More from: パソコン

メールが送れない?

遠隔地のユーザーから「お客様へのメールが送れなくなった」とのS.O.Sが入った。
送信時のエラーを見て貰うと
“550 5.1.1 送信元アドレス Recipient address rejected User unknown in local recipient table”
と出ているとのこと。
これは送信者宛先のアドレスが送信受信サーバのローカルに無いと言ってはじかれている。
当人にはメーラーに設定してあるメールアドレスを確認して貰ったが、正しく設定されているようだった。
ところが、こちらで中継サーバーのログを見ると、一見正しく設定されているように見えて、実は一文字抜けていることが判明。
恐らくはそれが原因だと思うので、それを直して貰うことにしよう。

後に見直して貰ったら、BCCに設定した宛先のアドレス(自分自身のアドレス)が一文字抜けていて、それを直したら送信できたとの連絡があった。
うーん、やっぱりアドレス間違いかぁ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

新しいプリンタが来たので・・・

先だっていきなり壊れたプリンタの替わりに注文したプリンタ(というか複合機)が来た。
今度のプリンタ「PIXUS TS6030」はスキャナー機能もあるので、妻がこれまで使っていた古いスキャナも不要になった。
そのスキャナはCanonの「Canoscan LiDE 40」で、なんと対応OSがWindows7までで、しかも32bit版のみ(MacOSはMacOS X 10.6まで)。
これでは自宅のPCでは使えない(妻はMac bookのエミュレータ上にWindows7 32bit版をいれて使っていた)と思ったが、”canon lide40 windows10”でググってみると、Windows10の64ビット版にドライバを導入して使っている人がいた。
どうやっているのかと思って内容を読んでみると、上位機種「LiDE 60」のWindows7 64bit版のドライバを入れているとのこと。
ただし、ダウンロードしたそのままではインストールできず、ダウンロードしたドライバ(2017/12/10現在の最新版はlide60vst6411111a_64jp.exe)を7-zipというフリーソフトで解凍し、出てきた”SetupSG.exe”を再度7-zipで解凍すると”CNQL60.INF”が出てくる。
そうしてからスキャナを接続し(当然ながら動作しない)、デバイスマネージャでドライバの更新を選び、ドライバを検索する際に”ディスク使用”で先ほど出てきたCNQL60.INFを指定すると互換性に関する警告は出るがドライバがインストールされて無事にLide 40が使えるようになった。
動くようになったのは良いんだけど、私は元々スキャナを殆ど使わないのであまり意味はなかったかも(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

プリンタが来た

木曜の深夜に注文したプリンタ「Canon PIXUS TS6030」が今日の午後に届いた。
早速、箱を開けて設置&設定をしたけど、無線LANの設定とかも自動でやってくれてすごく楽(まぁ、後で自分好みに直したけど)。
PC側の設定もセットアッププログラムが殆ど自動でやってくれたけど、PORTはWSDで設定されるので即座にTCP/IPポートに変更。
まぁPCに詳しくない人はそのままでも特に支障は無い筈なので、これはこれで良いのかな?
取り敢えず、私は主に使うデスクトップ(Windows7Pro 64bit)とノート(Windows10Pro 64bit)に、妻はMac bookで使えるようにしたので、今年の年賀状は大丈夫。

プリンタを入れ替えて最も変わったのは設置スペースが小さくなったことだな(笑)。
前の「PIXUS iP4500」に比べると幅が10cm程度小さくなっていたのはありがたいな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

今週の特価品

週末恒例のツクモ札幌店の特価チラシ。
明日の土曜日は480GBのSSDが14,980円(税別)と3TBのHDDが6,980円、明後日の日曜はと・・・
ん?6TBのHDDが19,980円だと?うーん、これはなかなか・・・
後はSandiskの128GBのmicroSDXCが3,980円か。
今週は日曜日のほうが気になるね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

直ってきた

先だって修理に出していたCanonのカラーレーザープリンター「LBP-5910」が帰ってきた。
修理したのはホッパー部のギアで、トナーの開口部に噛み合っているギアと一体成型されているシャフトが捩じ切れていたので、ギアごと交換。
同じギアが他に三つあったので部品代が安い(数百円)こともあって全部を予防交換。
ついでに定着ユニットのシートが半分以上剥がれていたということで交換を勧められたが、部品代が5万円を超すのでそれはお願いせず、手元に中古の定着ユニットがあるので、それと交換することにした。
ところが業者さんに未使用の定着ユニットがあったということで、新品の定着ユニットが装着されてきた。
当然料金はタダということになったが、ちょっと気が引けるなあ(汗)。

これでカラー印刷は出来るようになったんだけど、今度は各色のドラムが寿命みたいで筋が出るんだよなぁ、、、
ちゃんと買ってくれれば良いけれど・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

プリンタを発注

自宅のプリンタが壊れたということで、新しいのを注文した。
注文したのは下のCanon製のインクジェットプリンタで、2016年のモデル。
選んだのは妻で、選考基準は
・Canon製
・前面給紙可能(ハガキは背面トレーで可)
・独立インクタンク
・スキャナー付き
・安いの!
といったもの。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン インク複合機 ピクサス TS6030 ホワイト
価格:15285円(税込、送料無料) (2017/12/7時点)

今回壊れたのは同社の「PIXUS iP4500」で、スキャナーは無いがCD/DVDレーベル印刷が可能な機種だった。
新しいのもレーベル印刷が欲しいかな?と思っていたが、それが可能な機種となると価格が結構上がってしまうし、ここ何年かレーベル印刷をしていないから無くても良いだろうということになった。
※いや、レーベルのデザインを作るのが面倒なので、ついついマジックで書きこんで終わりにしていたんだよね(汗)。
代りにスキャナー付きを条件に入れたのはスキャナーも(いろいろと)古くなってきていたのが理由。
無線LAN機能があるので、電源さえ取れれば設置場所を選ばないのも魅力だね!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

プリンタ死亡?

妻から連絡があって、自宅のプリンタが壊れたらしいとのことorz
問題のプリンタはCanonの「PIXUS iP4500」。
10年近く前に買った機種なので、そろそろ壊れてもおかしくは無いが、使用頻度はそう高くなかったのでちょっと勿体ない。
まぁ、このクラスの機種は直すより買い替えたほうが安いし、そもそも修理対応が終了している(汗)。
まぁLAN対応の機種が欲しかったから買い替えかな?
と思って楽天でざっと探してみると、もっと古い「iP4100R」を発見!
2004年発売の古いプリンタの中古が最新のエントリークラスと同程度の価格で売られている。
このプリンタはMacOS9に対応しているので、その辺が今でも取引されている理由かな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「Inspiron 1210 (Mini 12)」

職場に使っていないミニノートPC「Inspiron 1210」が転がっている。
前の使用者がバッテリーがヘタって持ち歩けなくなった、ということで私のところで預かっているんだけど、預かってから年単位で時間が経過しているし、当人には別のノートPCが支給されたので最早使うことは無いだろう。
OSはWindows VISTA HOME Basicなので、これをUbuntuLinuxにでも入れ替えたら使えそうな気はするが、それにはメインメモリが1GBしか無いのがネック(自宅にあるVAIO Type-Gが1.5GBでもスワップが多くて使い難い)。
そこでメモリの増設が可能か調べてみると、この機種はメインメモリがCPU(ATOM Z530)やチップセットと同じ基盤にメモリチップが直接載せられていて一般的なノートPCのような交換や増設が不可能だということが判明。
さらにHDDもPATAの1.8インチ(ZIFタイプ)でアクセス速度が遅いので、無理に使うことを考えない方が幸せかもしれないな(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

トラックポイントが勝手に動くようになってしまった

IBM(現在はLENOVOが開発販売)のThinkPadの特色の一つに1992年10月に発表されたThinkPad 700Cから採用されているポインティングデバイス”トラックポイント”がある。
私がジャンク扱いで手に入れて使っているThinkPad E540にも搭載されていて、マウスの使えない膝の上での操作に役立っている。
昔からThinkPad(トラックポイント)を使っていて時折出くわすのが、「勝手にポインターが動く」ドリフト現象。
一度発生するとしばらくの間は勝手にポインターが動いてしまうのだが、その方向は直前に動かしていた方向になることが多い感じがする。
今日はこのThinkPad E540でも発生してしまい、1時間ほどの間は操作に苦労させられた(汗)。
ポインターの動く方向(今日の場合は右下)とは反対の方向に力をかけてみても改善せず、PC自体の再起動でも直らなかったが、なにかの拍子にあっさり直ってしまった。
まぁ、直ったので良かったけど、昔からあるこの現象(昔から所有しているThinkPad 230CSやThinkPad 600X辺りでも発生する)、今でも完全には直っていないのね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ついに来たか!

先日は職場のPCで、今日は自宅のノートPCでアクションセンターにWindows Updateからのお知らせが表示された。
内容は”Windows 機能更新プログラム”の告知で、既にインストール可能な状態になっているとのこと。
なかなか来ないと思っていた”Fall Creators Update”がついに配信されてきたということだねぇ、、、
これを入れるとネットワーク関係の細かい設定がいろいろとリセットされてしまってやり直さなくてはならないのが面倒なんだよなぁ、、、
※個人ユースの大半のPCでは殆ど影響は無い筈、業務上の必要性でいろいろと設定を変更しているとそれらの設定を再度行う羽目になる(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。