということしか判っていないというジャンク品。
手元にあるカメラとバッテリーやACアダプタの互換性があれば電源供給が可能だと思われる。
ちょっと互換性を調べてみるかな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。