More from: 車

全長6m超のアウディ「A8 L」リムジン

ドイツVWグループのアウディが同社のセダン「A8」のロングタイプである「A8 L」をベースに全長を伸ばしたリムジン「A8Lエクステンデッド」を製作した。
その全長は6,360mmとベース車の5,275mmに比べ1,085mm延長され、ホイールベースも4,220mmで1,100mmも延長されている。
というか、ホイールベースだけでホンダの「フリード」の全長4,215mmよりも長いって・・・
つまりこの「A8Lエクステンデッド」の前後輪の中心の間に「フリード」がおさまってしまうと言うわけだ(笑)。
この延長した部分にシートとドアを増設し、ドアの枚数は左右とも3枚づつの6ドア、シートも3列になっている。
増設された2列目シートはこの手のストレッチリムジンにありがちな後ろ向きでは無く、前向きに取り付けられているのでシート配置だけを見ると3列シートのミニバンの様(笑)。
パワーユニットはベースの「A8 L」に搭載される6.3LのW12エンジンでも4LのV8ターボでも無い、最高出力310hp最大トルク440Nmを発生する3L直噴ターボエンジン搭載とのこと。

ベース車でも車重が2.2tもあり、それを1mもストレッチしているので3t程度にはなるであろう車体を走らせるにはちょっとどうかなぁ?とは思うものの、0-100Km/h加速は7.1秒とかなり速いので不足は無いのだろう。

こんなに長いと狭いところでの取り回しは大変そうだなぁ、ベース車でさえ大きな最小回転半径(6.1m)なのに、この車は一体どれだけの広さを必要とするんだろう(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタの「パッソ」がフルモデルチェンジ

軽自動車を除くとトヨタの車の中で最も小さい「パッソ」がおよそ6年ぶりになるフルモデルチェンジを受けて発売された。
同時にダイハツの「ブーン」もフルモデルチェンジされた。

今モデルはダイハツとトヨタが共同で開発していた前モデルまでと異なり、開発から製造までダイハツが行いトヨタにはOEMで供給する。
今回のモデルチェンジで1.3Lエンジン搭載グレードが無くなり、全て1Lエンジン搭載となった。
コンパクトカーでは気になる燃費はFFモデルで28.0Km/L、4WD車でも24.4Km/Lとかなり頑張った数値となった。
旧モデルの数値(FF:27.6Km/L、4WD:21.0Km/L)からの伸びはそれほどでも無いように見えるが、旧モデルの数値は一部のグレードのみなのに比べ、新モデルは全てのグレードで先の数値を達成しているので、実質的にはかなりの燃費向上と言える。
また価格も基本の1.0Xで115万円となり、その他のグレードも前モデルより数万円~10万円程度の値下げがされているのもポイントが高い。

いやぁ、今朝方トヨタディーラーの前を通りかかったら新型が置かれていて思い出したよ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

珍しい車・・・

車に乗っていて前方の信号が赤だったので前走車に続いて止まろうとしてその前走車を見ると、一見軽よりも少し大きい程度のワンボックスだったが、付いているエンブレムがトヨタだった。
リアの右側には「SPARKY」のエンブレム。
なんとトヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売していていた車だ。
以前にもこのブログで書いたことがあるけど、見かけることは滅多に無い珍車希少車。

さらに今朝は三菱の「プラウディア」も見かけた。
この車も日産から「フーガ」のOEM供給を受けて販売している車。
こっちは特定の時間帯に良く見かけるので、たぶん見かける場所の近くに潜んでいて決まった時間になったら出て来るんだろうな(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

時速300Kmでのドリフト?!

日産が同社の「GT-R」がドリフトの最高速世界記録を更新したと発表した。
その記録はなんと304.96km/h!

使用した車両は「GT-R」を基にエンジンを3.8Lから4Lにして最高出力を1,380psまでアップし、駆動方式を4WDからフロント側の駆動機構を廃して後輪駆動に変更した”特別な”「GT-R」。
この車両をアラブ首長国連邦のフジャイラ国際空港に持ち込み、同空港の3Kmの滑走路上で記録にチャレンジ。
最初に350Km/hまで加速した後で直線でのドリフト(いわゆる”直ドリ”)状態に移行し、ドリフトアングルを30度に保った状態での速度が先の速度というわけ。

以前の世界記録は217.973km/hだったらしいので、実に80Km/h以上も更新したと言うわけか、、、
動画も見て凄いと思ったけどちょっと想像つかない世界の話だなぁ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

女王陛下の車が売却されるとな

英国の現女王であるエリザベスII世の公用車が売りに出されることが発表された。
今回売却されるのは専用車として使用された「ベントレー ミュルザンヌ リムジン」で、使用された期間は約2年間、走行距離は5,800マイル強(1万キロメートル弱)と少なめ。
皇室専用車として内外装にアップグレードが施され、ノーマルとの差別化が図られている(とはいえ、この手の車のユーザーはなにかしらオプションを個別にオーダーするのが通常)。
面白いところでは女王の公邸である”ウィンザー城”が”自宅”としてカーナビに登録されているとか(笑)。
価格は20万ポンド(約3120万円)ということで、販売当時の日本での新車価格(3380万円)よりは安い(笑)。
安いと言っても流石に女王専用車ということで値付けは強気なのだろうが、その希少性から考えるとコレクターにとっては安いのかも?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ジヤトコのCVT生産台数が3000万台に到達

自動変速機のメーカーであるジヤトコ株式会社は、同社のCVT(無段変速機)の世界生産台数が3000万台に達したと発表した。
1997年の製造開始から18年8カ月での到達で、単一メーカーとしては世界初とのこと。
ジヤトコは前身が日産自動車のAT変速機製造をしていて、その後「日本自動変速機株式会社」として設立(フォード・日産・東洋工業:現マツダの合弁)された変速機を始めとする自動車部品の専業メーカー。
その生い立ちから日産とのつながりが強く(現在も株式の80%は日産が所有する)、日産車の自動変速機はジヤトコ製であることが多い。
私が以前乗っていたK12マーチのATもジヤトコ製で、ミッションが冷えている状態では1速と2速のつながりが悪く、シフトアップ時にけっこうショックがあり、そのショックを抑えるためにタイミングをはかってアクセルを緩める必要があったので(私の中では)イメージがあまりよろしくないメーカー(この変速ショックは後に改善されたものが搭載されるようになり、初期のK12マーチユーザーの中にはメーカー保証の範囲内と言い張って換装して貰った人もいるようだ)。

CVTに関しては現在世界シェアの41%を握るトップメーカーになっているので、将来的にはまたジヤトコ製のミッションを積んだ車に乗ることもあるだろう。
その時にはK12マーチよりもマシなミッションだった良いな(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

テスラのEV「モデル3」の受注がとても好調

アメリカのEVメーカー、テスラモーターズが3/31に発表した新型EV「モデル3」が大人気。
発表後24時間での受注が18万台に達し、その1日後にはさらに上乗せして27万台に達したと発表された。
もともとアメリカの環境問題に敏感な富裕層等に人気があるテスラモーターズのEVだが、この「モデル3」は価格を同社のモデルとしては35,000ドルという低価格に設定したのも一つの要因かと。
EVでは日本で最も売れている日産の「リーフ」が発売5年でようやく20万台(しかも全世界で)に達したばかり。
これと比べるまでも無く「モデル3」の受注ペースは異常に早い。
テスラの生産体制について良く知らないけど、こんな大量の受注を受けても生産が全く追い付かないんじゃないだろうか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

日産「ノート」のハイブリッドはこの秋登場?

日産のコンパクトカー「ノート」は同社の中ではミニバンの「セレナ」SUVの「エクストレイル」と並んで売れている主力車種。
実際この2月の販売台数も9,800台で日産車のなかではトップ。
この「ノート」にこの秋にでもハイブリッドが追加されるということになるらしい。
日産のハイブリッドシステムと言うと、「シーマ」「フーガ」「スカイライン」に搭載された1モーター2クラッチのシステム、及びそれをFF用に改修し「エクストレイル」に搭載したシステム、「セレナ」に搭載したマイルドハイブリッドがある。
この中でFF用は「エクストレイル」のシステムと「セレナ」のシステムがあるが、「ノート」に搭載されるのはこれらとは全く異なるシステムになると言う。
前に挙げたシステムはどれもエンジンの出力とモーターの出力の両方を駆動輪に伝える「パラレル方式」だが、「ノート」に搭載されるのは、駆動はモーターのみでエンジンは発電のためだけに使われる「シリーズ方式」だとのこと。
この方式の利点はエンジンは常に効率の良い回転域で運転させておけることで、車速が変化しても効率の悪い回転域を使う必要が無くなる。
バッテリーの残量に余裕がある場合はエンジンを止めた状態でも走行は可能だが、「ノート」の場合はコストや重量を削減するためにあまり容量の大きなバッテリーは搭載されないということなので、基本的に走行中はエンジンが回っていることになりそうだ。
これと似たようなシステムを採用している車としては三菱の「アウトランダ―PHEV」やホンダの「アコードハイブリッド」がある。
ただこの2車種は高速走行時等の状況に応じてエンジンの出力も駆動に使う「パラレルモード」に移行するので、完全な「シリーズ方式」では無いとも言える。
「ノート」の場合はエンジンと駆動輪を繋ぐ機構のない完全な「シリーズ方式」とのことなので、機械的にも単純化されコストも抑制されるという利点もある。
「ノート」の駆動用モーターは同社のEVである「リーフ」と同じ物をを採用するらしいので、走行性能は十分な筈。
発電用のエンジンは現在搭載されているのと同じ1.2Lの直列3気筒エンジンで、変速機の替わりに発電用のモーター等が組み込まれることになる。
ということは自動車税もガソリンモデルと同じ年額34,500円となるわけだ。
せっかくハイブリッド化してエンジンを発電専用にするなら1L未満のエンジンにすれば自動車税の負担も小さくなって良いのに?と思うのだけど。
現在日産には軽自動車用を除くと1L未満の小型エンジンが無いので、新たに開発する手間と費用を考えると今あるエンジンを流用したほうが得策と言うことなのだろうか。
気になる価格は230-250万円程度ではないかと予想されている。
んー、このクラスの車としてはちょっと高いかなぁ~?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

タイヤ選び

札幌では道路の雪もすっかり融けて、行きかう車も夏タイヤを履いている姿が多くなってきた。
スタッドレスに比べると燃費も乗り心地も良いので雪の心配がなくなった時点で交換するのが一般的。
ウチの車のタイヤも夏タイヤにしたいところだが、昨年の夏に履いていたタイヤが限界なので、今年は新調しないとならない。
そこでどのタイヤを選ぶかで少々悩んでいる。
今のご時勢は燃費の良い”エコタイヤ”であるのは当然、加えてノイズの少なさや乗り心地の良さも大事で、数ある銘柄の中から価格も考慮して選びたい。
先日修理した際にタイヤの価格表とカタログを貰って来たんだけど、乗り心地に関しては参考にできる情報が少なくて困っている。
昨日は全国規模のカー用品ショップチェーン店に行ってタイヤ売り場で店員さんに相談して、3銘柄程度に絞り込んだ。
今のところ候補は
・ル・マン4(ダンロップ)
・PlayZ PX-C(ブリジストン)
・ECOPIA EX20 C(ブリジストン)
の3種類。
タイヤラベリング制度による表示は3銘柄ともA-bで全て同じ。
となると判断基準は乗り心地と価格と言うことになりそう。
お店の人の話ではこの中で乗り心地が良い、というかお勧めは「PlayZ PX-C」とのことだが、反対に価格は最も高かった。
うーん、どれにしよう???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタ「アクア」が販売台数100万台を達成

トヨタのコンパクトハイブリッドカー「アクア」が国内販売100万台を達成した。
「アクア」は2011年12月26日に発売され、実質的に2-3日しか無かった初月こそ361台の販売にとどまったが、その後は今年の2月まで月間販売目標の12,000台を一度も下回ることなく好調に売れ続け、2015年12月までの累積販売台数が978,029台に達していた。
今年(2016年)に入っても同社の「プリウス」に販売台数1位の座を譲ってはいるものの順調に販売台数を伸ばし、1月と2月の販売台数が合計で26,730台となり、過去の分と合わせると1,004,759台に達した。
発売から僅か4年2カ月での100万台突破は同社の「カローラ」を上回るペースだとのこと。

こんなに売れているんだもの、街中で良く見かけるわけだよなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。