More from: カメラ

バッグが届いた

先日もこのブログで取り上げたカメラバッグが届いた。
箱から出してみると大きすぎず小さすぎずで私にとっては程よい大きさ。
とはいえ問題は内容量で、実際にレンズを付けた一眼レフを入れてみた。
APS-C機しか持っていないがミドルクラスの「EOS 10D」「EOS 40D」「EOS 60D」にそれぞれ「EF28-105mm f3.5-4.5 USM」「EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS STM」「17-50mm F2.8 DC OS HSM」を付けた状態でなんとか収まった。
ところがこの状態だと空いたスペースに交換レンズを入れるのはちょっと難しいかな?
また小型機としてNIKONの「D40」に「AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6 VR」を付けた状態でいれてみると意外とレンズが長く、レンズ面を下にしないと「D40」の小ささを活かせない。
レンズ面を下にするとかなり余裕が出来るので、大口径の交換レンズもなんとか入りそう。

そもそも深さの関係で望遠ズームは入らないだろうから、ミドルクラス機は入れても標準ズーム+単焦点の組み合わせがせいぜいかと。
もしくは一眼レフ+標準ズームとパンケーキレンズを付けたミラーレスの組み合わせが丁度良いかも?
私は一眼レフ+標準ズームと状況によって予備バッテリー等もしくはミラーレスの組み合わせになるかな?
サイドやフラップにあるポケットにはメモリーカードや予備バッテリーを入れることになりそう。

荷物が多い時はカメラもリュックに入れているんだけど、子供と公園に行ったりする時はリュックだと大きいので、これくらいのバッグがあると便利だね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ポチってみた

先日もこのブログで紹介したカメラバッグを試してみたくてポチってみた。
商品写真等を見ると一眼レフでもエントリークラスしか入れていないが、私の使っている「EOS 60D」や「D7000」が入るかどうかを試してみたい。
これらのボディにレンズを付けたままで入り、さらにレンズ一本が入るなら当たりだと思う。
小型の一眼レフしか入らないようだったら「D40」か「K50」とレンズを入れようか。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Fマウント→EFマウントアダプタか・・・

私の手元には頂き物のFマウントレンズが何本かある。
そのレンズを使うためにFマウントのボディも中古で用意した。
とはいえメインで使うのはEFマウントのボディなので、マウントアダプタでの使用も考えたことがある。
たまたまヤフオクを見ていると安いアダプタが出ていたので、ちょっと購入を考えてしまったよ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「D7200」が入ってる!と思ったら

札幌市内の中古カメラショップの在庫にNIKONのDXフォーマット機「D7200」が加わっていた。
しかも信じられないくらい安く、前モデルの「D7100」どころか私も持っている「D7000」よりも安いくらい。
既に売れてしまっているが、詳細を見るとショット数が20万を超えている・・・
これだと何時シャッターユニットが逝ってしまうか判らないし、そうなったら修理が必要。
NIKONのサイトでシャッター不具合の修理費用をチェックすると概算だけど税抜きで26,200円と出た。
これに往復の送料がかかるので、だいたい3万円強というところかな?
うーん、これでシャッターユニットが新品になるのなら安いのかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ちょっと良さそうなカメラバッグ

楽天で良さそうなカメラバッグを発見した。
メッセンジャーバッグタイプなのにレンズつきの一眼レフと交換レンズを収納出来、さらに予備バッテリーやメモリーカードを入れる小物入れスペースもあるようだ。
購入者のレビューを読むと評価は高いし、価格も安いので一つ買っても良いかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ハチゴロかぁ、、、

CANONが新しいDOレンズの特許を出願しているらしく、その中には「800mm F5.6」「400mm F2.8」「200mm F2」の3本があるとのことだ。
800mmともなると通常の撮影では使うことはないだろうが、野鳥や航空機、スポーツ撮影では出番があるのだろう。
問題はその大きさと重さだけど、DOレンズは原理上色収差を完全に補正できるので、補正用レンズが少なくて済み小型軽量化が可能。
となれば現行の「EF800mm F5.6L IS USM」より小型軽量化されてくることが予想される。
現行ではおよそ4,500gもあるハチゴロが果たしてどれくらい軽くなってくるのかな?
ま、出ても買えないんだけどね(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今度は「K-3」

先だって市内の中古カメラショップにPENTAXの「K-5IIs」が入荷してすぐに売れてしまったが、今度は同じく「K-3」が入ってきた。
「K-5II(s)」の後継機種でセンサーやAFユニット等が全く新しくなった機種。
うーん、こっちの方が良いなぁ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

広角か高倍率か?

来週は週の前半から仕事を休みにして出かける予定。
と言ってもまだ行き先も決めていないんだけど(汗)。
で、持って行くカメラというかレンズで迷っている。
外ではあまりレンズ交換をしたくないので、出来れば高倍率ズームを持って行きたいところだが、生憎普段使っている「EOS 60D」に付く高倍率ズームを持っていない。
さらに景色も撮りたいのだけど広角ズームも持っていない(爆)。
以前からこの2種類のレンズは欲しいなと思っているんだけど、どうにも踏み切れず未だに購入していない。
高倍率ズームはSIGMAの18-250mmか18-200mm(Contemporaryライン)、TAMRONのB008TSE辺りが候補なんだけど、この際コストだけでTAMRONのB018Eにするのもありか?(どうせスナップだけだし・・・でも、後から見て画質に満足でき無さそう・・・)。
広角ズームはCanonのEF-S10-18IS STMかSIGMAの10-20mm F3.5 EX DC HSM辺りかなぁ?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM キヤノン用
価格:38394円(税込、送料無料) (2018/5/3時点)

ん?待てよ、Fマウント用だったらSIGMAの10-20mm F4-5.6と18-200mm DC OSがあるんだから、それをD7000とD40に付けて行けば良いんじゃないか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「K-5IIs」が入っていたのか!

市内の中古カメラショップの在庫にPENTAXの「K-5IIs」の名前があった。
「K-5II」からローパスフィルターを除いた機種で、気にはなっているがなかなか入って来ないモデル。
それが急に入荷したらしいんだけど、気付いた時には既に売れていた・・・
残念!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONのフルサイズミラーレスは今年度中に発売か?

NIKON社員がCP+でのインタビューに答えていて、それによるとNIKONはフルサイズミラーレス機を2018年度中に出す計画らしい。
先ずはエントリークラスからの商品投入とのことだが、今までのNIKONのやりかたとは異なるのが興味深い。
これまではハイエンドもしくはそれに準ずるクラスのモデルを市場に投入し、その後にスペック及び価格を下げた下位機種を投入してきたが、今度は他社がかなり先行しているので台数を稼げる機種を先に出すということか?
マウントも新マウントになることが明言され、従来のFマウントレンズはマウントアダプターで”完全に”AFが動作すると言っている。
ということはAFモーターが内蔵されていないAF-S以前のAFレンズもAF可能ということか?
となればマウントアダプターにAFモーターを内蔵するということになる(ミラーレスボディにモーターを内蔵するとは思えない)。
絞りに関しては言及が無いが電磁絞りレンズ限定だと使用できるレンズが非常に限られてしまうので、こちらも絞り動作用の機構をアダプター内部に持たせるのでは無いだろうか?
気になる価格だけど、エントリー機ということでボディとアダプターで20万円台半ばだったら売れるんじゃないかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。