More from: 温泉

赤井川カルデラ温泉

後志管内赤井川村の村役場近くにある温泉で、施設名は「赤井川村構造改善センター」。
以前から何度も行っているが、何故か「温泉の記憶」でも、このblogでも紹介していなかった。
先月末(2/28)にも行ってきたのでようやく紹介。
赤井川村というと「キロロリゾート」が有名だが、この温泉はキロロとは違って村の市街地中心部近くにある。
大体の場所は下の地図で見てもらうとして、要は村役場の近くにあるということ。
市街地にあるので、入浴に来る人の大半は村の人達らしいが、中には私たちのように村の外から来る人もいるみたい。
浴槽は大きな内湯が一つ(途中で区切られていて、深さが違う)、露天風呂に一つとなっている。
洗い場はそれなりに数があるので、混んでいてもそれほど待たずに済みそう。
泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)」(旧泉質名:含食塩・芒硝-重曹泉)。
温度調整のため水道水を加水している旨の表記があるが、循環ろ過はなくかけ流し。

赤井川温泉の施設外観。ちょっと温泉施設には見えない(笑)


ここは温泉だけでなく、地元の農作物やその加工品の販売も行っていて、入り口のところに漬物や野菜が並んでいた。

赤井川温泉の露天風呂をほぼ真横から見たところ。お湯は無色透明。


露天風呂に浸かって(上の写真の左側の岩を背にして座って)外を見たところ。


正面の雪の高さはおよそ2m弱ほどあるので、外部は見えない。

内湯から出たところから見た露天風呂。


露天風呂は内湯から一段下がったところにあるので、内湯から出ると階段で下ることになる。
手すりはあるが、階段が凍結したら危険かも・・・・・まぁ、暖かいお湯がそばにあるから凍る心配は無いのかな。

赤井川カルデラ温泉
北海道余市郡赤井川村字赤井川71-2
0135-34-6441
10時~22時(6月~10月)
10時~21時(11月~5月)
入浴料 中学生以上400円 小学生200円
定休日 第一・第三月曜日(ただし休日と重なった場合は翌日の火曜日が休館)
公式サイト

大きな地図で見る

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

真冬にパークゴルフ

北見市留辺蕊の塩別つるつる温泉に冬でも天然芝で楽しめるパークゴルフ場が出来たとのこと。
ここは元々屋外にパークゴルフ場があるが、冬でも楽しめるようにと幅8m高さ4.5mの大型のビニールハウスを設置し、その中をパークゴルフ場としたらしい。
この辺りは真冬には氷点下20度にもなるため、地中にパイプを埋めてその中に温泉水(湧出温度約55度とのこと)を通して地面を暖めて天然芝を植えているとのこと。
思惑通りパークゴルフをしに来た人が温泉にも入っていくようになり、売り上げ向上に役立っているらしい。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

オソウシ温泉

昨日はオソウシ温泉に行ってきた。
「温泉の記憶」にも書いているが、9月に仮オープンし、10月にオープンしたとのこと。
施設の一部が新しくなり(トイレの配管や手洗い用のシンク等は新品になっていた)、建物の内装の一部も新しくなっていた。
入浴券や食堂の食券は自動券売機で購入するようになっていて少々びっくり。
一番変わっていたのが男女の浴場が入れ替わっていたこと。
元の女性用の浴室が駐車場に面しているから入れ替えたのかな?
内湯の広さは男性用のほうが広くなったが、洗い場は男性用に1つ、女性用に2つと女性用のほうが多くなっている(とはいえ少ないけど)。
露天風呂は基本的に変わっていなかったが、源泉を注いでいる配管が新しくなっていた。
源泉の温度が低い(26.9度)ため加温しているが、それ以外は源泉に手を加えずに掛け流しているのは以前と同じ。
飲用の温泉水が休憩所(大広間)に用意されていた。露天風呂や男性用浴室にも源泉の浴槽があるが、そちらの湯は飲用に適さないとのことなので、くれぐれも飲まないように。
入浴料は大人600円、子供300円。日帰り入浴は午前10時から午後8時まで。
冬期間も営業するが道路状況によっては臨時休業する場合があるとの張り紙があった。
まぁ、道道718号線を外れてから7Kmの内6Kmは幅5mほどの未舗装の林道なので、除雪も大変なのだろう。

オソウシ温泉外観

オソウシ温泉外観。以前と殆ど変わらないように見える。


男性用内湯

男性用内湯。右側の小さい浴槽には源泉がそのまま注がれているので、少々冷たい。それでも浸かっているとだんだん温まってくる。


男性用露天風呂

男性用露天風呂。奥には源泉の浴槽がある。左側の板塀の反対側は女性用の浴槽。実は浴場自体はつながっていて、行き来が出来る。


男性用浴場の洗い場

男性用浴場の洗い場。これ一つのみ。シャンプーとボディソープは備えられている。


大きな地図で見る

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

亀の子荘が廃業?!

北海道人の独り言 清水温泉「フロイデ」の記事によるとナイタイ高原温泉亀の子荘が廃業しているとのこと!
「え?なんで?どうして?」と思ったが、チロンヌップ☆チャンネルによると、2006年のGWにボイラーが故障して休業したらしい。
その後再開されたかは判らないが、現在は営業していないとのこと。
結構お気に入りの温泉だったが、ここ数年はご無沙汰していたので全然知らなかった・・・・・・orz
以前宿泊した時にはチェックアウト後女将さんが車が見えなくなるまで玄関先で見送って下さったのが印象的だった。

まぁ暗いニュースだけではなく、明るいところでは、十勝毎日新聞の記事(記事は既に削除済みのためリンク切れ)によれば、売りに出ていたオソウシ温泉が札幌の企業に売却され営業が再開されるとのこと(現時点では既に再開されている)。
ここも再度訪れたいと思っていたので嬉しいニュースだ。

大きな地図で見る

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。