キーボード付きタブレットカバー

先日買ったWindows8.1タブレットを現在は裸のまま持ち歩いているけど、保護用のケースに入れたいところ。
そこでヨドバシカメラに行った際にいくつか見てみたところKEIANのKJT-80Wは意外と大きいらしく、8インチ用のケースだと収まらないものもあった。
ネットで情報を探してみると7インチ用のケースに8インチのタブレットを収めている人がいて、しかもそのケースはキーボード付きのもの。
私も文字入力の際にはソフトキーボードより物理的なキーボードのほうが良いので、大いに気を惹かれた。
早速その商品をネットで探して寸法やレビュー等を調べてみるとギリギリだけど私のタブレットも収まりそう。
しかも1,000円もしない上にamazonだと送料も無料と激安。
本当はキーボードはBluetooth接続が良いんだけど、さすがにこの価格ではそれは無くMicroUSB接続だ。
KJT-80WはMicroUSBポートにつないだキーボードを認識できて入力も可能なので、ちょっと考えたけど結局注文してしまった。
届いたら早速使ってみたいな、上手くいけばノートPCの様な使い勝手になるかも?
(USB 端子) 7インチ専用タブレットキーボード付ケース&サイズ調整機能付  7インチ アンドロイドタブレット対応ケース
B008RW0E86
KEIAN 8インチ Windowsタブレット Windows 8.1 Bing Bay Trail Z3735F Quad Core CPU 1280×800 IPS 広視野角液晶 DDR3-L DRAM 2GB ホワイト KJT-80W
B00WTOJJ0C

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「トゥワイスアップ」が通じないとは・・・

昨日仕事帰りに大通公園で行われている「オータムフェスト」に寄ってきた。
今年もNIKKAのブースがあったので、「余市」でも飲もうと思い立ち寄った。
メニューを見ると置いてあるお酒は「竹鶴」が殆どで、「余市」はノンエイジの一種類だけ。
それでも「余市」を頼んだところ呑み方を訊かれたので、「トゥワイスアップで」とお願いしたら「なんですか?」聞き返されてしまった。
去年いた人はすぐに作ってくれたんだけど、昨夜いた人は「トゥワイスアップ」という言葉を知らなかったらしい。
どんな呑み方かを訊かれたので簡単に「1:1の水割りです」と答えたのだけど、それでも上手く作れないらしいので「面倒ならストレートで良いですよ。」と言って結局ストレートで出して貰った。
その際別のスタッフに「チェイサーをお付けしますので。」とも言われたが、そんな当然なことまで行ってくる辺り昨夜のスタッフは素人ばかりだったようだ。
まぁお酒自体は相変わらす美味しかったので良いけど、もうちょっとスタッフの教育が必要なんじゃないかねぇ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

新型「プリウス」はやはり40Km/Lを達成!

先日アメリカのラスヴェガスで公開されたトヨタの新型「プリウス」の燃費はやはり40Km/Lを達成してデビューらしい。
現行モデルは32.0Km/L(Lグレード、他は30.4Km/L)なので、単純計算で25%もアップしたことになる。
ところがこの40Km/Lを達成したのは最廉価グレードの”E”のみで、他の”S””A”グレードは37.0Km/Lにとどまっている(それでも現在国内最高の「アクア」「アルトエコ」に並ぶ)。
これはホンダが現行の「フィット」で行ったのと同じで、”E”グレードのみ燃料タンク容量を他より5L少ない38Lにした他、各種装備を簡略化して軽量化を図り、それによって燃費計測時の重量区分を一つ下のクラスにすることで負荷を減らして燃費を向上させたということ。
さすがのトヨタでもこうしないと40Km/Lの壁は厚かったということか。
とはいえ他のグレードの37.0Km/Lというのも車体のサイズを考えると驚異的なわけで、新しいTNGAプラットフォームの効果は素晴らしいと言うことか(車体が大型化しているにもかかわらず重量増加は10Kgに収まっている)。
しかも今モデルからは待望の4WDモデルが追加され、E-Four採用により車両重量の増加は70Kgにとどまり、燃費も全グレード(”E”グレードには4WDの設定無し)で35.0Km/Lと2WDに比べ2Km/Lの低下にとどめている。
4WDでもこの低燃費と言うことはこりゃ売れないわけが無い、特に北海道や東北の日本海側のような降雪地域では2WDよりも4WDのほうが売れるんじゃないだろうかね?

燃費ばかりが話題になるが、実は今回のモデルチェンジでリアサスペンションが従来のトーションビームからダブルウィッシュボーンに変更されている。
これによって乗り心地や操縦安定性が向上していることが期待できる、というかそうでなければ変更した意味が無い。
その他安全装備にしても”A”グレード以上には単眼カメラとミリ波レーダーを使った”Toyota Safety Sence(P)”を標準装備する等抜かりは無い。
発売は12月9日が予定されているけど、その日に買いに行っても下手をすれば”半年待ち”なんてことにもなりかねない。
欲しくなった人はすぐにでも販売店(トヨタの全ての販売チャネルで販売)に行ったほうが良いかと。
トヨタが発売の三ヶ月も前に発表したのには、事前予約を受け付ける意味もあるからね。

今回「プリウス」で採用したTNGAプラットフォームを次期「アクア」に適用したらそれこそ40Km/Lを超えてくることになりそうだな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ!」第八話

物語りも佳境に入ってきて、今回は原作最終巻収録の第二十三話と第二十四話の部分。
ラスト付近でようやくギル君の出番が回ってきた。
子供の身体になっても関さんが演じるのかな?と思っていたら、まさかの遠藤綾ちゃんと来たのは意外だった。

これで残りは三話分となったが、アニメのほうは二回あるので、結構中身を膨らませて作られたのではないだろうか?
うーん、早く観たいよ!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

巻き取り式でMfi認証取得か

最近のiOSデバイスは充電や同期に使うケーブルがLightningケーブルになっている。
これは以前のドックコネクタケーブルと違って端子部分にチップが内蔵されていて、安いケーブルだとiOSのアップデートを行うと利用できなくなってしまうことがある。
私も以前買ったLightning端子付きのケーブルが付いたUSBハブがiOSを8に上げたら使えなくなったので、今は純正もしくはMfi認証を取得したケーブルを使っている。
自宅でUSBポートにつないだままなら良いんだけど、出掛けるときに持ち出すには巻き取り式がなにかと便利。
たまたま楽天市場を見ているとまさにそんなケーブルを発見!
ちょっと高いけど気になるなぁー

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。