More from: 車

アウディの「Q2」は”短い”

先だってジュネーブモーターショー2016で公開されたアウディの「Q2」。
ジャンル的にはクロスオーバーというかSUVというか微妙なところだけど、同社の「Q」シリーズ(「Q7」「Q5」「Q3」)の末弟にあたるモデル。
車体のサイズも全長が「Q3」の4,400mmに対して200mm以上も短い4191mmとなり、これはマツダの「CX-3」(4,275mm)やホンダの「ヴェゼル」(4,295mm)より少々短く、日産の「ジューク」(4,135mm)より少々長いという日本国内でも丁度良い程度の長さ。
ネット上のニュースサイト等ではこの点を取り上げて日本でもヒットするのではないか、という記事が目立つ。
ところが全幅は1,794mmもあり、これはトヨタ「クラウン」(1,800mm)にせまるサイズだ。
たしかに先に挙げた国産三車も1,765mm(「CX-3」「ジューク」)、1,770mm(「ヴェゼル」)と所謂”3ナンバーサイズ”だけど、それらを上回る幅は少々いただけないと思う。
”たかが数十ミリ”と言っても、駐車場や狭い路地等では幅は狭い方が取り回しも楽だし、駐車時にドアを開ける際に隣の車との間隔はなるべく広い方が危険度は低い。
ジャンルは異なるけど日本で売れているミニバン(「ノア/ヴォクシー」「セレナ」「ステップワゴン」)の幅が”5ナンバーサイズ”である理由をもう少し考えた方が良いのではないだろうか?

それにしても「Q2」っていう車名、その昔流行った「ダイヤルQ2」を思い出させるね(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

代車は「FIT3」

昨夜車をディーラーに預けに行った。
正月に不注意でぶつけた箇所の修理をお願いするため。
預かって貰うだけでは普段の車の使用に困るので、代車を出して貰ったところ現行の「FIT3」を貸して貰えた。
まだ2000Kmちょっとしか走っておらず、新車の匂いが残っている車。
普段乗ってる「フリード」に比べると背が低く、特に後席に装着したベビーシートに子供を乗せる時に腰をかがめなくてはならないのは辛いけど、新しい車は良いねー。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ランボルギーニ「センテナリオ」は完売でワールドプレミア

3/1にジュネーブモーターショー2016で世界初公開されたランボルギーニの「センテナリオ」は公開時に既に完売していた。
この「センテナリオ」はランボルギーニの創始者であるフェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年を記念して製作された限定車。
ベースは同社の「アヴェンタドール」だけど、ボディは完全に新設計でファイバー製、モノコックもフルカーボンで乾燥重量は1,520Kgに抑えられた。
エンジンは「アヴェンタドール」の6.5LのV12をベースに最高出力を770hpにアップされている。
結果、パワーウェイトレシオは1.97Kg/hpとなり、0-100Km加速は僅か2.8秒(ヴェイロンの0.3秒落ち)と公表されている。

生産予定台数はクーペ20台とロードスター(オープン)20台の合計僅か40台。
価格は税抜きで1,750,000ユーロ(およそ2億1,600万円)と高価だが、内装がフルオーダー制ということや完全限定生産車という希少性も相まって車好きの富裕層に受けたらしく、既にオーダーストップとなったようだ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

日産の「マーチ」は今秋にもフルモデルチェンジ?

「マーチ」は初代がデビューしてから34年も経つ日産のコンパクトカーの主力車種だった。
”だった”と過去形にしたのは四代目となる現行モデルの販売が思わしくなく、昨年一年間で登録車販売台数のベスト30に入ったのは1月の一回だけという低迷ぶり。
しかもその一回もギリギリ30位で、それ以降は1年以上もランク外。
本来であれば価格が安く利幅の比較的少ないコンパクトカーは台数を売って稼ぐ必要があるのだけど、「マーチ」は三菱の「ミラージュ」と並びコンパクトカーとしては”失敗作”と言われても仕方の無いほど売れていない。
その「マーチ」がこの秋にでもフルモデルチェンジを受けることになりそうだという。
初代及び二代目がおよそ10年、先代の三代目も8年ほどモデルチェンジ無しで売られていたが、四代目となる現行モデルがデビューしたのは2010年7月なので、これまでで最も短い6年少々でのモデルチェンジと言うことになる。
現在日本で販売されている「マーチ」はタイの工場で生産されているが、ヨーロッパ向け(現地名”マイクラ”)はインドのルノー・日産プラントで生産されている。
ところがヨーロッパ向けの次期「マイクラ」はフランスのパリ近くの工場で生産されることが決定しているとのこと。
日本向けがどの国の工場で生産されるかは現状では不明だけど、現モデルの不振の原因がタイ工場製であるということでは無いとは思うが、日産がどう見ているか?
もしタイで生産しているために国内販売が不振であると判断すれば、次期モデルの生産を国内に戻すことも考えられる。
となると生産コストの関係で大幅に値上げされるか、使用パーツの低品質化が懸念される。
私は販売不振の原因はタイ工場製ではなく、先代のデザインを中途半端に踏襲したためではないかと思っている。
初代から二代目、二代目から三代目へのモデルチェンジでは大幅にデザインを変更してきたのに、現行モデルでの変更はまことに中途半端な変更としか思えず、それが販売不振の原因の大きな部分を占めているのではないだろうか?
その程度のことは日産も認識しているようで、既にヨーロッパでの公道走行試験を開始している次期モデルは大幅にデザインが変更され、これまでの女性受けを狙った丸目のデザインからどちらかと言うと男性受けしそうな横長でシャープなヘッドライトを初めとするダイナミックなデザインになっている。
これはこれで良いとも思えるが、これって初代・二代目と女性受けするデザインで成功していたが、三代目で男性受けするデザインに変更して売れ行きが下がった(それでも「マーチ」の3倍くらい売れている)トヨタの「ヴィッツ」の二の舞になりそうな気もするなぁ・・・
まぁ、「ヴィッツ」の場合は似たようなサイズ(少し大きくて価格がかなり高くなるけど)で燃費の良いハイブリッド専用車「アクア」があって、ユーザーがそっちに流れたことも影響しているんだろうけどね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

マツダがミニバン市場から撤退

マツダがミニバン市場から撤退するのでは?という噂が以前から出ている。
マツダのミニバンと言うと大きい方から「MPV」「ビアンテ」「プレマシー」があるが、どれも見かけることの少ない希少車といえる。
たしかに1月の販売台数を見ると「ビアンテ」と「プレマシー」が3ケタだが、一番高い(=利幅の大きい)「MPV」は僅か42台。
3車種合計でも千台も売れておらず、「ヴォクシー」や「セレナ」の数分の一という悲惨さ。
モデルライフが一番古い「MPV」が丸10年、「ビアンテ」が7年半、最も新しい「プレマシー」でも5年半なので、どれもフルモデルチェンジをしてもおかしくない。
元々の人気の無さに加えモデル末期ともなればよほどのことが無い限り販売台数が上向く事は無い。
かといってモデルチェンジをするには多大なコストがかかるが、そこまでしても売れると言う保証はないわけで、この際いっそのこと3モデルとも廃止する方向ではなかろうか、と言われている。
マツダではミニバンの替わりに現在販売好調なSUVのラインアップを拡充するということらしい。
たしかにマツダの車で売れているのはコンパクトカーの「デミオ」の次は小型SUVの「CX-3」だし、それより大きい「CX-5」がその次だから判らないでも無い。
もし噂通りで「プレマシー」まで廃止になったら日産にOEM供給している「ラフェスタハイウェイスター」も廃止と言うことになるのだろうな。
一時期「ラフェスタハイウェイスター」も良いかな?と思ったことがあるけど、4WD車の燃費が悪過ぎて検討対象から外してしまった。
なんで「スカイアクティブ-G 2.0(PE-VPS)」をFFにしか採用しなかったのだろう?(4WD車は旧型のLF-VEのまま)。
組み合わせるミッションのせいかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ソフトウェアまで統一されていたのか・・・

MotoGPのレギュレーションが今年から(も?)変わった。
まずタイヤのサプライヤーがブリジストンからミシュランへ変更された、ということはサスセッティングを始めいろいろとマシン側も弄らなくてはならない。
さらに制御ECUのソフトウェアもこれまでの独自開発から指定のものに統一されたとか。
もちろん各種パラメータの変更は可能だけど、どのパラメータをどう弄るとどう変わるかは”やってみなくては判らない”。
こりゃ各チームともシーズン開始まで(開始後も)セッティングで悩みそうだねぇ・・・

それにしてもそこまで統一するなんて、コスト削減とはいえよくやるなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ブガッティ ヴェイロンの後継「シロン」がお目見え!

最高速度400Km/hというふれこみでデビューし、昨年完売したブガッティ「ヴェイロン」の後継「シロン」がジュネーブモーターショー2016でワールドプレミアとなった。
1001hpという当時としては桁違いの出力のエンジンを搭載してデビューした「ヴェイロン」だったが、後継の「シロン」はさらに上を行く1500hpというとんでもない最高出力でのデビューとなった。
パワートレインは「ヴェイロン」と同じ8LのW16気筒4ターボエンジンだが、改良を加え「ヴェイロン」のスーパースポーツの1200hpを25%も上回る出力を手に入れている。
その走行性能は最高速度420Km/h、0-100Km/h加速は僅か2.5秒という”非日常的”なもの。
とはいえ0-100Km/h加速の数値は「ヴェイロン」と同じで、最高速度のみ「ヴェイロン」の公称値である407Km/hを僅かながら上回っている。
発売は今年の秋の予定で、先行予約で販売予定台数500台の1/3の注文が入っているとか。
価格はベース価格が240万ユーロ(およそ2億9400万円)で、これにいろいろとオプションが付くといったい幾らになるのだろうか(笑)。
なんて気にする人には買えないことは間違いない(笑)。

ちなみに車名の「シロン」というのはかつてのブガッティのレーシングドライバー”ルイ・シロン(Louis Chiron )”から取っていると思うけど、「ヴェイロン」発表前の1999年のフランクフルトモーターショーでコンセプトカーとして公開された「EB18/3シロン」が復活した形だね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダ「シビック」が国内向けに復活!

ホンダは現在北米及び欧州向けに生産販売している小型車「シビック」を2018年をめどに国内への投入を検討していると発表した。
「シビック」は1972年に初代が発売され、その後北米等にも輸出が始まったが車体が大型化したこともあり、国内向けは一部の特殊仕様を除き2010年に生産を終了した。
今回国内へ投入を検討されているのは北米向けの4ドアセダンで、これをベースに国内向け仕様とする見込みで、欧州向けのハッチバックの国内投入に関しては未発表。

「シビック」というとFFで2BOXという現在のコンパクトカーの元祖と言っても良いほどの名車で、6代目になる「ミラクルシビック」(”EK型”)辺りまでは走り屋に人気で結構売れたが、8代目の”FD型”になった時に4ドアセダンオンリーとなったために国内では販売が落ち込み、このモデル限りで国内販売が終了した。

今回国内への再投入に当たってはセダン人気が復活しつつあるが、日本車には魅力的なセダンが無い(ホンダには「グレイス」があるが、販売面では苦戦している)ので、魅力的なモデルとして投入することになるという。
かつての名車の名前がどこまで通用するかは判らないけど、復活は嬉しいね。

うーん、そうなると「グレイス」はどうなるんだろう?
サイズが違うから棲み分け出来るかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ダメかな?三井ダイレクト

自損事故で壊れた車を自動車保険で直そうと思って妻に保険会社に連絡をして貰った。
既に修理費用の見積もりは取ってあるので、免責分と等級が下がることによる保険料の上昇分の合計が判れば保険を使うかどうかの判断材料になると思って保険料の差額を教えて貰った。
そうして教えて貰えたのは3等級下がった等級が元に戻るまでの4年分だけ。
保険を使わなければその4年でさらに等級は上がって保険料が下がるので、こっちとしては最高の20等級に上がるまでの全期間分の差額を知りたかったのだけど、事故対応の窓口では教えられないのか別の窓口(お客さまセンター)に電話をして訊いてくれの一点張りで埒が明かない。
たしかに毎年のように保障内容を見直す場合があるから完全に正確な数字は出せないかもしれないけど、それでも中途半端な4年分と言う数字よりは参考になる。
一つのことを訊きたいだけなのに、何故複数の窓口に電話をしなくてはならないのだろう?
こんな対応をされるんだったら次回の更新時(もうすぐなんだけど)は別の保険会社に切り替える方が良さそうだな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

カーナビのデータ更新

ウチの車を買った時に付いていたカーナビはPanasonicの「HDS-620D」という機種で、結構古い製品。
車を買ったのが2012年の終わりで、少なくともそれ以降は地図データの更新をしていないので、新しく開通した道路が載っていない。
主なところでは道央道の国縫IC-大沼公園IC間と千歳空港IC及び黒松内JCT、道東道では夕張IC-十勝清水IC間と本別IC-白糠IC間等。
特に道東道の夕張IC-十勝清水IC間は時々通るので、ちょっと不便に感じている。
Panasonicでは毎年更新用のデータを発売しているが、ウチの機種に関しては2015年12月発売のバージョンが最終らしいのでこの際買ってしまおうかなぁ?
パナソニック(Panasonic) 2016年度版HDDナビ地図更新ソフト HDS600・700シリーズ用 CA-HDL165D
B0181XBHVS

Panasonic CA-HDL165D最終版(2015年12月発売)

Panasonic CA-HDL165D最終版(2015年12月発売)
価格:19,000円(税込、送料込)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。