人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

全長6m超のアウディ「A8 L」リムジン

ドイツVWグループのアウディが同社のセダン「A8」のロングタイプである「A8 L」をベースに全長を伸ばしたリムジン「A8Lエクステンデッド」を製作した。
その全長は6,360mmとベース車の5,275mmに比べ1,085mm延長され、ホイールベースも4,220mmで1,100mmも延長されている。
というか、ホイールベースだけでホンダの「フリード」の全長4,215mmよりも長いって・・・
つまりこの「A8Lエクステンデッド」の前後輪の中心の間に「フリード」がおさまってしまうと言うわけだ(笑)。
この延長した部分にシートとドアを増設し、ドアの枚数は左右とも3枚づつの6ドア、シートも3列になっている。
増設された2列目シートはこの手のストレッチリムジンにありがちな後ろ向きでは無く、前向きに取り付けられているのでシート配置だけを見ると3列シートのミニバンの様(笑)。
パワーユニットはベースの「A8 L」に搭載される6.3LのW12エンジンでも4LのV8ターボでも無い、最高出力310hp最大トルク440Nmを発生する3L直噴ターボエンジン搭載とのこと。

ベース車でも車重が2.2tもあり、それを1mもストレッチしているので3t程度にはなるであろう車体を走らせるにはちょっとどうかなぁ?とは思うものの、0-100Km/h加速は7.1秒とかなり速いので不足は無いのだろう。

こんなに長いと狭いところでの取り回しは大変そうだなぁ、ベース車でさえ大きな最小回転半径(6.1m)なのに、この車は一体どれだけの広さを必要とするんだろう(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタの「パッソ」がフルモデルチェンジ

軽自動車を除くとトヨタの車の中で最も小さい「パッソ」がおよそ6年ぶりになるフルモデルチェンジを受けて発売された。
同時にダイハツの「ブーン」もフルモデルチェンジされた。

今モデルはダイハツとトヨタが共同で開発していた前モデルまでと異なり、開発から製造までダイハツが行いトヨタにはOEMで供給する。
今回のモデルチェンジで1.3Lエンジン搭載グレードが無くなり、全て1Lエンジン搭載となった。
コンパクトカーでは気になる燃費はFFモデルで28.0Km/L、4WD車でも24.4Km/Lとかなり頑張った数値となった。
旧モデルの数値(FF:27.6Km/L、4WD:21.0Km/L)からの伸びはそれほどでも無いように見えるが、旧モデルの数値は一部のグレードのみなのに比べ、新モデルは全てのグレードで先の数値を達成しているので、実質的にはかなりの燃費向上と言える。
また価格も基本の1.0Xで115万円となり、その他のグレードも前モデルより数万円~10万円程度の値下げがされているのもポイントが高い。

いやぁ、今朝方トヨタディーラーの前を通りかかったら新型が置かれていて思い出したよ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

珍しい車・・・

車に乗っていて前方の信号が赤だったので前走車に続いて止まろうとしてその前走車を見ると、一見軽よりも少し大きい程度のワンボックスだったが、付いているエンブレムがトヨタだった。
リアの右側には「SPARKY」のエンブレム。
なんとトヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売していていた車だ。
以前にもこのブログで書いたことがあるけど、見かけることは滅多に無い珍車希少車。

さらに今朝は三菱の「プラウディア」も見かけた。
この車も日産から「フーガ」のOEM供給を受けて販売している車。
こっちは特定の時間帯に良く見かけるので、たぶん見かける場所の近くに潜んでいて決まった時間になったら出て来るんだろうな(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「学戦都市アスタリスク」第十三話

3ヶ月ぶりに始まった「学戦都市アスタリスク」の第二期。
昨夜ようやく見始めたんだけど、始まって10分も経たずに寝落ちしてしまって中身を思い出せない。
いったいどうしたというんだろう?(棒)。
覚えているのはこれまでの内容の説明が全く無く唐突に話が始まったことと、予告が相変わらずなことくらい。
3ヶ月も間が開いたのだからもうちょっと視聴者に優しくしても良さそうなものだと思うな~(苦笑)。
仕方が無いからまた時間を取って見直すかぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。