More from: スポーツ

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、交流戦を勝ち越し!

北海道日本ハムファイターズは広島で交流戦の最終戦。
雨で流れた広島での試合のやりなおしとなったこの試合、初回に大田の2点本塁打で先行したファイターズが中盤と終盤にも得点を重ね6-2で逃げ切り最終戦を勝利で飾った。
これでファイターズの交流戦での成績は10勝8敗となりかろうじて勝ち越すことが出来た。
ファイターズは横浜DeNA以外の5球団には全て2勝1敗と勝ち越したが、横浜には0勝3敗で負け越したために増やせた貯金は2だけという結果になった。

パ・リーグ首位の西武が敗れたために交流戦での成績は同じ10勝8敗となり、リーグ戦でのゲーム差は交流戦前と同じ1のままとなった。
今週後半からはリーグ戦が再開されるので、先ずは仙台まで貯金を増やしに行って欲しいね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

楽天が勝ったか・・・

プロ野球パ・リーグの東北楽天は今季成績不振で遂に梨田監督が辞任することになった。
そんな楽天が今日の阪神戦には勝ったようなので、明日は楽天市場のポイントが2倍になるヴィクトリーセールがある筈。
今日にでもオーダーしようかと思っていた商品があるんだけど、明日にしたほうがお得だね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、連勝ストップorz

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームでヤクルトとの交流戦最終日。
勝てば5連勝となり交流戦優勝の可能性が残る試合だったが、1-5で敗れ連勝は4でストップした。

先発の加藤は五回まで6安打を打たれながらも1失点と粘りの投球を見せていたが、六回に捕まり3安打と犠飛を絡められて2点の勝ち越しを許してしまう。
それでも六回まで3失点とQSの条件はクリアしたが、いかんせん打線の援護が無く、毎回の12安打を放ちながら得点は三回の1点のみ。
六番に入ったアルシアが4打席とも走者を置いて打席に入り、4打数無安打3三振1併殺打とブレーキになってしまった。
特に勝ち越された直後の六回裏には一死から中田とレアードの連打で一二塁の好機を作ったが、ここでアルシアが三振、代打の矢野も凡退して無得点。
ここで1本出ていれば試合の流れも変わっていたと思われるので非常に勿体なかった。

今日の負けは負けということで反省し、明日の広島最終戦には是非とも勝って欲しい!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

東北楽天が梨田監督の辞任を発表

昨日(6/16)プロ野球の東北楽天が梨田監督の辞任を発表した。

今季の楽天はシーズン当初から成績不振で、五月中に早くも自力優勝の可能性が(一時的にであっても)無くなった。
一度は自力優勝の可能性が復活したものの、その後も負けが混みパ・リーグでは断トツの再開をひた走る羽目に陥っている。
今回の梨田監督の辞任はこの不振の責任を取るためと思われる。

梨田監督というと、北海道日本ハムファイターズを率いた2009年にはリーグ優勝をする等、在任4年間で3回Aクラスという成績を残したが、楽天では上手くはいかなかったということか。
64歳という年齢を考えるとまだまだ働けると思うので、休養後にはどこかの球団で現場に復帰してもらいたいな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ四連勝!

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームでヤクルト三連戦の二戦目。
初戦の昨日は終盤に打線が爆発し大勝し、今日勝てばカード勝ち越しが決まる。

試合はヤクルトが先制するも、直後にファイターズが近藤の本塁打で同点に追いついた。
その後は両チームとも無得点で試合が進むが、ファイターズは四回五回七回と得点圏に走者を送るも”あと一本”が出ず勝ち越せない。
この嫌な空気を吹き飛ばしたのが七番に入った横尾で、八回に一死無走者で打席に入ると初球をバックスクリーンに放り込みファイターズがようやく勝ち越し。
最終回のマウンドには6/13の阪神戦に抑えで登板し、不安定な投球で2点を失いながらもセーブを記録した有原が登った。
この試合も安打と四球で一死二三塁と一打逆転のピンチを招くが、次打者を三振に打ち取り、さらに捕手の鶴岡が三塁走者をけん制で刺して試合終了。
2-1で辛くもファイターズが逃げ切って四連勝とし、カード勝ち越しも決めた。

先発の村田が四回途中で降板したのは予定外だったろうが、緊急登板した井口をはじめ中継ぎ陣が相手打線に得点を許さなかったのが横尾の勝ち越し本塁打につながったのだろう。
この調子で明日も勝ってヤクルトをスイープだ!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ三連勝!

北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームでヤクルトとの交流戦。
三連戦の初戦となるこの試合を11-4で大勝し三連勝とした。

この試合、ファイターズが初回に中田の内野安打の際に大田が好走塁を見せ二塁から生還し先制。
二回には2四球と安打で得た無死満塁の好機に中島卓也が右翼線に走者一掃の適時二塁打を放ち3点を追加。
この調子で打っていけば楽勝という感じだったが、さすがに三回から六回までは安打1本に封じられてしまい、反対に五回に好投を続けていた高梨が捕まってしまい、連打を浴びて一気に4点を失い同点とされてしまう。
ここら辺りは交流戦好調で首位を走るヤクルトの勢いというものか。
高梨は結局六回表の先頭打者に安打を許したところで投球数が99球となり降板。
本来はもっと長いイニングを投げられる投手だが、先発復帰最初の試合ということもあったのかな?
それでも七回に先頭の清水が安打で出塁数と、二回に適時二塁打を放っている中島卓也が通算200個目となる犠打で送り、二死後に初回に好走塁を見せた大田の適時打で清水が生還しファイターズが勝越し。
八回には中田の16号本塁打で1点を加え、さらに連続四球で一二塁とし、二死となった後に3連続四球による連続押し出しでさらに2点を追加。
この二死満塁で前夜も八回に満塁から走者一掃の適時二塁打を打っている近藤がこの日も走者一掃の適時二塁打を放ち3点を追加し、この回一気に6点を追加し試合を決めた。
最終回は鍵谷が二人の走者を許しながらも無失点で締めて試合終了。
高梨は先発復帰の試合を白星で飾れなかったが、失点した原因を考えて次の登板に活かしてくれれば良いね。先発から外れていたのは有原でした・・・
また、この試合で中島卓也が通算200犠打を達成している、これはプロ野球41人目で現役選手では9番目の記録。
地味な記録だけど、この試合でも決勝点につながる犠打だったので、意味は大きいと思う。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

やるな!中田!

札幌ドームで行われている北海道日本ハムファイターズ対ヤクルトの第一回戦。
5-4でファイターズがリードして迎えた八回裏に先頭打者の中田が16号本塁打を放ち1点を追加、ファイターズのリードが2点になった。
1点差では本塁打1本で同点になってしまうから、できれば追加点が欲しい場面で期待通りに打ってくれるなんて、さすが四番打者だね!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、勝ち越し!

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームでヤクルトを迎えての三連戦初戦。
4点を先行するも六回に追いつかれてしまった。
それでも七回裏に大田の適時打で勝ち越し、直後の八回のヤクルトの攻撃をトンキンが三人で切って取り、八回表を終了して5-4でリード。
最終回のヤクルトの攻撃を抑えてこのまま逃げ切ってくれ!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ大勝!

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで阪神との三連戦の最終日。
結果は11-3で大勝しこのカードの勝ち越しを決めた。
ファイターズのカード勝ち越しは交流戦2カード目の中日戦以来で3カードぶり(その次の広島戦は1試合が雨で中止で1勝1敗の五分)。

先発のマルティネスが七回まで被安打6ながらも要所を締め無失点の好投。
打線は初回に中田の打球が相手野手の失策を誘い1点を先制。
その後は四回まで無得点だったが、五回に一死三塁の好機から中島卓也の犠飛で1点を追加すると、続く六回には中田の15号2点本塁打が飛び出し2点を追加。
さらに七回には打者8人を送り、大田と中田の適時2点二塁打で4点、八回にも満塁から近藤の走者一掃の適時二塁打が出て3点を追加し合計11点を取った。
この大量得点でファイターズの勝ちは決まったも同然だったが、残念なのは八回のマウンドを任された公文が福留に今季初被弾となる2点本塁打を浴び、さらに二人に安打を許して降板したこと。
最終回に登板した浦野も被安打こそ1だけど3四球を与えて1失点とピリッとしない投球。
大差がついた試合だから良かったものの、短いイニングを投げる中継ぎなんだからきちんと抑えて欲しかったな。

これで交流戦の成績も7勝7敗の五分に戻ったので、残りの4試合で貯金を増やして欲しいね!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。