clockコマンド

linuxでシステム時刻とCPU時刻(BIOSの時刻)は別物であり、起動時はCPU時刻を基準としてシステム時刻がセットされる。
#linuxに限らずWindowsOSでも同様。
CPU時刻はPCの内蔵時計の時刻だが、この時計が思いのほか精度が悪い(笑)。
なので一度起動するとしばらく止めることの無いサーバの場合、気付くとかなり狂っていることがある。
linuxには時刻を自動で合わせてくれるntpという仕組みが用意されていて、ディストリビューションによってはデフォルトでインストールされる。
これはタイムサーバと呼ばれる時刻の基準となるサーバとシステム時刻を同期してくれる仕組み。
ただ、ntpで修正されるのはシステム時刻だけで、CPU時刻は修正されない。
そのままではシステム時刻とCPU時刻が大きく乖離してしまい、再起動になかなか時刻の同期がされないことにもなりかねない。
多くのシステムではシャットダウン時にCPU時刻をシステム時刻に合わせるように動作するが、これはシャットダウン時に呼び出されるスクリプト内で実行されている。
それでも不意の電源断等でシャットダウン処理がされない場合はCPU時刻とシステム時刻は同期しない。

任意のタイミングでCPU時刻をシステム時刻に合わせるためには”clock”コマンドを使うことになる。
このコマンドはオプションを何も付けないで実行すると現在のCPU時刻を表示してくれる。
システム時刻をCPU時刻に設定するにはスーパーユーザーで
#clock -w
と”-w”オプションを付けてclockコマンドを実行するだけ。
これでCPU時刻とシステム時刻が”ほぼ”一致する(コマンド実行のオーバヘッドがあるので完全に一致はしない)。
長期間動作させるサーバでは一日に一度程度このコマンドを実行するのが良いと思う(crontabに登録すれば簡単)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

またまたntpでタイムサーバと同期できないサーバがあった

以前にもntpでタイムサーバと同期できないサーバが有り、なんとか同期を取れるように出来た。
今回久しぶりに触ることになったサーバも時刻同期が取られておらず、1時間近くも時計が狂っていた。
見るとntpデーモンは動作しているが、/usr/sbin/ntpdcで見るとタイムサーバ(ローカル)と同期が取れていない。
設定ファイル(/etc/ntp.conf)を見てもサーバの指定に特に間違いは無かったが、そのサーバ名が/etc/hostsに書かれておらず名前解決が出来ない状態だった(爆)。
「なーんだ、これが原因かぁ」
と思ってサーバ名とIPアドレスを書き加えてntpdを再起動したが相変わらず同期が取れない。
/usr/sbin/ntpdcで確認するとタイムサーバからの応答が来ないようで、”receive timestamp:”の部分がいつまで経ってもオール”0”のまま。
他のサーバからは問題無く指定したタイムサーバと同期が取れているので、タイムサーバ側の問題とも思えない。
不思議なことにntpdateコマンドでは同期できるので、123番ポートが塞がっているとか、パケットがフィルタリングされているとかでも無い。
/usr/sbin/ntpq -p タイムサーバ名
でもタイムサーバ側が親サーバと同期している状態が見える。
なので、プロトコルやネットワークの問題では無く、件のサーバのntpdの問題のように思われる。
ntp.confで指定するセキュリティがきついのかとも思ったが、/etc/ntp.conf内にはそもそも”restrict”で始まる行が無い(全ての接続を許可している状態)。
駄目元でntpのセキュリティ設定を他のサーバと同様に設定してみたがやはり同期できないorz
うーん、一体どうなっているんだろう?
とりあえず大きな狂いはntpdateで直したからもうしばらく悩んでみるかぁ(爆)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Pentiumの箱に入ったCeleron?

IntelからLGA1155対応Celeronの新モデルが発売になったが、なんとパッケージがPentiumのものだという。
発売されたCPUはシングルコアのCeleron G460で動作クロックは1.8GHzでHT対応、L2キャッシュは下位モデルに当たるG440の1.5倍となる1.5MBというのが主な仕様でTDPは35W。
不思議なのはパッケージがCeleronのものではなくPentiumのものであること。
インプレスの「AKIBA PC Hotline!」の記事内にある写真を見るとたしかにPentiumのパッケージが使われていて、外装に印刷されているスペックには2コア2スレッド等Pentiumの仕様が書かれている。
型番はCeleron G460と印刷されているので、どのような理由でこんなパッケージになっているのか理由は不明だ。
恐らくはパッケージングのミスなのだろうがIntelの製品としては極めて珍しい現象だ(いや、別にAMDの場合は多いと言うわけでは無いが)。
もしかすると次回出荷分は今までのCeleronと同様のパッケージに変更されるかもしれなく、今回のパッケージは初回限定のプレミア物になるかもしれない(笑)。
実売価格も3,200円前後なのでコレクションとして買っておくのも良いかも(笑)。
使うつもりは無いけど札幌に在庫があったら買っておくかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ちょっとした工夫

ちょこちょこコメントを下さる千歳さんがご自身のブログで書いていたのが「モバイルバッテリー DE-U01L-4710」。
スマートホン等の充電に使える携帯用の充電池だ。
これの充電用/給電用のコネクタに工夫があり、充電用のコネクタがmicro-Bで給電用のコネクタが通常のAコネクタ。
つまりAコネクタ-micro-Bのケーブルが1本あればPCからの充電と本製品からスマートホンへの給電の両方に使えるというわけだ。
こういったちょっとした工夫で使い勝手が結構変わって来るんだよなぁ。
そこんとこをを判っていない製品もけっこうあるよね。
#mini-Bコネクタの製品に給電する場合はA-mini-Bのケーブルも必要になるから、実質的にmicro-Bコネクタ搭載製品用と捉えたほうが良い?。

ELECOM モバイルバッテリー リチウムイオン電池 4700mAh スマートフォン用 ブラック DE-U01L-4710BK
B0056XOFU2
ちょっと気になるレビューが載っていて、そのレビュアーによれば充電用のmicro-Bコネクタが破損しやすいとのことなんだけど、壊れないのがベストだけどこれは扱い方にもよるだろうからなんともねぇ、、、、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。