カラーレーザープリンタのエラー

CanonのLBP-5900がエラーを出して印刷できないので、エラーコードを見ると”E064-0101”という見たことの無いエラー。
マニュアルには出ていないエラーなので、修理業者に確認したところ、エラーを出しているのは一次転写部分で、エラーの意味は「測定電流値が基準値を超えている」ということらしい。
これだけ聞いても「は?なんのことでしょうか?」と言うくらいしか出来なかった。
直すにはHTV1,HTV2という部品の交換が必要だそうで、修理費用は総額で4万円台半ば程かかるとのこと。
急いで直して欲しいとのことなので、修理の手配をして翌日には来てくれることになったが、数時間後に連絡があり直ったと言われた。
実際に現場に行って見ると(朝見たときは出ていた)エラー表示は出ておらず、実際に印刷をしてみても問題無く印刷される。
何故直ったのかは不明だがとりあえず使えるので修理はキャンセルしてしまった。
直った理由が判らないのは釈然としないし、いつまた故障するか判らないので不安だなぁ。
次回同じエラーが出たらその時は即効で修理を依頼することにしたい。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

配管は直ったけど・・・・・・

今日の午前中に管理会社の人と配管工事業者さんが来てくれて、天井裏の配管の修理をしてくれたので、水漏れは止まったと連絡が来た。
聞くと天井裏の水道配管の漏水箇所は2箇所あって、目視できた箇所から天井裏に溜まり、見えなかったもう1箇所から漏れた水がシンク裏に溜まって床下に入ったらしい(けっこう派手に漏れていたとの事)。
保険会社に問い合わせたら、水道管の修理は保障対象ではないということで、修理代は全額こちら持ちになるらしい(例外として凍結事故の場合は保障対象だとか)。
漏れた水によって補修が必要になった部分(床のフローリングとかシンク裏の壁とか)は明日にでも工事業者さんに来て貰って工事の見積りをして貰う手配をしたけど、一体どれくらいの費用がかかることになるんだろうか?
後は下の階の部屋に被害が無ければ良いんだけどなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今度は床が・・・・・・・

昨夜は天井から水が落ちてきたけど、今日の夕方には床から水が染み出て来た。
最初は昨夜床に落ちた水がフローリングの下に染み込んだのかと思ったが、段々量が増えてくるので、新たな水漏れ箇所があると思い、音を頼りに水漏れ箇所と睨んだシンクの裏側を見るとそこの水道の配管から水が漏れて、フローリングの下に溜まっていっている。
しかし漏れている箇所が耐火ボードの裏側なので、どうなっているのかを見ることが出来ない(=直すにはボードを剥がすしか無い?)。
いやはや、うちの配管はどうなっているんだろう?
とにかく明日管理会社を通じて配管修理の手配をしなければ、暮らしていくのに不便この上ない。
とりあえず今晩は水道の元栓を閉めてしまえば、天井裏の水漏れも止まるから安心(?)して寝れるかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

容器が小さすぎた

今朝起きて台所に行くとまた天井から水が落ちてきて下においてあるバケツに溜まっている。
どうも昨夜の水漏れ騒ぎで応急的に天井裏に置いた水受け用の容器が小さすぎたようだ。
天井裏を覗くと容器が一杯になって溢れているので中の水を捨てようとしたが、置いてある場所が微妙に遠くて手が届かない(汗)。
昨夜置いてくれた業者さんは大きい人だったので届いたのだろうが、私では僅かに届かない。
長方形の容器なので縦に置いてくれれば届いたのだが、何故か横向きに置いてあるので届かないんだよなぁー、なんで横向きにしたんだろ?
まぁ届かないものは仕方が無いので、傘を持ってきて持ち手の部分に引っ掛けて手繰り寄せて天井裏から容器を出した。
同じ容器だとまたすぐに一杯になりそうだったので、妻が出してくれた別の容器と置き換えたが、これでも恐らくは夕方までしかもちそうにない。
明日の早いうちに修理に来てくれることを祈るしかないな、こりゃ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

雨漏りの続き

天井裏を覗いてみたら、どこからか漏れた水が溜まっていた。
その水が火災報知機の配線を通す穴から漏れてきたようだ。
その水は水道の配管の曲がり角の部分を覆っている防水テープの隙間から漏れてきていて、どうも曲がり部分のジョイントが緩んだか、ピンホールが出来たかしたらしい。
業者さんがとりあえず溜まった水をタオルで吸い取ってくれて、水漏れしている箇所の下には水受けの容器を置いてくれたので、明日くらいまでは大丈夫じゃないかな?
あとは配管設備工事屋さんに来てもらって配管からの水漏れを止めてもらえば終わりなんだけど、日曜日は休みなので月曜日ということになる。
それにしても土曜の夜なのにわざわざ来てくれた警備会社の人と業者さんに感謝!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

雨漏りぃー?!

ついさっき急に台所の天井の火災報知機のセンサーから水が落ちてきて、報知器が誤作動してくれた。
最初はなにが起きたか分からなかったが、センサーを外して見ると天井裏のどこからか水が漏れてそれがセンサーの配線を伝って落ちてきている。
いったいどこから水が漏れているか分からないけど、とりあえず管理会社に連絡したらすぐに誰かを向かわせてくれるとのことで、今はそれを待っているところ。
RCのマンションで雨漏りもないだろうけど、いったいこの水はどこから漏れているんだろう?
4~5年前にも一度押し入れの天井裏から水が漏れてきて、中に入れてあったマザー数枚が駄目になったことがあるが、その時は換気扇の排気ダクトの中に水が溜まってそれが漏れてきたのが原因だった。
今回もそうなのかなぁ?だとすると前回の修理に不備があったってことか?
近くの点検口から覗いたら何かみえるかなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今日も飲んでみた

一昨日飲んだ「PEPSI BAOBAB」を今日も飲んでみた。
初回に比べると慣れてきたのか、最初から特徴のある味を味わえたが、これはこれで良いんではないだろうかと思えてきた。
問題はいつまでこの飲み物が販売されているかということだろう(笑)。
一昨日一緒に試したASAHIのGREEN COLAは昨日近所のスーパー(RALS)にて98円で特価販売されていたしなぁ・・・・・
BAOBABもいつまで見ることが出来るのやら・・・・・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

iPadにちょっとだけ触ってみた

昨日国内発売になったiPadを職場の人間が購入したと言うので、ちょっとだけ触らせてもらった。
触らせてもらう前に持ち主がいろいろ操作しているのを見て思ったのは、
「画面が広い!」
「画像が綺麗!」
「Safariの表示が速い!」
ってところかな?
とにかくPCとは全く違うデバイスだというのが第一印象。
新聞(産経新聞)の記事を見せて貰ったが、マルチタッチで拡大表示すれば問題なく読める。
写真等も綺麗に表示され、しかも表示速度が早く表示待ちのストレスは無い。
ブラウザのSafariの表示速度も速く(というか遅くは感じない)、PCでブラウジングしているような感覚でWEBページを見ることが出来る。
これなら所謂「ネットとメール」に使うなら充分なんじゃないか?と思えるが、iPhoneと同じくFlashの再生に対応していないのがネック。
昨今はいろんなページでFlashが使用されていて、中にはSKIPをさせてくれずしかもFLASH内にしかリンクがないお行儀の悪いページもあり、そういったページはFlashの再生が出来ないと見ることが出来ない。
それでもFlashの再生さえ諦めてしまえばWEBを見ることに支障は無いだろういった感じ。
キー入力はソフトウェアキーボードとなるが、横位置で使えばサイズが大きいのでPCのような両手での入力も可能だし、携帯電話と同じ方式での入力も可能(だったよな、確か)で、入力に関してはiPhoneより楽だと思う。
持ってみた第一印象は、「思ったより重い」の一言。
表面の強化ガラスが重いのかもしれないが、ここの重量は今のところ削れないだろうなぁ。
持った感じは重いけれどバランスが取れていて持ちやすいのが救いか。

PCと比べて良いなーと思えるのは、起動にかかる時間が短いことで、これは外に持ち出して使うときにアドバンテージになる(これはiPhoneも同じ)。
自宅で使うにしてもちょっとした調べ物をするのに、いちいちPCの電源を入れて起動するまで待つのは面倒だが、iPadなら即座にネットへのアクセスが可能になるので気軽に使える。
気になるのがPCとのデータやりとりはiTunes経由で行うということ。
iPad自体に外部とのインターフェースがドックコネクタ以外に無いので、仕方ないのかなぁ?せめてUSBのAコネクタとかメモリカードスロットが欲しいなと思った。
あとカメラが内蔵されていないのが残念!、付ける予定だったらしい穴は見えるが実装されていない。
iPhoneにはカメラが付いているのに何故付けなかったんだろうか?次期バージョンでは搭載されるのかな?

ま、ちょこちょこいろんな不満はあるけど、実機を触ってしまったら欲しくなったよ。困ったなぁ・・・・・・・・
まぁ欲しくても品切れで買えないからしばらくは諦めていられるので助かるけど(謎)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。