今夜は雨?

札幌では朝方青空も見えたが、昼には青空の下に雨が降って来た。
それでも夜までは大丈夫かと思っていたら、今夜から明日の朝にかけて雨という予報が出た。
明日の午前中は降らないで欲しいと思っているが、どうやら雨は朝の内までらしいから、希望通りになりそうかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

米政府がカスペルスキー製品を排除

アメリカ連邦政府はロシアのセキュリティー大手「カスペルスキー」の製品を連邦政府機関の情報ネットワークから排除すると発表した。
ロシア政府による米政府のネットワークに侵入する可能性があると判断したため。
発表によると「特定の同社社員とロシア情報機関のつながりなどを懸念している。」ということで、断言はしていないがロシア政府による連邦ネットワークへの侵入を疑っていると思われる。

たしかにセキュリティー対策は疑うことから始まるわけだけど、こうまで大々的に発表するということはロシア政府他に対するある種のメッセージなんだろうな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

召喚でなかなか良いのが出ないなぁ(FGO)

スマートフォンゲームの「Fate/Grand order」で、なかなか良いサーヴァントが召喚出来ない、、、
今開催中のイベント絡みでの召喚や、”京まふ2017”出典記念のピックアップ召喚でもなかなか良いのが出ない。
それでも新しく始めたほうのアカウントでは「Fateぐだぐだオーダー」が一枚出たからまだマシかなぁ?(笑)
でも、出来れば元々のアカウントの方で出てくれればありがたいなぁ!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

一転して昨夜は完敗orz

一昨日の東北楽天戦は快勝したファイターズだけど、一夜明けた昨夜は千葉ロッテ相手にまさかの完敗、、、

先発の上沢が初回に4安打を集められ早々に2失点。
二回は安打を打たれるも後続を断って無失点だったが、三回には本塁打、四回には三塁打と適時打でそれぞれ1点ずつを失い計4失点で降板。
五回以降は玉井と村田が無失点に抑えただけに序盤の失点が痛かった。
打線も8安打を放ちながらも得点は最終回に横尾が前夜に続けて放った本塁打による1点のみ。
うーん、噛み合わないとこんな試合になるんだなぁ・・・

そんな中で六回から登板の村田が4イニングを被安打2、与四球2の無失点という好投を見せたのが収穫かな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ピーチのセール

関空を拠点に北海道から海外までの路線で旅客機を飛ばしている「Peach Aviation」が”PeachのもももももSALE!”と銘打って5週連続で格安航空券を販売している。
2週目の今週は四国九州沖縄便が安く、関空-松山線なんかは1,990円(火・水・木)から販売されている。
北海道発着の路線では、新千歳-福岡便が3,590円(火・水・木)または4,590円(日・月・金・土)で販売されている。
うーん、ちょっと福岡まで西鉄や地下鉄に乗りに行きたくなってしまうね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ大谷が復活勝利!

一昨日の火曜日、北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで東北楽天と対戦し7-0で快勝した。

ファイターズの先発は8/31以来の登板となる大谷。
今季は負傷の影響で初登板が7/12と遅れ、しかも僅か1回と2/3で四球を3つも出して4失点で敗戦投手となり、その次の登板となった前回も3回1/3で4失点で敗戦投手。
ところが今回の登板では六回二死まで被安打1で3四球と好投し、無失点で今季初勝利をあげた。
与四球は3で決して少ないとは言えないが、今までよりも長いイニングを投げられしかも無失点という結果を出せたのは良かった。
投球数制限のある中で四球が少なければ六回を投げ切ることも可能だったかと思うが、とにかく無失点だったいうのは収穫。
その大谷の好投を受けた救援陣も好投し最後まで無失点で楽天打線を抑えきった。

打っては中田不在(大谷もいない)の中で若手が活躍。
2年目の横尾が札幌ドームで初となる3号3点本塁打を放ち、西川も8号本塁打で追加点。
その他、渡邉と清水と20代前半の選手が打点を挙げ勝利に貢献。

チームとしては優勝を逃した今季だけど、若手のアピールの場としての試合はまだまだ残っているので、モチベーションを落とさずにプレーして欲しい。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”オリンピック”と言えば・・・

スポーツの祭典”オリンピック”は4年に一度夏季と冬季の2大会が行われている。
以前は両方とも同じ年(閏年、2000年は例外的に閏年では無かった)に開催されていたが、冬季大会は1994年から夏季大会の2年後に開催されるようになり、次回は来年2018年に行われる”筈”。
”筈”というのは、開催都市が韓国の平昌(ピョンチャン)という人口が6千人規模の小さな村で(これは近年では珍しいが、過去にはよくあった)、韓国国内の事情で各会場の工事の着手が遅れ、未だに全ての会場が整備されているとは言えない状況のため。
過去に直前が開催都市が変更になった例はあるが、それでも1年以上前には変更が正式に決まっているが、今回は大会まで5か月を切っているため今更開催都市の変更は無理と思われる。
となると、本当に開催が可能かどうかが危ぶまれるが、そこは意地でも(会場が完成していなくても)実施するんだろうなぁ、、、
選手や観客の安全対策がきちんとしているか不安が残るなぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「東京」後が正式に決定

日本時間の今日未明に開かれたIOS総会で2020年の東京オリンピックの次の2024年大会の開催都市が正式にパリに決定した。
さらにその次の2028年大会の開催都市も同時にロスアンジェルスに決定した。
近年の大会の開催費用が高騰しているため、立候補する都市が少なくなっており、2024年大会は2市での争いとなったが、2028年大会の開催都市の立候補が無い見込みとなっているため、両市とIOCで検討した結果、100年ぶりの2大会同時決定となった。
パリは1924年以来100年ぶり、ロスは1984年以来44年ぶりの開催となる。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。