More from: 温泉

久々の長沼温泉

昨日は久しぶりに長沼温泉に行って来た。
天気も良く道路も混んでいなかったので楽だったけど、脱衣所で子供が動き回るので着替えさせるのが大変だった(汗)。
柵のあるベビーベッドがあれば楽なんだけどなぁ(汗)。
その他は特に問題無く、あの”濃い”塩の温泉に浸かれたので気持ち良かったな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

久々に留真温泉に行ってきた。

今日も休みを取って帯広に滞在している。
特に予定は無かったけど、せっかく十勝に来ているということで温泉にでも行って来たら?という妻の勧めもあって浦幌町の留真温泉に行った。
ここは10年位前に何度か行ったことがあり、その後一度廃業したが町が施設を改修して営業を再開した。
再開後2回目の訪問となる今回は平日ということもあって空いていてゆったりとつかることが出来た。
源泉温が低い(29.8度)なので加温はしているが、その他の成分調整や消毒薬の投入はしておらず、アルカリ性が強めの良いお湯だった。
帯広からはおよそ60Kmほどあるので、そうそう頻繁には行けないし冬は道路が不安なのだけど、何回でも行きたくなる温泉だね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

久々の鳳乃舞(音更)

折角帯広(十勝)に来ているので、今朝は温泉に入ってきた。
行ったのは音更にある「天然温泉ホテル鳳乃舞音更」。
ここは早朝から営業していてしかも低料金(大人410円)で入ることの出来る温泉施設。
以前は帯広に来ると必ずといって良いほど利用していたけど、最近はとんとご無沙汰していた。
今日は久しぶりに行って掛け流しのお湯を楽しんできた。
いやー、朝風呂は気持ち良いねー。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

盛岡から角館へ

盛岡で昼食を食べた後はお店の駐車場から国道46号線に入り一路角館に向かった。
なので盛岡の市街地には一切足を踏み入れていないのが少々残念。

角館の宿まではナビの指示に従って走ったが、そもそも行程の殆どは国道46号線だけで、角館手前の田沢湖線神代(じんだい)駅手前を左折して県道50号線に入り、あとは県道257号線250号線を進めば角館の市街地に入ることが出来ることになっていた。
また途中一部では道路が田沢湖線と並走する部分があり、岩手県の赤渕駅付近ではE6系「こまち22号」とすれ違った。
さらに休憩で寄った森の駅と道路を挟んだ反対側を田沢湖線の線路が走っていて、駐車場から車を出そうとしていたらそこに上りのE6系「こまち24号」が運良く通りかかったので一枚。

「森の駅」前を通過するE6系「こまち24号」

「森の駅」前を通過するE6系「こまち24号」

森の駅を出た後はナビの指示に従いながら角館に入り、この日の宿には15時半前に到着、八戸からの移動距離は190Kmに僅かに届かない程度で、我々にしてみればそれほどの距離では無い。
到着時はまだまだ日が高かったが、妻は体調が思わしく無いので宿で休むことにして、私は一時間ほど経ってから子供を連れて近所を散策に出た。
流石に歴史を感じさせる街並みで、単に歩いているだけでも楽しかった。
着いたのが日曜日の午後と言うこともあり観光客の姿も少なく、たまたま見かけた人力車もお客は乗せていなかった。
40分ほど近所を散策していると日が傾いてきて少々涼しくなったので一度宿に戻り夕食を検討することに。
ところがやはり妻の体調が思わしく無く、盛岡で買って来た薬の効きもイマイチということで薬局を探してみるものの、電話をしても出てくれないorz。
そこで宿の方に薬屋さんに関して訊いてみたところ御親切にも宿に有った風邪薬とバッファリンを下さり、さらに食事に出られないと言うことで隣にある居酒屋「土間人(どまにん)」さんまで行っておにぎりを買って来て下さった。
これは非常に助かり妻と子供の夕食は取り敢えずなんとかなった。
またこの時のおにぎりは非常に美味だった。

角館「土間人」さんのおにぎり

角館「土間人」さんのおにぎり


さて妻と子供の夕食はどうにかなったものの私の夕食は済んでいないところに、妻が「一人で外で食べてきたら」と言ってくれ、その言葉に甘えて外に出た。
そこでまずはおにぎりが美味しかった「土間人」さんに入り、お酒は地元の「秀よし」を選択。
もちろんおにぎりも頼んだけど、それだけでは寂しいので味噌モツ煮込みも一緒に頼んだ。
とまぁこの「土間人」さんでのことは5/18の日記「酒も旨かった その1」に書いたのでそちらを。
この「土間人」さんは美味しいんだけど、この日は地元の宴会が入っていてそちらで忙しいらしくカウンターの隅に陣取った私はオーダーするにも店員さんが近くにおらず(大きな声で呼べば来てくれるんだけど)、地元のお話を聞く事も出来なかったので早々に退散。

ところがどうにも物足りなく、さらに地元の方との会話もしたかったので夕方の散策で見かけた呑み屋さんにでも行こうかとその辺をブラブラしたが、日曜日と言うこともあってか開いているお店も少なく、結局宿の近くの「二代目めしや」さんへ。
ここではお酒は地元の「秀よし」の蔵が期間限定で出していると言う「桜ひらひら」を頂いた。
濁り酒で味は甘めで呑みやすく、お店の方が言うには「ちょっと危ないお酒」だとか、まぁ呑みやすいので気を付けないと呑みすぎる危険性はあるな(笑)。
ここでもカウンターに座れたのだが、こちらでは地元の方々と隣り同士になれたので、地元のお話を伺うことが出来て楽しかった。
お酒の種類はあまり無かったけど、こちらのお店の方が良かったなぁ。
再度行くことがあればもうちょっと長い時間お邪魔したいな。
この後は妻と子供のこともあり21時過ぎには宿に戻ってその後ほどなくして就寝しこの日は終わった。

秀よし本醸造生貯ひょうたん

秀よし本醸造生貯ひょうたん
価格:389円(税込、送料別)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

奥鬼怒温泉「加仁湯」

TVのバラエティ番組「有吉ゼミ」で栃木県の山奥にある人気の宿が紹介されていた。
そこは国有林の中にあり、一般の車両は立ち入りが禁止されている場所にあるという。
これを聞いて画面を見るとそこには「加仁湯」の文字が書かれたマイクロバスが・・・
この「加仁湯」には私も25年くらい前に行ったことがあり、車では入れないので手前の駐車場に車を置いて、宿の送迎バスで数キロ先の宿まで行った覚えがある。
ここは川原にある混浴露天風呂が売りで、確かに良かった記憶がある。
その露天風呂のある川原は屋内の大浴場(2階にある)の窓から一望出来たし、反対に窓を開けて身を乗り出すと露天風呂から見えるというに・・・

番組によるとこの宿も築30年で老朽化が激しいとのことだったが、それが本当だとすると私が行った頃はまだ築後数年程度だったということになる。
建物は古くなっているが、大人気で繁忙期には4ヶ月前から予約が一杯になるとか。

この番組を見たらまた行きたくなってきたな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

明日は温泉

明日は某温泉の貸切風呂の予約が取れたので温泉に入ってくる予定。
このところ予約が取れずに他のお客さんと一緒に大浴場に入っていたけど、子供の世話があるので落ち着いて浸かることが出来ずにいて、折角の温泉もあまり楽しめずにいた。
明日は他のお客さんに気を使う必要が無いので久しぶりにのんびりと入ってくることが出来そうで楽しみだ。
天気も良いみたいなので、行き帰りも楽そうだな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「かんの温泉」が再開していた!

鹿追町の然別峡にある「かんの温泉」は経営者の体調不良等のために2008年から休業していた。
その「かんの温泉」が8/19から日帰り入浴に限って再開していた。
北海道新聞の記事によると、8/19-21の間は無料開放で、一日休んで設備点検を行い、今日8/23から日帰り入浴のみだが通常営業になるとのこと。
早速行って来た人によれば入浴棟は建て直しのために以前のひなびた感じはなくなっていたとの事。
入浴料金は650円で以前の1,000円より下がっていたらしい。

建物に関して言えば公式のfacebookページの工事中の写真を見ても入浴棟は”改装”ではなく、完全に立て直している模様だ。
湯治客用の宿泊棟はもともとRC造りだったこともあり、内外装のリニューアル程度と思われるがこちらの営業開始は9月に入ってからになる見込み。

私も2004年に一度訪れたことがあり、その時のことを自分のページ(温泉の記憶「然別峡菅野温泉」にて公開している。

再開したと聞いたからには一度は行ってみたいとは思うけど、雪が降ったら行きたくないなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

夕張温泉が復活していたとは

夕張市日吉にある夕張温泉が復活していた。
以前は夕張市営だった「ユーパロの湯」が経営不振で管理業者に業務委託をしていたが、そこもいきなり撤退してしまい、それ以降は営業していなかった。
ところが何時の間にか「夕張温泉 夕鹿の湯」として営業を再開していた。
ちょっと調べてみた限りでは2012年の年末に仮オープンし、2013年1月9日にグランドオープンしていた模様。
アクセスが不便だし、施設の内容からも市外からのリピーターが訪れるようなものでも無さそうなので、再開は無いと思っていたがなんとか施設の存続が出来たということらしい。
市内2カ所からの無料送迎バス(各所週一便合計二便)があったようだけど、2013年8月から当面運休とのこと、ただし10名以上の場合予約をすれば運行してくれるとのこと。

公式サイト
所在地:夕張市日吉14
電話:0123-56-5000
入浴料:大人600円、子供(3歳~小学生)300円

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

久々の温泉

今日は久しぶりに温泉に行って来た。
行ったのは古平町にある「しおかぜ」。
ここは大浴場のほかに家族風呂があって貸し切りで使えるので、他のお客さんに気を使わずに風呂に入れるのが良い。
流石に乳飲み子を連れては大浴場に入れないので、このように貸切で入れるお風呂があると助かる。
ただし乳児用の道具は用意されていないので、ベビーバスや子供用の椅子を持っていく必要があるので荷物は増えてしまうけどね(汗)。

それでも久しぶりの温泉は気持ち良かったなぁ!
やっぱ手足を伸ばして入れる浴槽は良いなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

野生のテン

3月に旭川に行ったときに足を延ばして立ち寄った協和温泉で帰り際に野生のテンがいた。

協和温泉の玄関に来ていた野生のテン。

協和温泉の玄関に来ていた野生のテン。


玄関から外に出ようとしていたら受け付けの方が「テンがいる」と言っているので、外を見たら玄関脇にテンが来ていた。
私がそちらのほうに向き直ると慌てて逃げていったが、それでも時々振り返っては玄関の方を気にしていたので運よく撮影することが出来た。
食べる物でもねだりに来ていたのかな?
協和温泉の正面。

協和温泉の正面。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。