More from: アニメ

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「初音」じゃないよ、「発音」だよ

2019/2現在放映中のアニメ「新幹線変形ロボ」からH5系の運転士「発音ミク」のネンドロイドが発売予定。
北海道新幹線開通とともに導入されたH5系の運転士は北海道にちなんでか「初音ミク」そっくりな「発音ミク」というキャラクター。
たまに登場するしOPには顔を出すんだけど、最近は全くと言ってよいほど出番が無いのが残念だ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

もはや食玩じゃないよね(笑)

バンダイが食玩として展開している「ユニバーサルユニット」シリーズ。
全高が85mm程度のモビルスーツがメインだけど、中にはとんでもない商品もある。
プレミアムバンダイ限定で販売されている「RX-78GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム」がそれで全長はなんと58cmもある。
これだけ大きいとスーパーのお菓子売り場には置けないよねぇ(笑)。
価格も超弩級で税込み19,224円!
子供にこんなのを買って欲しいとねだられても厳しいなぁ(汗)。
その前に自分で欲しいよ!(汗)。
問題は飾る場所だなぁ、、、いつぞやの「劇的!ビフォーアフター」の”ビフォー”に出て来たデンドロと同じ運命になるんだろうか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

昨日の「シンカリオン」

サブタイトルから今回もネタ回かと思ったが、意外とシリアスな出だし。
これでどうやって季節ネタである節分(豆まき)に持って行くのかと思ったらちょっと強引な感もあったがなんとか豆まきシーンがあった。
一応ストーリーにも関係していたが、別に豆まきである必要性は無かったよなぁ(汗)。
とはいえ、これを見て今日が節分だということを思い出したので無意味では無かったな(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ガンダムとプロ野球12球団がコラボレーション

機動戦士ガンダムとプロ野球の12球団がコラボして各球団のカラーリングのガンプラが発売になるらしい。
東北楽天のは青い部分が無いだけでノーマルの塗装とあんまり違わないなぁ(笑)。
北海道日本ハムファイターズはH5系”はやぶさ”みたいな色・・・
埼玉西武バージョンはサイコガンダムみたいな色(笑)。
各球団ではコラボデー等のイベントを実施するとのこと。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

先週の「シンカリオン」

総司令長がまたまた登場。
いやぁ、楽しい人だ(笑)。
ハヤトの新幹線例え話はかなりマニアックになって来ているし、セイリュウもかなり感化されてきている。
それを見守る(?)上田アズサはなんとも言えないねぇ(竹達だしね)。

それにしても「のぞみ」と「こだま」のダイヤの差を取り上げるなんてマニアックだなぁ(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

先々週の「シンカリオン」(笑)

子供の冬休み中は全然見ていなかったが、昨日妻子が妻の実家から帰ってきたので先々週(1/12)の分まで一気に見た。
前回の予告でハヤトが会ったのは”山寺 宏一さん”と言っていたので楽しみにしていたら本当に総司令長の中の人が山ちゃんこと山寺 宏一さんだった(笑)。
この総司令長が楽しい人で”鉄オタあるある”を地で行っているようだった(笑)。
それを見て”友達がいないんだね”としっかり見破る上田アズサたちがなんとも言えない、ホントに小学生か彼女たち?
総司令長の今後の活躍(?)が楽しみだね(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

水樹奈々の新曲

奈々様こと水樹奈々の新曲「REBELLION」が奈々様の誕生日である今日から一部サイトで先行配信されている。
他の配信サイトでは1/23からの配信予定だそうで、あと二日待たなくてはならない、、、
今回の曲は配信のみなのかぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」

2013年公開の3DCG映画「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」を見た。

前編CGで製作された画面は凄かった!
でも、これのどこが「キャプテンハーロック」なのだろう?
設定もストーリーも原作とはかなり異なっていて(というかストーリーは完全に別物)、全くの別作品になってしまっている。
この内容ならなにも「ハーロック」にする必要も無く、完全オリジナルで良かったのでは無いだろうか?
キャスティングはメインに人気俳優を起用し、脇にはベテランの声優さんを入れて固めていた。
個人的にはKEIの中の人が先日出産された沢城みゆきさんだったのがポイント高いな。
とはいえ、このキャラも原作の有紀螢とは全く異なる性格付けをされているのがなんとも残念。
ストーリーそのものは悪くは無いんだけど、どこか納得できないシーンやカットがあり、時折首をかしげることもあった。
これはエンディングテロップで脚本担当の名前を見て納得したけどね(笑)。

総じてこの映画は原作を知らないor思い入れが全く無い人なら楽しめるかもしれないと感じた。
日本での興行成績が振るわなかったのも良く判るというものだ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。