More from: 車

事故車でも2億円とはさすが「フェラーリ」だね

先だってフランスのパリで行われたオークションに「エンツォ・フェラーリ」が出品され、156万8,000ユーロ(およそ2億500万円)で落札された。
この「エンツォ・フェラーリ」という車はフェラーリ社の創業55周年を記念して2002年から2004年にかけて限定399台が生産されたもので、車名の「エンツォ」とは創設者の「エンツォ・フェラーリ」から取られている由緒正しい車。
性能も当時としては(いや現在でも)飛びぬけており、6LのV12エンジンを搭載し最高出力は660ps、最大トルク67KgmとNAとは思えない数値を叩きだしている。
価格は当時としても高価なおよそ7800万円だが世界中からオーダーが殺到したらしく、現在でもプレミア付きで1億円以上で取引されている。

今回のオークションで落札された車体は2006年にアメリカで事故を起こして破損した車で、イタリアのフェラーリ本社に持ち込んで完全修理された個体。
この車、単なる事故なんてものではなく、時速260Kmでの走行中に事故を起こして車体が前方のコクピット部分と、エンジンを搭載しているサブフレーム部分以降の二つにちぎれてしまうという通常なら廃車にしてもおかしく無い状態になったもの。
それを先に書いたようにイタリアまで運んで完全に修理し、オリジナルであることを証明する「フェラーリ クラシケ」も付く。
当時のニュースを読むとエンジンも黒こげだったらしいので、車体後半は使えるパーツなんか殆ど無かったのではないだろうか?
なので実際には修理と言うよりモノコックから作り直したようなものなのだろうけど、それをメーカーが行っているので完全にオリジナルと言える。
こんな”事故車”が2億円で落札というのも凄い話だけど、考えようによっては”ほぼ新車”の「エンツォ・フェラーリ」とも言えるので、現存してる中でも特に希少な一台と言えるかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダ、SUV「ヴェゼル」に新グレード”RS”を追加すると発表

ホンダは小型SUVの「ヴェゼル」に新たに”RS”グレードを追加し、2月下旬に販売を開始すると発表した。
すでに同社のWEBサイトにてRSの紹介ページを公開している。

”RS”は同社なかではスポーティーなグレードに付けられるグレード名で、初代「シビック」に設定されたのが始まり。
”RS”というのは”Road Sailing”の略で、現在では「フィット」及び「ジェイド」にRSグレードが設定されている。

今回追加される”RS”はハイブリッド/ガソリン両パワーとレイン搭載者に設定され、18インチホイールの装着等内外装に専用パーツを採用し上級感を出し、他グレードとの差別化を図っているが、パワートレインそのものは変更無しの模様。
”RS”を名乗る以上走行性能の向上が不可欠だろうと思うが、そうでは無いらしい・・・
せいぜいインチアップに合わせて足回りのセッティングを変更した程度なのかな?
それにしても18インチかぁ、雪国だとスタッドレスタイヤが必需品なんだけど、サイズが大きくなると高くなるんだよなぁ、、、
ブレーキに変更が無ければ16-17インチでも装着できるだろうから、冬はインチダウンするのが安く上げる手かも。

2013年の12月に発売されて以降、ハイブリッドシステムのリコールの影響はあったものの販売は好調で、2014年から2年連続でSUVクラスの販売台数トップだが、新車効果も無くなり販売台数に翳りが見えてきている。
今回の”RS”の追加導入で販売に弾みを持たせようと言うことなのだろう。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

年間販売台数が二桁って・・・

2015年一年間の国産乗用車(登録車・軽自動車)の販売台数を見ると、トップはトヨタの「アクア」で台数は215,525台で前年比92.4%。
デビューして4年が経過したが、その売れ行きは今でも好調だ。
2.プリウス トヨタ 127,403
3.フィット ホンダ 119,846
4.カローラ トヨタ 109,027
5.ノート 日産 97,995
6.ヴォクシー トヨタ 92,546
7.ヴィッツ トヨタ 77,612
8.デミオ マツダ 72,771
9.ヴェゼル ホンダ 71,021
10.シエンタ トヨタ 63,904
上は登録車の順位で、これに軽自動車を加えると、1位は変わらず「アクア」で、2位以下は
2.N-BOX ホンダ 184,921※
3.タント ダイハツ 157,754※
4.デイズ 日産 150,696※
5.ムーヴ ダイハツ 120,834※
6.フィット ホンダ 119,846
7.アルト スズキ 109,355※
8.カローラ トヨタ 109,027
9.ワゴンR スズキ 108,107※
10.ノート 日産 97,995
となる(※印を付けた軽自動車の台数については独自集計なので間違いがあるかも)。
#登録車の販売台数は「一般社団法人 日本自動車販売協会連合会」発表の台数、軽自動車については「一般社団法人 全国軽自動車協会連合会」の発表をもとに独自集計。

9位の「ワゴンR」までが年間10万台突破となっていて、10位の「ノート」でも月平均で8,000台売れていることになる。
ところが、世の中には年間通しても1,000台どころか100台も売れていない車もある。
数えてみると4車種あって車名を挙げると
・デリカD:3 三菱 99台
・アルティス  ダイハツ 77台
・プラウディア 三菱 53台
・ディグニティ 三菱 14台
これらは全て他メーカーからOEM供給を受けている車だ。
まぁ自社製ではないから売る方も力が入らないのかもしれないけど、それにしてもあまりにも少ない。
まぁどれも「名前も聞いたことが無い」と言う人が多いマイナーな車だけどね(笑)。
高級車のトヨタ「センチュリー」だって149台売れているのをみると、ハイブリッドカーであるアルティス(トヨタの「カムリ」のOEM)なんかはもっと売れても良さそうなんだけどね(「カムリ」は7,201台)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダ、「オデッセイハイブリッド」を正式に発表、発売は明日2/5

ホンダは同社のWEBサイトで先行して公開していたLクラスミニバン「オデッセイ」のハイブリッドモデル「オデッセイハイブリッド」を正式に発表した。
先行して公開されていたようにハイブリッドシステムは「アコードハイブリッド」と同じ「SPORT HYBRID i-MMD」を採用しているが、駆動用モーターはIPM(埋め込み式磁石)同期型から巻き線方式になり、小型高出力化された。
同時にエンジン出力も「アコード」の最高出力105kW/最大トルク165Nmから、オデッセイでは最高出力107kW/最大トルク175Nmに向上している。
同じハイブリッドシステムを搭載する「アコード」よりも200Kgほど重いので出力の向上が必要だったのだろう。
価格はガソリンエンジン仕様との比較でおおよそ60-80万円ほどのアップとなっている。

同時に2.4Lガソリンエンジン仕様車も「ホンダセンシングP」等の安全装備を搭載(グレードにより標準装備もしくはオプション)する小改良を実施した。

結構前から「ハイブリッドが出る」と言われ続けてようやく出たわけだけど、ガソリン仕様との価格差が結構大きいと思う。
この価格差を燃費の向上、及び自動車税の差(ハイブリッドは2L、ガソリン仕様は2.4Lなので自動車税額が5,500円/年異なる)で取り戻すには何年乗らなくてはならないのだろう?(汗)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

どこが”ミニ”なんだろうなあ、、、

「THE NEW MINI CLUBMAN CAMPAIGN.」の案内メールが来た。
この「MINI」という車に対しては以前から思っていたのだけど、あのサイズで”MINI”って名乗るのはどうなのだろう?
今回案内された「MINI CLUBMAN」もサイズは全長 4,270 mm/全幅 1,800 mm/全高 1,470 mm。
全長は3列シートのプチバン「フリード」より長く、全幅は「クラウン」と同じで決して小さくない。
BMWがMINIブランドを買い取って最初に出した時にも「随分と大きくなったものだな」とは思ったけど、それでも日本の小型車枠に収まっていた。
それが、モデルチェンジの度に大きくなってしまい、最早”MINI”というのは単なる”ブランド名”であって、名は体を表さなくなってしまった。

それにしても国産の3列シート車よりも長いんだから、シートを3列にしてMINI史上初(かな?)のミニバンにしても良かったのでは?(笑)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

仮ナンバーのプリウス?

昨年12月に発売された新型「プリウス」は札幌でも時々見かけるようになって来た。
ところが今日見かけた「プリウス」はちょっと変わっていた。
と言っても改造されているとかではない(笑)。
どこが変わっていたかと言うとナンバー。
一般的なナンバープレートでは無く、仮ナンバー(「 臨時運行許可番号標 」)が付けられていたのだ。
発行したのは旭川陸運事務所管内の士別市となっていた。
ん?士別市?士別市にはトヨタのテストコース(士別試験場)があるなぁ、今日見かけたのはそこでなんらかの目的で使っていた車両なのだろうか?
見かけたのは2台で、片方はFFでもう片方は4WDだった。
2台とも駐車場に入って行ったけど、車検を取るだけなら旭川の陸運事務所に行けば良いのに、わざわざ札幌に来ていたのは他に理由があるからなのだろうが、その理由が想像出来ない。
一体なにをしに札幌まで来ていたんだろう?

仮ナンバー付きのプリウス。先頭の一台(白い方)は運転していたのは女性で、札幌市内の運転に不慣れなのかおっかなびっくりと言った感じで駐車場に入って行った。

仮ナンバー付きのプリウス。先頭の一台(白い方)は運転していたのは女性で、札幌市内の運転に不慣れなのかおっかなびっくりと言った感じで駐車場に入って行った。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

2000万円超のバイクに買い手が殺到した?

ホンダが昨年(2015年)に発売したバイク「RC213V-S」はレーシングマシンそのものと言っても良いくらいの性能を誇る。
それもその筈、純粋なレーシングマシンである「RC213V」に保安部品を付け、メカニズムの一部(バルブ機構・トランスミッション等)を公道用に変更しただけのバイクだ。
日本での価格も2190万円とホンダのバイクとしては史上最高値となっている。
この「RC213V-S」は昨年の12月まで専用サイトにて商談を受け付けていたが、限定250台の売り出しに対し2倍以上の申し込みがあったとか。
日本でも30台ほどが成約したということなので、運の良い人は目撃することが出来るかも。
とはいえ、コレクションのために購入したいと言う人もいたそうなので、実際に公道に乗り出す人がどれくらいいるのか?
さらにクローズドサーキット用のキット(オプション)を組み込むと公道走行が出来なくなるので、それらを除くと一体何台が実際に公道で乗られることになるのやら・・・

先ごろ英国にて始めての納車が行われたと報道されていて、購入したのは英国でバイクショップを経営するオーナーさんだということだ。
そもそもこの「RC213V-S」の製造は熟練工員さんが手作業で行うため、1日に1台しか作られない。
ということは、申し込んだのが遅い人は今年の後半にならないと手に入れることが出来ないと言うことになりそう。

それにしても2000万円かぁ、、、来年にも日本で発売されると言われる「NSX」よりも高いんだなぁ、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタの「アイシス」がマイナーチェンジを予定?

トヨタの乗用タイプミニバン「アイシス」は2004年9月に発売されて既に11年以上が経った車種。
その代わりと言ってはなんだけどマイナーチェンジは過去に6度ほど行なっている。
マイナーチェンジの内容は外観や内装の変更や、燃費の向上(のためにエンジンをバルブマチック化したこともある)だったりするが、今までに一度もフルモデルチェンジをしていない。
フルモデルチェンジがあってもおかしく無い時期はとっくの昔に通り過ぎているのだけど、未だにそのような話は聞こえて来ない。
聞こえて来ないどころか、トヨタの中では車種整理の対象になっているとのことなので、生産終了が近いとも噂されている。
2016/1現在ではまだ販売しているが、以前にも記事にしたように現在は見込み生産から受注生産に移行していて、ある程度のオーダーがたまったところで生産されているような状態。

そんな「アイシス」がこの四月にマイナーチェンジを行うと言う話だ。
今度のマイナーチェンジでは燃費の向上(現在は1.8LのFFが15.2Km/L、同4WDが13.6Km/L、2Lが14.4Km/L)と、安全装備(トヨタセーフティセンスC)をオプションで用意するのがメインとのこと。
燃費に関しては四月から新しい燃費基準が適用されるので、それに合わせての実施とのこと。
本来だったら受注生産で少量販売の車にはコストのかかるマイナーチェンジは行いたくないんだろうけど、そうも言っていられないんだろうな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

そろそろ見かけるようになってきた

トヨタが昨年12月にフルモデルチェンジして発売した新型の「プリウス」。
発売から一ヶ月半ちょっと経ったので、徐々に札幌市内でも見かけるようになってきた。
今週に入ってからは多い日で3-4回見かけることもあるので、早くに予約した人のところへの納車が進んでいるようだ。
そうそう、一昨日辺りに見かけたのは”わ”ナンバーだったので、レンタカーだった。
ということはレンタカー会社にも納車が始まっているんだね(トヨタ系なのかな?)。
一度は乗ってみたいな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

フォードが日本から完全撤退?

自動車のアメリカビッグ3の一角であるフォードが2016年一杯で日本及びインドネシアの市場から完全に撤退すると言う報道があった。
以前は経営難に陥ったマツダの株式を買って経営権を得て復活させた名ブランドが今度は日本から撤退とは。
日本人の持つ”大きくてガソリン食い”というアメ車のイメージを覆せなかったのだろうか。
実際には1-1.5Lの”エコブースト”エンジンを積む「フィエスタ」とか「フォーカス」といった車種もあるんだけど、それらを含めても2015年の総販売台数が4,968台と輸入車全体の1.51%しか無かったのが原因か。
実際、今のラインアップを見ても、趣味車の「マスタング」とか「エクスプローラー」以外は特にフォードの車を選ぶ大きな理由が見当たらない気がする。
つまり消費者にとって魅力的な車を用意できなかったということになるかな?
量販車種となるべき「フォーカス」「フィエスタ」辺りも、日本車と比べて魅力的なものとは言えなかったようだ。

販売撤退後のサポートは引き続き行うとのことだけど、今回の撤退報道でますます客離れが進みそうな気がするなぁ、、、
販売店の人は大変だろう。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。