明日から寒そうだ

9月の後半になって涼しくなってきた札幌だけど、最新の予報を見ると明日の最高気温は13度、最低気温は9度となっている。
さらに明後日にいたっては最低気温の予想がなんと6度!最高気温は明日と同程度の13度。
この時期の最高気温の平年値は19度程度、最低気温は10度程度なので、明日からは平年以上に寒くなりそうだ。
しかも天気は雨混じりとなりそうなので、今週末は屋外での遊びは駄目そうだなぁ、、、、、、、
せっかくオータムフェストに行こうかな?とも思っていたのに・・・・・・・残念だ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

2Tか3Tか?

HDDの残容量が心許なくなってきたので、そろそろ増設をしたいのだけど、容量をどうするかで少々悩んでいる。
容量単価で考えると今は2TB品が5千円台で買えるので、安くても9千円前後の3TB品より安いことになる。
それでも少しでも多いほうが手間が省けて良いかなぁ?とも思い、今のところは結論が出ていない。
今週末のツクモの特売でも2TB品が4,980円、3TB品が8,980円となっているのでやはり容量単価的には2TBが安いんだよなぁ、、、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

やっと連敗が止まってくれた・・・・・・・・

日本ハムは昨夜のソフトバンク戦に2-1で勝ち連敗が9で止まった。
先発のダルビッシュが8回を2安打1失点(自責0)と好投し、8回に糸井のタイムリーで勝ち越すと最終回を守護神の武田久が3人で片付けて約2週間ぶりの勝利を飾った。
先発のダルビッシュは5試合ぶりの勝利で自己最多となるシーズン17勝目。
武田久は自己最多に並ぶシーズン34セーブ目で通算100セーブを達成(パ・リーグ初の100ホールド&100セーブ)。

ダルビッシュはこの試合で12奪三振を記録し、今シーズンの奪三振が252個となり1993年に当時近鉄の野茂が記録(276個)して以来18年ぶりの記録となった(通算では1226個)。
一試合二桁奪三振は通算51度目で現役最多となり、防御率も1.42で一位のマー君(1.35)に0.07差まで詰め寄った。
このまま行けば残り登板数は3試合と思われるので、全てに勝てば20勝投手の誕生と言うことになるが、最近の日本ハムは打線が打てないのでかなり心配だ。
昨夜の試合では2安打しか打たれていないので、被打率も.188まで下がり防御率と合わせて考えると打線は2点以上取れば勝てる計算になるのだが、その2点が中々取れないのが現状だ。
この貧打線をどうにかする良い手段は無いものだろうかねぇ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今でも144ピンのSO-DIMMメモリが売られていた

「売られていた」と言っても中古での話(新品も扱っている店があるがバルクでもちょっと高い)。
144ピンのメモリというとEDOとSDRAMの両方のモジュールがあり、今回見つけたのは比較的新しいSDRAMのモジュールのほう。
昨日引き取ったDELLのLatitude C400はこの仕様のメモリを必要とするので探していたら札幌のじゃんぱらに多少在庫があるのを見つけた。
256MBのモジュールはさすがに需要が無いのか一枚280円と格安で売られているが、512MBのモジュールは1,680円もする。
高いと言ってもメーカー製の新品だと定価で32,000円(ヨドバシでの実売は30,000円前後)もするし、バルク品でも6,000円程度なので、それに比べると安い。
ウチにはこのメモリが使えるノートが何台かあるので、何枚か買って来てそれらに増設しようかなぁ?
・ThinkPad R31
・FMV-686NU
・FMV-612NU2/E

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Latitude C400のメモリ

今日(既に昨日か)引き取って来たDELLのLatitude C400のメモリは本体の仕様が古いのでDDRですら無いSDRのSO-DIMM。
それでもチップセットが830MPであるおかげで256Mbitチップを載せたモジュールに対応していて、512MBのモジュールが使用可能。
この512MBのモジュールを最大で2枚搭載できるので合計で1GBのメモリが搭載できる。
メモリスロットは2枚分用意されているが、本体裏の蓋を開けてもスロットは一つしか無い(蓋の大きさだけを見るとメモリ2枚分が収まるサイズなのだが、メモリ1枚とモデム(?)が収まっていた)。
実はもう一つのスロットはキーボード下にあり、標準搭載のメモリはこのスロットに収まっている。
引き取って来た本体はこのスロットに128MBのモジュールが入っていて、本体裏の増設用スロットに入っていた128MBと合わせて256MBのメモリが搭載されていた。
流石にメモリがたったの256MBでは辛いのでとりあえずThinkPad R31に入れておいた512MBモジュール2枚と交換した。
そのためにはキーボードを外してメモリモジュールを入れ替えなくてはならないが、これはそれほど難しいことではない。

ACアダプタとバッテリを外しておいてキーボード奥のパネル(電源SWやHDDアクセスLED等が付いている部分)をマイナスドライバを使って持ち上げるように外し、キーボードを固定しているビス3本(?)を外せばキーボードが浮き上がるので、マザーとキーボードをつないでいるフィルムケーブルを端子から抜けばキーボードを外すことが出来る。
メモリを交換するにはさらに銀色の金属のプレートを外さなくてはならないが、ご丁寧にもビスの近辺に1から6までの番号が振られているので、その順番でビスを緩めて抜けばプレートを外すことが出来る。
後はメモリを交換して外したプレートやキーボードを元に戻せば終わりだ。
慣れた人なら10分もかからないのではないだろうか?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

引き取って来たノートをチェックした

今日職場で引き取って来たDELLのLatitude C400をチェックしてみた。
ACアダプタは思った通り手元にあったInspiron 2500用が使えたので、早速起動してみたところ、内蔵電池が上がっていて時計がリセットされておりBIOSでの設定を促された。
メインのバッテリーも干上がっていて全く充電できない状態。
BIOSの画面でCPUを確認すると最低スペックのMobile Pentium-IIIの866MHz、メモリは128MBモジュールが2枚の合計256MBという最低レベルのハードウェアスペックだった(残念)。
とりあえずメモリを他のノート(ThinkPad R31)に入れてあった512MBモジュール2枚に入れ替えて合計1GBにしてみたが、ちょっと勿体なかったかな?
OSはプリインストールのWindows2000ProからWindowsXPにアップグレードしてあり、ドライバが当たっていないのか一部動作しないデバイスがあった(USBポートが動作しない)。
まぁOSに関しては手持ちのOSに入れ替えるかすれば解決するだろうから気にはしていない。
とりあえず動作することは判ったけど、HDDの容量も少ないし(20GB)なにかに使えるかなぁ?
使うにしてもバッテリーとメモリをなんとかしないとなぁ、、、、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ノートPCを手に入れた・・・・・けど(笑)

職場絡みで古いノートPCを引き取った。
廃棄したのを貰ってきたがACアダプタが無いので余っていないか?と相談を受けたのが始まり。
モノはDELLの「Latitude C400」だが、DELLのノートは時代によってACアダプタの形式が様々だし、そもそも職場にはDELLのノートは無いので余るということは無いと答えたら「じゃぁ戻してくる」というので、要らないなら引き取りますよということで引き取ってきた。
職場にはDELLのノートPCは一台も無いが、自宅には3台ほどあるのでもしかすると使えるACアダプタがあるかも?と思って調べてみたら、自宅にある内の2台(Inspiron 2500,8100)が同じACアダプタを採用していることが判明。
なので自宅に戻ったら動作を確認してみるつもり。

それでも10年近く前のモデル(製品発表が2001年の11月)なので無事に動作したとしても実用になるかどうかはちょっと疑問だなぁ(汗)。
ざっと調べてみるとCPUはmobile PentiumIIIの866MHz~1.33GHz、メモリは最大で1GB(PC-133 SO-DIMMスロットX2、チップセットは830MP)、HDD容量は20/30/40GBとのこと。
メモリスロットとHDDを見たところメモリは128MBのモジュールが、HDDはIBMの20GBのドライブがそれぞれ入っていた。
電源が入らないので現時点ではCPU他のスペックは不明だが、コンパクトなサイズなのでパワーの要らない用途に使えたら良いなぁと考えている。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

4枚のマザーを収容できるタワーケース

morexからmini-ITXマザーが4枚入るタワー型ケース「QUAD MASTER 8188」が発売になった。
このケース、見た目はちょっと大きめのATX用タワーケースに見えるが、内部が4分割されていて電源も4台搭載されている(電源容量は各150W)。
4分割されたそれぞれの部分にmini-ITXマザーが収まることになり、ドライブベイは各マザー毎に3.5インチ用が2個ずつで合計8個、5インチベイは全体で一つが用意されている。
電源SWやアクセスLEDは4つ装備され、各マザー単位で使用する形になるので各マザーを別々に起動/停止することが可能。

1つのケースに4枚のマザーを入れるというとなると、サーバの世界ではブレードサーバがあるが、これはラックマウントが前提なので4U-6Uサイズ程度の筐体に8枚前後のマザー(というかサーバそのもの)を搭載するもので一般向けでは無い。

このケースは、「複数台のPCを使いたいが設置スペースが限られている」という人向けなのだろう。
確かに1台分+αのスペースで4台のPCを運用できるメリットは大きいと思うが、そもそも4台ものPCを同時に運用することってあるのだろうか?という疑問もある。
ちょっと考えてみたが、1台は大容量HDDを搭載してファイルサーバとして使い、2台にはTVチューナーカードを搭載して録画専用PCとし、残りの1台は普段使いのPCとする。
こうすれば選ぶマザーにもよるが同時に8chまでの録画が可能になるというような使い方が出来ると思う。
まぁ一般的なPCユーザーには縁の無い製品だろうけど、上記のような使い方をしている人には有用な製品だと思われる。
1台あたりの電源容量が150Wなので消費電力が大きいビデオカードは搭載できないし、ハイスペックのCPUも使えないという点には注意が必要だ。

製品ページ:http://www.morex.com.tw/products/productdetail.php?fd_id=137

価格は下記のショップで54,000円(2011/09/29現在)とケースとしては高価だが、マザー1枚あたりにすると13,500円なので、それほど高価すぎるというわけでも無いと思う。
Dirac Mini-ITX ケース QUAD MASTER 8188 DIR-QUAD-MASTER
B005MOQ332

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

一太郎が印刷時に動作を停止してしまう

職場には昔一太郎で作った文書(お役所提出用)が大量にあり、PCのリプレース時にそれらの大量のファイルをどうしようか悩んだが、結局最新版の一太郎(一太郎2011創)を購入してインストールした。
今朝方その一太郎から印刷が出来ないとの連絡を受けたので、最初はプリンタの指定が間違っているのだろうくらいに考えていた。
ところが件のPCで実際に試してみると印刷をしようとすると一太郎が動作を停止してしまう現象であることが判明。
ジャストシステムのFAQを見ても同様の問題は掲載されていなかったが、似たような項目として「思い通りの印刷が出来ない」というものがあり、それによるとプリンタドライバを再インストールするという解決策が載っていた。
駄目元で試そうと同じプリンタを別名で追加してみると、そちらへの印刷は問題無く出来た。
他のアプリケーションからの印刷及び他のプリンタ(同一機種)への印刷は問題無かったので、プリンタドライバと一太郎の相性(?)だったのかも。
でも、入れ直したドライバも印刷できた他のプリンタのドライバも同じものなんだけどなぁ、、、、、?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

新しい携帯電話が欲しいな

今の端末に買い換えて気が付いたら既に4年以上が経過している。
現在使っている端末に特に大きな不満があるわけでは無いが、そろそろ新しい端末が欲しいなと思う。
今の端末に対する不満は自作の着メロが5秒程度のものしか入らないこと(1ファイルのサイズが小さい)。
で、時折キャリア(NTT docomo)のサイトでいくつかの機種を調べてみるのだけど、特に「これが欲しい!」と思える端末が見当たらない。
mmf形式のファイルが使える端末なら何でも良いのだが、やはり一度は現物を触ってみないと選べないなぁ。
今度ショップに行って触ってみようかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。